2018/12/5 第56回水曜瞑想会

水曜瞑想会では、まず30分、禅師と共に瞑想します。瞑想を毎日長い時間・長い期間に渡って継続することは、私には難しいことです。そんな瞑想初心者の私も、傳修院に通うようになってから毎日…ではないのですが、曲がりなりにも瞑想を続けてきて、先日気が付いたことがありました。

以前、禅師から「dosa(瞋恚・怒り)はすべてを焼き尽くしてしまう。これまで長い時間をかけて苦労して積み上げてきたものを一瞬にして失ってしまうことになる。dosaの生起には細心の注意を払うように」という内容の法話を聞いたことがあります。私は「そうか、確かにそうだ。気を付けよう」と考えましたが、しかし、その実、その時は法話の内容を今一つ自分のこととして捉えていなかったのです。私は子どものころから大人しい性格で、他人に怒りを向けることはほとんどありませんでした。むしろ、自分は他人に対して怒れないことが問題なのだと感じていました。家族でも職場の同僚でも私を怖がる人はいませんし、むしろ軽く見られてないがしろにされることが多い人間です。

そんな私でもたまに腹が立つことがあります。瞑想を続けていくに従って、そうした「たまに生起する怒り」も回数が減っていくのを実感しました。例えば身近な存在である配偶者のちょっとした言葉への怒り、自己中心的な職場の同僚の身勝手な言動への怒り、そうしたものも、瞑想を続けることで減っていったのです。

…と、思っていました。ところが、最近、日常生活でさらに心をより微細に観察するようになると、実にさまざまな場面、機会で、心に微妙なdosaが次々と生じるのがみえてきました。それは怒りとはいえない小さな嫌悪感であったり、感情になる前の拒絶する雰囲気のようなものであったり、ほんの小さな不安感のようなものであったりしますが、自分がなにかを次々と拒もうとしているのが分かります。「ああ、自分は子どもの頃から他人に怒りを示すことなどない温厚な人間だと思ってきたし、激怒してみせて人を自分の思い通りに動かそうとする人、威張って他人に対して怒鳴るような人、そんな人たちを軽蔑してきたけど、それは大きな誤りで、自分こそが常に他人に怒りを感じている人間、とても怒りやすい人間だったのだ!」と気が付きました。

これからの課題は、生起したdosaにすぐ気付き、代わりに慈しみの心を起こさなければいけないということでしょうか。そういえば、ちょうど、日曜瞑想会では禅師による慈経の講義が佳境に入ったところです。慈経のパーリ語の単語ひとつひとつを丁寧に紐解いていく禅師の講義を聴き、よく隨念することで、私にもadosa(無瞋)な慈悲の心が生まれるようになるのでしょうか。

今日の法話は、無礙解道・根論の4回目、十行相の後半の伝法に入りました。十行相の前半で五根(信根・精進根・念根・定根・慧根)はカウンターダンマによって清浄化されました。十行相の後半では、禅定によって五根を妨げるものを抑制することにより五根を活性化し、さらにヴィパッサナーによってそれを促進し、五根を陽転させることが説かれます。併せて禅師からは根(indriya)についての説明、cetasikaとindriyaの違い(たとえばsatiとsatindriyaの違い)、22ある根のなかでとりわけ五根が重要であること、そして、五根と五力の関係についてなどの詳しい伝法がありました。スタンザの解説の射程は深く四向四果にまで届きました。そして朗報ですが、これまでの無礙解道の伝法についてすべての法話を配信準備中とのことです。

さて、今日も帰り道で善友の方々と少しお話しする機会がありました。禅師と一緒に瞑想すると内面に深く入れるのでできるだけ禅師のすぐそばに坐りたいという方、ご両親の介護の負担がだんだん高くなっていくなかご自分の修行も傳修院での作務も怠りなく進める方など、お話を伺っていて非常に感心しました。自分はあまり社交的ではないためこの様な機会も少ないなか、傳修院に通うことで得難いご縁がいただけて嬉しいです。徳分のある方々はさらに積徳のため精進されるものだと感じ入りました。

参学者SA

2018/10/17 第49回水曜瞑想会

数年前のことですが、何かと不安になりやすく悩みごとの絶えない私は、そうした自分自身を少しでもラクにする手段はないものだろうか、と常に考えていました。そうした中で現在も流行中のマインドフルネスを知り、興味をもって調べていくうちにマインドフルネスの源流に南伝仏教の「ブッダの瞑想法」があることを知ります。

「仏教の瞑想といえば、坐禅じゃないのかな? どんなものだろう?」と、興味をもった私は南伝仏教についての本を読み様々な法話会、瞑想会に参加しました。

最初の心づもりとしては、ちょっと南伝仏教の瞑想についてかじったらマインドフルネスの勉強に戻ろうと考えていました。ところが幼少の頃から宗教が好きだったこともあり、さらに南伝仏教のお坊様方がとんでもなく魅力的な方々ばかりということもあり、とうとうマインドフルネスに戻ることはなく現在に至ります。

南伝仏教のお坊様方の素晴らしさについては、当時このように考えていました。まず、悩みをもった人々への説法の場では、世俗的な悩みでも哲学的な迷いでも、とにかくどのような質問でもパーリ仏典に基づく仏陀の知恵で気さくに答えてくださる。さらに、法話だけではなく、バリエーションはありますが瞑想の仕方を教えてくださるのです。つまり現実的、実践的に悩みを解消するツールを与えてくださる。しかも多額のお布施を強要するということはない。ないどころか要求すらしない! なんと素晴らしいことでしょう。日本にたくさんある大乗仏教のお寺やお坊さんがやるべきことはこれではないのかな。そのように感じ、南伝仏教に惹きつけられたわけです(もちろん、現在では日本のお寺やお坊様も様々な取り組みをされていることを承知しています)。

仏教的な考え方や瞑想の実践は、多少なりとも私の心に安穏で静寂な時間をもたらしてくれました。

さて、今日の法話は「無碍解道入出息論 三十二作念智」の「短入出息」及び「遍身出入息」についてです。
今回は、まさに瞑想法アナパナサティについて、それを修習しようとする誰もが疑問に思う点についての伝法でした。

アナパナサティ・スッタで「長い息を吸っているときは〜」からはじまるスタンザにおいて、一行目と二行目の「長い息」「短い息」とは? 「長い」「短い」の基準はあるのか? 「長い」息と「短い」息を決めたとして、では具体的にどのように修習すればよいのか?

また、三行目の「Sabbakāyapaṭisaṃvedī~」のSabbakāyaとはなにを指すのか? 身体全体のことなのか、それとも呼吸自体をKāyaとみて息の全体を感知することなのか?

こうした点について、サーリプッタ長老の説示とされる無碍解道では具体的に記述されており、それを禅師が明解に紐解いてくださいます。説明に際しては、アビダンマによる豊かな肉付けもあり、その伝法は明解でありながら大変詳細なものでもありました。

傳修院からの帰り道、法友の方々との第一声は「今日(の法話)はすごかったね!」でした(思い起こすと毎週そう言いながら帰っているのですが)。
理解するだけではなく、さっそく自分の瞑想の修習に取り入れていきたいと思います。

参学者SA

2018/10/10 第48回 水曜瞑想会

本日は水曜瞑想会でした。静謐な雰囲気の中で禅師や善友と共に瞑想をすることができる貴重な機会です。

瞑想後の法話は、無礙解道論です。今月からいよいよ、四念処の最初に書かれているānāpānasatiについての解説が始まり、心躍ります。

本日は、先の土曜日に開示された「長入出息の九行相」の復習から始まりました。アナパナサティの十六行のスタンザは各行が入息と出息から成り立つため、実質的には三十二行から成り立ちます。九行相は、その三十二行の全てに当てはまる修行のポイントであるため、特に重要であるとのことです。

禁他見のため詳細は省略しますが、最初の三行相は以下のとおりです。

①長い入息とみなした長さいっぱいを正念正知をもって出息する。
②長い出息とみなした長さいっぱいを正念正知をもって出息する。
③長い入出息とみなした長さいっぱいを正念正知をもって入出息する。

ここでは、呼吸の長さではなく、呼吸の長さいっぱいを観察しながら感受していくことが大事であり、単に呼吸の一部を捉えて「入息」「出息」とラベリングするものではありません。

次の三行相は以下のとおりです。

④Chanda(志欲)が生じて、さらに微細に なった長い入息について(以下、①と同じ)。
⑤Chanda(志欲)が生じて、さらに微細になった長い出息について(以下、②と同じ)。
⑥Chanda(志欲)が生じて、さらに微細になった長い入出息について(以下、③と同じ)。

最後の三行相は以下のとおりです。

⑦Pāmojja(勝喜)が生じて、さらに微細になった長い入息について(以下、①と同じ)。
⑧Pāmojja(勝喜)が生じて、さらに微細になった長い入息について(以下、②と同じ)。
⑨Pāmojja(勝喜)が生じて、さらに微細になった長い入息について(以下、③と同じ)。

以上の九行相がアナパナサティの骨組みであると説示されました。

さらに進むと、Cittaの所縁が長入出息から退転するという現象が生じ、そこにTatramajjhattatā(中捨)が確立し、Upacāra-samādhi、Appanā-samādhiへとCittaが導かれていくと説示されました。以上が前回までの復習です。

次に本日のテーマであるSati Upaṭṭhānaの解説です。
Sati Upaṭṭhāna(念の現起)とは、Kāya(入出息と触)を感受・観察するレベルの念と、慧根と結びつき活性化した鋭い念(正念正知)との二段階の現起があることが開示されました。また正念正智によってKāyaを随観することが四念処法となると説示されました。

引き続き、Anupassanā(随観)の概説がありました。
無礙解道のこの部分はVipassanāの解説ではあるものの、修行法を俯瞰する上で役に立つため解説をいただくことができました。
四念処法は、禅定修行から観行、道果智の証悟に至るまで、螺旋階段状の構造になっており、Bhāvanāもまたそのように修されるとのことです。

例えば、Iriyāpatha(威儀)の「比丘は歩いている」を例にとると、
初心の修行者であれば、メタ認知のように「私は歩いています」「私は前に右足を出しています」などという行動認知の段階からはじめる必要があるかもしれません。

しかし実際のVipassanāの段階に至れば、先ず「歩かん」とのCetanāが生起し、実行するChandaが生起し、同時に生起するCittaがKāyaviññattiを生起させて、自分の足を中心とするKāyaが今の場所で消滅して次の場所で生起する、というプロセスの繰り返しによって歩行が成立していることを観察し、そこに関わるすべてのCitta、Cetasika、Rūpaの生起消滅を明確に識別し、そこに内在する無常性・苦性・無我性を随観していきます。

Ānāpānaを禅定修行として修習しているのであれば、先の無礙解道論の解説のとおり、ChandaとPāmojjaにそって修行していけばよいわけです。

しかしVipassanāの段階のĀnāpānasatiでは、Kāya(入出息であるCittaja rūpaとPoṭṭhabbaの三種のMahābhūta-rūpa)について生起消滅を明確に識別し、そこに内在する無常性・苦性・無我性を繰り返し随観し、常住・常楽・実体という謬見を砕破するべくVipassanāを何度も修習していきます。

この二つの別の段階を混ぜて、Pāmojjaの歓喜を否定して、これは苦である、と観察することはもちろん誤りであり、禅定修行とVipassanā修行を決して混ぜてはいけない、ということを重ねて注意されました。

参学者S

2018/10/06 第46回 托鉢会 & 10月リトリート開始

昨夜は、ここ数日の寒さを鑑み、リトリート用の荷物の鞄に温かい衣服を詰めたものの、今日は夏のような暑さとなりました。
傳修院に着くと、入り口の案内板には既にリトリートの案内が掲げられていて、入る前からスッと気が引き締まります。

 

10月に入り、スーパーには美味しい果物がたくさん並ぶようになりました。昨日は新宿駅構内にも八百屋が出張しており、今回はそこで購入したトロトロに熟れた柿を使いての「柿の白和え」と、「ゴボウのクリームきんぴら」を持参しました。テーブルには身体が温まりそうな料理が多数並びます。

モツ煮込み

ナスの浅漬け

きのこ類の煮物

カレー煮物

根菜類の炒め物

ゴボウのクリームきんぴら

キウイフルーツ

柿の白和え

本日は午後からリトリートです。伝法は主に「九行相」についてでした。瞑想のご指導の際に何度か教わっている内容ではありましたが、「仏法は毛穴から染み込む」といいます。毛穴から確実に染み込んでもらいつつ、重要なことは何度でも聴いて、頭に入れておかねばなりません。

また、いわゆる「マインドフルネス」とどう異なるのかも説明され、なるほどと合点がいきました。
「気づき、気づき」といいますが、日常において、「気づく」こと自体にだいぶ個人差があることに気づかされます。
人は、普段の自分にとって気づくことに違和感がない範囲、気づくことに負担がない範囲でしか基本的に気づくことはありません。

アナパナサティにおいては、「気づかねばならない対象にきちんと気づく」、そしてその「気づき」を必要なだけ持続する必要があります。まさに「調教」となりますので、最初は大変な”仕事”にはなりますが、仏教の実践とは心の調教でもありますので、これに取り組まなくては、スタート地点にいるのかすら怪しいこととなってしまいます。

〔自己こそ自分の主である。他人がどうして(自分の)主であろうか? 自己をよくととのえたならば、得難き主を得る。〕
(「ブッダの真理のことば・感興のことば」中村元著より)

瞑想をはじめて数年ですが、「道」とつくものは10年やって初めてスタート地点だと、昔、書道の師匠に教わりました。瞑想、仏道の実践はまだ数年ですので、スタート地点にも立てていないと捉え、誠実に取り組んでいかねばと思います。

屋上に出ると日差しが照る中、秋風が吹いていました。畑には大根とゴボウ、カブの種蒔きが為され、ジャガイモの苗などが植えられています。

大根は発芽していましたが、ゴボウとカブは、ここしばらくの雨天と台風の影響か、発芽できていない模様です。ジャガイモは元気に育ち、そろそろ土寄せをした方がよさそうです。

今回、私は基本的に休日のみのリトリートへの参加となりますが、”今なすべきことをなす”ことを意識し、弛まず取り組みたいと思います。

〔浄いのも浄くないのも、各自のことがらである。人は他人を浄めることができない〕
(「ブッダの真理のことば・感興のことば」中村元著より)

参学者TS

第45回水曜瞑想会

夏の暑さもようやく終わり、会社を出るとすでに日は落ちすっかり暗くなっています。薄手のシャツだと少し肌寒いくらいで秋だなあ、と感じる今日この頃です。瞑想にはうってつけのこの季節、本日も水曜瞑想会に出席しました。

先ず禅師とともに30分の瞑想です。
気候が良くなり、仕事の疲れもあって、今日は途中から少し睡魔に襲われてしまいました。

 

その後、小休憩をはさんで無礙外道の佛陀論の伝法がありました。
お釈迦様の十五のお徳の最後、13~15番目のスタンザについての講義が行われました。
これらのスタンザでは、
① お釈迦様の修行道
② 修行により証悟された智慧
③修行の結果の省察
について開示されています。

まず①の修行道とは四念処法のこと。大念処経のUddesoに「涅槃に至るただ一つの道」と述べられているとおりです。
次に②は無上正等覚(最高の悟りの智慧)を現等覚(今まさに証悟)されたということ。
そして最後の③は、悟りの智慧にあらざるもの(すなわち一切のĀsava)を破壊・根絶することによって涅槃を証悟されたという意であるとの説明がありました。

Nibbanaの性質や働きは、言葉によって表現することは決して出来ないもので、
Nibbānaは「Nibbanaにあらざるもの、すなわちĀsavaを破壊することによって、Nibbānaに至る」というふうに、「~ではないもの」という否定の形でしか表しようがない、故にお釈迦様は「Nibbanaは語られるものではなく、体験されるべきものである」と説かれたのだということでした。

南伝大蔵経をただ読んだだけでは表面的な意味ですら分からないであろう「一行道」「正等覚」「現等覚」などの難解な仏教語を、原文であるパーリ語を分解して解説していただけるので非常に分かりやすく、正に傳修院でしか聴くことのできない無礙解道論の醍醐味だな、と改めて思いました。

今、机に置いてあるお釈迦様のニミッタの前でこのブログを書いています。
佛陀論で教えていただいた15種のスタンザを最初から読誦してみました。
暗記は一筋縄ではいかないかも知れませんが、よく復習し、少しずつ暗記をしながら、意味をご講義通りにちゃんと掴み、何時の日か、随念のレベルまで理解を深めることを目標に精進しようと思います。
お釈迦様と一体になれることができたらなんと素晴らしいことでしょう。
いつの日かそのようになりたいと強く、強く思います。

参学者N

第43回水曜瞑想会

本日は水曜瞑想会に参加しました。

まずは禅師とともに30分の瞑想です。
毎週水曜日、同じ清浄な空気の中、同じ参学者の方々と座ることによって、自分の心の状態を如実に知る事ができます。

本日は瞑想後に「観想」についての伝法が行われました。四十種の修行業處はすべて観想でできており、観想の技術を正しく身につけることが、修行成就に欠くことのできない重要な鍵となるとのことでした。
大寺派仏教ではほとんど扱われる事の無いこのテーマについて、経験に裏打ちされた秘伝が惜しげも無く明かされました。

観想には、眼耳鼻舌身意の六門所縁の感受の観想と、身口意の三門における行作の観想の二種があり、それぞれの観想法について、詳細な解説をしていただきました。

詳しくは後に参学者に開示される動画でご覧になられるといいと思います。

貴重なダンマの伝法を受けたものとして、しっかりと実践をし、次の世代に伝えられるよう法友たちと精進していきたいと思います。

参学者C

第41回托鉢会

本日は托鉢会に参加しました。
朝一番に道場入りすると、静寂で清らかな雰囲気が漂っており、えもいわれぬ清涼感を感じました。
参学者の方からお香のお布施があり、白檀の香りがより道場の雰囲気を清らかにしています。

さて今回も趣向を凝らした料理の数々が集まりました。参学者のご家族が調理された品もあり、この托鉢会が色々な方の積徳の機会となってること大変嬉しく思います。

食事の後は禅師とのダンマトークです。各自質問を1つずつしていきます。
瞑想会の質疑応答や個人インタビューとは違った趣があり、皆さんが疑問に思っていることなどがわかり大変興味深かったです。

後日参加者の方にお聞きしましたが、この日本で自ら用意した品をお坊さんにお布施し、召し上がっていただくような機会は非常に稀だということです。貴重な機会に感謝し、さらに多くの人にご参加いただけるような素晴らしい会にしていきたいと思います。

参学者C

8/26ウポサタ傳修会

本日はウポーサタ傳修会でした。晴れの日が続いており、道場の庭の草木に散水しても直ちに乾いてしまいます。帰り際にもう一度散水しましたが、気になります。

アビダンマの講義では、禅師に指名された六人の参学者が前に立ち、二十四縁起詳説の最初から最後までを暗誦読誦しました。


二十四縁起詳説は、現象と現象の縁が解けたら消滅する(無常である)ことを示す重要なダンマであり、毎日随念を行えば「天界に再生して仏教修行を加速させる」ほどの波羅蜜が積める福田であるが故に、暗誦した二十四縁起のスタンザを、意味をかみしめながら、怠ることなく、日々読誦・随念することを、臨終の日まで続けるよう指導がありました。

修行報告に基づく瞑想指導では、一座ごとに瞑想のレビューを行い、一日の終わりには必ず修行日誌をつけるよう指導されました。忙しい社会人には無駄にできる時間はないのだから、効率的に修行を進めるためにも必ず実践するべきであるとのことでした。

また一度瞑想がうまくいった後、同じレベルの瞑想が再現できないとの報告に対しては、「深い専注を再び得よう」という思いには必ず「私」が内在しており、その時の心はDiṭṭhigata-sampayuttam lobha-mula cittaであって、SatiもPaññāも生起しないため、正念正知や五根は得られず、よい専注が得られないのは当然であると、指摘されました。

無礙解道論の十八随煩悩の解説にもあったとおり、過去や未来に一瞬でも心が向けば、その瞬間に専注の対象から心が離れてしまう事実を忘れてはならないとのことでした。

さらに参学者の方々に次のように問いかけられました。
「みなさんはお釈迦様を自らの内なる導き手として受け入れているでしょうか?」
「サーリプッタ長老やアーナンダ長老は、お釈迦様と離れて遊行しているときも、内なる導き手であるお釈迦様を心に観想し、自分とお釈迦さまとひとつである、という甘美な思いで心が満たされていました。みなさんにも同じような経験がありますか?」と。

お釈迦様への思いと正思惟こそが、幸せ・成長・涅槃への道であって、アビダンマの知識や瞑想の技術は、彼岸に渡るためのイカダに過ぎない、修行が進めば進むほど、この基本をしっかりと心に根付かせる必要があると強調されました。

参学者 S