第37回水曜瞑想会

7月1日のウポサタ瞑想会でのQAで、「水曜瞑想会に初めて参加し、禅師とともに瞑想することで、自分のなかの何かが変わった。自分の瞑想に良い影響があった」という趣旨の報告がありました。

伝統工芸の職人や伝統芸能などでは、師匠に弟子入りすると、弟子は師匠の家に住み込みで生活をともにします。考えるに、実際に手取り足取り教えなくとも、師匠の存在そのものが弟子に大きな良い影響を与えるのでしょう。

思い起こすと、私も第一回の水曜瞑想会に参加したとき、禅師も一緒に坐ってくださる! ということが非常に大きな魅力と感じていました。それにしても、その報告をしてくださった方は、初めて参加した水曜瞑想会の、たった1回30分の瞑想で自己の変容と禅師からの影響を理解したということです。正直、その方の鋭い「気づき」に感嘆しました。

さて、本日の水曜瞑想会も、まず禅師とともに坐ります。貴重な30分。

その後の法話は、無礙解道から「四善修習~善き修習とは何か~」の四回目の解説です。四善修習には5つのポイント(五義)があり、今日はポイントの3つめAnuṭṭhitāについて伝法がありました。

難解な無礙解道のスタンザを、禅師が鮮やかに解き明かしていきます。そして、禅師の解説はスタンザの解題にとどまりません。いま解説したポイントを日常の瞑想にどのように取り入れればよいのか、専注を深めるときに陥りやすい誤りと正しい対処法とはなにか、等々を実践可能なレベルまで噛み砕いてお話してくださいました。無礙解道の世界から現代の我々の世界へ、お釈迦様やサーリプッタ長老の息吹が私たちの目の前に蘇ったかのように感じました。

水曜の夜、都合のつく方は、是非この機会を逃すことなく参加されてはいかがでしょうか。

参学者SA

第36回水曜瞑想会

 

本日は水曜瞑想会に参加しました。

暑さも本格的になり、夜8時を過ぎてもまだ蒸し暑さが残ります。
まずは禅師と共に30分の瞑想です。禅師、参学者の皆さんが作り出す静寂で真剣な雰囲気はいつも気を引き締めてくれます。

 

 

続いて法話です。冒頭で禅師から、現在西日本に発生している深刻な豪雨災害についてのお話がありました。参学者や参学者の家族のなかにも被災された方々がおられます。禅師から心からのお見舞いと本日の瞑想、聞法の功徳を、被災されたすべての方々に回向する旨、お話がありました。

 

 

 

本日の法話は先週より始まった四善修習でした。アナパナサティを例に説明していただきましたが、内容は全ての修行に共通する重要なダンマでした。

無碍解道論が説く内容には毎回圧倒されるばかりです。このような法を聞いたからには頭で理解するにとどまらず実践のレベルまで自らを高める義務があると感じました。
週末のリトリートにも参加し、真剣に修行したいと思います。

参学者C

 

第35回水曜瞑想会

台風を予感させる強風にもかかわらず、本日の水曜瞑想会には、多くの参学者が来山されました。いつもの30分瞑想を終え、いよいよ今日から無礙解道のCatasso Subhāvanā(四善修習)の伝法が始まりました。

 

「四善修習」とは、すでに伝法を受けている三轉三善十相具足をベースにした「正しい修行を行う四つの修習プロセス」であり、色界禅証悟、無色界禅証悟、Vipassanā智証悟、四沙門果証悟のどの修行段階においても、真摯な修行者が修習を行うロードマップとして厳格に踏襲すべきアルゴリズムである、とのお話でした。

第1回の伝法である今日は先ず、初禅入定を例にとって、三転三善十相具足として伝わる「初三・中三・後四」の十種の相が、時間軸上でどのような順番で修行者の心に顕現していくのかについて、詳しい説明をしていただきました。
次に、 無礙解道でCatasso Subhāvanā(四善修習)として開示されている四種の修習の定義を学びました。

「四善修習」の伝法には今後数週間を要すると思いますが、これからはお釈迦さまの弟子としてこのダンマをしっかりと学び、身につけ、瞑想の実践に活かしていきたいと思います。
たとえどんなに道のりは遠くとも、様々な障碍を排して、大いなる目的に達するよう努力精進しようと思います。

お釈迦さまと、お釈迦さまの甚深なるダンマと、無礙解道においてそれを実に精妙に開示してくださったサーリプッタ長老を初めとするAriya Sāvakaの聖衆に、心から敬礼いたします。

参学者K

第34回水曜瞑想会

 

 

 

 

水曜瞑想会は仕事とは打って変わって、静謐な雰囲気の中で瞑想に打ち込むことができるため、毎週楽しみにしています。会社を出てから道場までの1時間で、いかに瞑想に適した心を作るか。毎回試行錯誤するのも楽しいです。

 

冒頭で禅師は、「ダンマを聴いた者は必死に謙虚に修行する義務がある」と仰いました。

今回の法話は「Awareness(気づき)」についてでした。
多くの修行者は「禅相」に迷い、「気づき」のコツが掴めず、アナパナに対する興味を失い、修行を止めてしまいます。
そこで前回の講義では「アナパナの禅相」が明らかされ、今回の講義では「Awareness(気づき)」とは何かが開示されました。
今日の法話のポイントは、「五門で所縁を感知すること」と、「思考・感情・判断などの心理的反応」を、完全に区別する、ということで、法話中、このダンマは何度も繰り返し強調されました。

 

これらを比較すると、
・「所縁の感知」は「今この瞬間」に属し「心理的反応」は「過去」に属する。
・「所縁の感知」に「私」はなく「心理的反応」は「私」からでてきたものである。
となります。

ここで「見る」とは今この瞬間の行為であり「私」は過去に属していることから、
・「私」は「見ること」ができない。
・「見る」という行為に「私」はいない。
となります。

故に、
・五門による感知のみが解脱に至り、思考などの心理的反応は解脱に至ることはない。
というダンマが導き出されます。

 

今この瞬間は常にKusala。過去はAkusala。
自らを「メモリー機能のないリアルタイム・タッチセンサー」としてPhoṭṭhabbaに気づき続けることで、心理的反応を抑制し、Phoṭṭhabba感知を徹底的に磨き上げ、アナパナサティを日々鋭く研ぎすませて欲しい、という言葉で法話が終了となりました。

今日学んだダンマをしっかり胸に刻んで修行に励みたいと思います。

 

 

 

 

 

参学者 S

第33回水曜瞑想会

本日は水曜瞑想会に参加しました。
定刻には間に合いませんでしたが、到着すると静寂の中で皆さんが瞑想されていました。
瞑想が終わり辺りを見渡すと、なんと過去最大の参加人数でした!

 

4月より始まった無礙解道論に基づくアナパナサティの講義は、いよいよ「禅相(ニミッタ)」の解説に突入し、無礙解道、解脱道論、清浄道論の三論を比較しながら、詳細な分析と解説がなされています。

 

これまでアナパナのニミッタについては誤って指導されることが多く、我々修行者を混乱させてきました。

今回、経典や注釈疏、豊富な修行経験に基づいて、禅師から正しい禅相の取り方を解説していただけることは大変ありがたいことです。

無礙解道入出息論の講義は本日で17回を迎えました。
現在、これまで講義を受講されなかった参学者の方のために、ビデオによる配信を準備されているそうです。
傳修院以外でアナパナサティに取り組まれている方々も、是非この機会に傳修院に参学して禅師の講義を聴講され、御修行の一助にされればと思います。

生きていると様々なローカ・ダンマに遭遇しますが、このような聞法の機会に恵まれてること自体、「仏法僧から特別な祝福をいただいているのだ」と思えた1日でした。

参学者C

第32回水曜瞑想会

水曜瞑想会は、夜の時間帯であるのにかかわらず、10名もの方が参加されていて驚いた。法話では、阿羅漢ウパティッサ長老の著した『解脱道論』、また前回参加されなかった方に『無礙解道』の「鋸歯の譬え/満月の譬え」の原文のテキストが配布された。水曜の夜の短時間の会だからといって、決しておまけ的な内容ではなく、本格かつ厳格なるĀnāpāna Satiの伝法であった。

法話の内容は「Ānāpāna Satiにおける禅相(Nimitta)とは何か?」この内容について数回にわたって講義し、究明するとのこと。個人的には「ニミッタ=Ānāpāna Satiが深まっていけば出てくる光」くらいの認識だった。
しかし『解脱道論』にĀnāpāna SatiのNimittaの定義が書いてあり、それは上記の認識とは違っていた。個人的には、Ānāpāna SatiのNimittaは口伝で伝えられていくもので、こうした論書に定義は述べられていないと思い込んでいたので、修道論である『解脱道論』に定義が書いてあるということを知って嬉しかった。

しかしこのNimittaの定義が一体、何を意味するのか。定義を知り、スタートラインに立ったということで、今後もより深く禅師の法話を拝聴し、Nimittaに関しての認識を深めていきたいと思った。

禅師の言葉で、
「Saddhā(信)は、善行を積み重ねることで徐々に育っていく」
「表面的、世俗的には不幸に思えるようなことでも、波羅蜜の力によって、結果的に涅槃証悟へプラスになることがある」というものが印象に残っている。個人的には「小さいことでも徐々に積み重ねて、心を育てていくしかないのかな」とも思う。
また、自分が意図していなくとも、修行道のほうへひっぱられる力みたいなものを感じるときがある。

Nekkhammaの手放しで淡々と善行をなし、波羅蜜を積み、また波羅蜜にひっぱられて、善行を積んでいく……というようなこともあるのであろうか。

非力な私だが、今後も精進を重ねていきたい。

 

 

 

参学者 玄沙

第31回水曜瞑想会

ここ数ヶ月間、私の職場はさながら戦場の有様でした。連日の残業や休日出勤のため、水曜瞑想会もしばらくご無沙汰でしたが今日はなんとか参加できました!

瞑想が始まる前、傳修院の一階でご飯を食べていると、参学許可がおりて今日はじめて来山したという参学者の方がおいでになりました。 私を除いて傳修院に来る人はすごい人が多いなあと、いつも内心思っているのですが、この方も道を求め、ダンマを求めてここにいらっしゃった有徳の方に違いありません! すごいです!

さて、8時になり、傳修院の第一瞑想室で久しぶりに瞑想。坐りながら、やはり私は瞑想が好きなんだなあ、と実感しました。

瞑想終了後のご法話は、無礙解道から四色界禅、四無色界禅、十八随観智、四道智の計三十種の証悟における三転・三善・十相具足の顕現についての解説でした。
本日も禅師のご法話は、実に流麗で情熱にあふれ、ご自身の体験からくる強い説得力に、浅学非才の私もグイグイ引き込まれました。

なお今週の土日は傳修院リトリートが開催されます。土曜日正午から行われる無礙解道の講義では、Ānāpāna修行者にとって非常に重要な「満月の譬え」の解説があるそうです!
さてさて、私は…戦場のような職場から離脱し、参加できるのか…?!

皆さん、ぜひご参加ください!

参学者 MS

第29回水曜瞑想会

本日は水曜瞑想会に参加しました。

生憎の雨にも関わらずいつも通り参学者の方々がが集まりました。

皆さんの日々の修行の成果なのかますます道場の静寂さが洗練されていくのを感じています。

そんな中まずは禅師とともに30分の瞑想です。

個人的には意識不明?の瞑想になってしまいましたがやはりこの雰囲気で瞑想は素晴らしいですね!この後の講義で瞑想のレビューは修行完成の時まで一座一座必ずすることの重要性を語られていました。

 

続いて無礙解道論のアーナパーナサティの解説です。本日は初禅の劣位性、二禅の優位性などについて講義されました。行法にあたるため、具体的な内容への言及はしませんが、こうして瞑想中に起こる現象に対して学んでおくことで、迷いなく確信を持って修行を進めていけることと思います。

またお経で見られる繰り返しの部分を…(中略)と記述してある部分は、修行者としては飛ばさずしっかり暗記、随念することなどが大事だということでした。

これからも帰宅ラッシュを出来るだけ心静かに過ごしながら毎週水曜道場に通いたいと思います。

参学者C