2月18日ウポサタ傳修会

朝、電車の中で、宿題の二十四縁起中伝の暗記をしつつ、傅修院に。
10時前に到着、お布施・アディッターナの後、10時から11時半まで瞑想。開始時、瞑想室にはいつものメンバーが5名ほど。私は普段、10分単位でアーナパーナをやっているのですが、この時ばかりはフリーライドで、長時間の瞑想にトライしています。
そして、12時から30分程の受戒とチャンティング。禅師の姿を直に見て、気持ちが引き締まります。


13時から「修行者のためのアビダンマ講義#212 パッターナ中伝14」が始まり、今回は二十四縁起の倶生縁の講義2回目。冒頭、恒例のスタンザの暗唱テストがあり、事前に心に決めてきた通りに最初に挙手、ドキドキしながら暗唱の初デビューを果たしました。講義では、この縁起理解の基礎として、Rūpaの丁寧な復習をやって頂きました。Rūpaの復習は次回も続きます。


その後、休憩を挟んで質疑応答のパート。経の語句の解釈、修行法等に関する修行者からの様々な真摯な質問に、いつものように禅師が一つ一つ、丁寧に答えてゆかれます。
15時半頃、参加者の集合写真を撮って、傅修会は終了しました。

今回の傅修会では、修行における暗記・暗唱の重要性のお話がありました。現在、我々は二十四縁起中伝を講義頂いており、各縁起の学習の最初のステップとして、スタンザ暗唱の指示を頂いています。内容が分からず、パーリの文法も分からない状態での暗唱は、正直辛いものがあります。でも最初に一旦、とにかく頭の中に入れてしまうことで、その後は本・資料から離れ、暗唱したスタンザを依りどころに機動的に内容の理解を進めて行ける、そして更に随念による深い理解や、最終的にはヴィパッサナーによるパラマッタレベルでの理解・実証につなげて行くことができる、というお話でした。二十四縁起に限らず、アビダンマ全般の暗記が半端なままの自分としては、まずは現在進行中の二十四縁起中伝に関して、講義の進捗に合わせて暗記を積み上げで確実にこなして行きたいと思います。

参学者TK

2月10日〜2月12日 托鉢会、ウポーサタ傳修会、開山後初!リトリート

2月10日〜2月12日にかけて托鉢会、ウポーサタ傳修会そしてリトリートに参加しました。

まずは托鉢会です。リトリート前ということもあり、量や種類がいつもより気合が入っています。今回用意された料理の数々はリトリートの朝食、昼食としても活躍します!

 

リトリート前には玄関に参学者お手製の看板が取り付けられ、道場らしさがグッと増しました。そんな中いよいよ道場開山以来初となる公式リトリートの開始です。

まずは禅師からオリエンテーションが行われました。リトリート期間中は聖黙を保ちます。聖黙とはただ話さなければいいというわけではなく、加えてマインドフルに行動して物音を出来るだけさせないようにすることだと語られました。そうすることでブッダ在世当時、比丘1000人以上の集まりであっても、誰1人いないようであったとされる静寂な雰囲気に近づけるとのことでした。実践する際の注意点としてはあくまで自らの発する音に気を使うべきで、周りの人に対しては寛容な態度でいるようにとのことでした。

続いて伝法です。傳修院のリトリートでは伝法が行われ、修行するテーマが伝えられます。今回の伝法では、基本的な座り方、調心調息、そしてChankama(立禅、歩行瞑想)が語られました。

水曜瞑想会でも語られた、基本的な座り方(庚の三脚、背筋の伸ばし方など)や調心調息(息を吐き切り思い切り吸う、逆腹式呼吸)ですが、長年瞑想をしている方でも目から鱗のような充実かつ重要な内容でした。

Chankamaについては、アーナパーナサティの場合、息の出入りの感覚を決して失わないよう姿勢を変えたり、歩いたりすることが必須であるとのこと。また随念やお経を心で静かに唱えながらするのにChankamaは最適であるとも語られました。

今回のリトリートでは第2瞑想室がChankama用として解放され、座る瞑想用の第1瞑想室と自由に行き来しながら瞑想を実践することができました。長い時間座るのが苦手な方でも姿勢を変えることで1時間はあっという間に過ぎていきます。

久しぶりに個人インタビューも行われました。予定より長時間に及んだ大いに盛り上がり充実した内容の濃いインタビューだったようです。

また今回は食事前に四資具の考察(食事部分)、食厭想を唱えました。今後ウポーサタ傳修会の昼食でも実施される予定です。

日曜はウポーサタ傳修会です。リトリート期間中のため、道場を訪れる方は全員聖黙、八戒を護持します。道場の雰囲気がいつもより静寂、清浄に感じられます。

修行者のためのアビダンマ講座は今回からSahajāta-paccayo(倶生縁)です。短いながらエッセンスが詰まったダンマになります。講義は理解が必須となるrūpaについての復習も交えつつ進めます。そして受講者にはスタンザの暗記が求められます!

続いて修行報告に基づく瞑想指導です。
今回は全修行者へのアドバイスとして修行を深めるために四正勤法を活用することが推奨されました。また詳細な誓願の仕方を禅師御自身の誓願を紹介しつつ伝授いただきました。

 

そしてリトリートは翌日の17時まで行われました。瞑想合宿としては3日間という短い期間ですが、参加者の皆さんは伝法された内容を一生懸命実践され、とても内容の濃いリトリートとなりました。今後も連休を利用してリトリートは開催される予定です。道場の雰囲気もよく、充実したリトリートになること間違いなしですので新たな参加される方お待ちしています!

参学者C

二月四日ウポサタ傳修会

本日のアビダンマ講座は24縁起の5番目、「極無間縁」。1/14,21,28に渡り伝法された「無間縁」と、名称のみが違い、内容は一緒。


再度再度、心路過程に当てはめ、いつもの様に、所々、我々に質問をぶつけながら、伝法。
遠慮なくパーリ語を使い、 心路過程 も、皆、学習済みである事を前提の教導。
と、書いてくると、初心の方は、「こりゃ、敷居が高いワイ」となるでしょうが、ここから先が、禅師の禅師たるところ。その口調は、あくまでも優しく、愚鈍の弟子も、1度も叱る場面を見た事は無く、付いて来る者を決して見捨てる事が有りません。
そうして付いて行く内に、段々、解らぬながらも解って来、自然と、抵抗なく学習したくなる時が来ます。大丈夫。


例えは適切ではないかもしれませんが、・・・昔、ディズニーフリークの人に、『ディズニーランドの、どんなところが良いの?」と聞いたところ、『う〜ん、行ってみれば判る」と云う言葉が返って来ました。・・・この講座も、そのようなものかもしれません
勿論、物見胡散(うさん)や冷やかしでなく、「仏陀の説かれた解脱への道を、限りなく仏陀ご自身の言葉に近く聞き、知りたい」と云う強い希求の心が在る事、これが大前提ですが。

1/14以降、今日も、殆んど変わらぬ「循環フレーズ」のパーリ語の経文を、いいかげん、覚えても良さそうなものを、「はい、言える人!」の禅師の問いかけに、「まだ不十分」と、そっと目をそらす自分、禅師、ごめんなさい。

緊急報告‼️
2/10(土)〜12(月・祝)のリトリートで、「歩行瞑想」を中心に、歩きながら、立ちながら、座りながら、横たわりながら、の瞑想をどう云う風にやるか、の、伝法を行います‼️
条件、2/10(土)に伝法するので、この日は絶対出席‼️
もう1つの出席条件、4資具のピンタパータの所と、食厭想を覚えて来る事。

参学者W

1月28日日曜傳修会

気温、2度。凍てつくような寒さと曇った空。
前日、何故かなかなか寝付けなかった私は起床を少し遅くしたため,いつもの90分瞑想は途中からの参加。既に数名の参学者が瞑想されていました。

この寒さのせいか、隣家の屋根にはまだ先週降った雪が残っています。
アビダンマ講座が始まる頃にはいつも通り満席状態。参学者全員のアスピレーションが伝わってきます。

アビダンマは引き続き二十四縁起の中伝、Anantara-paccayoの三回目。前回同様、既に暗記し終わっている参学者がスラスラ唱える様を見て暗記が遅れている自分は少しずつでもいいからコツコツやらなければと、これは参学者たる者の義務であると改めて決意しました。

まとめのdiagramはここでしか学べない得がたきものです。一つ一つの項目は各stanzaに相応していて、⇛に込められた意味・内容の深さに感じ入りました。
まだvīthi の途中を学んでいる自分にとってはレベルが高く付いていけない事も多いですが少しずつ理解を深めていきたいです。

続いて休憩を挟み修行報告の時間。
中でも特にスポーツや食事、健康のについての法話が印象深かったです。
「No games, just sports」というフレーズを聞いて、自分が長年持病の治療と予防を兼ねてひたすら続けてきたジョギングや筋トレ、数年前から取り入れた体幹トレーニングなどは間違ってなかった、と安心しました。持病への対策が結果として仏教修行の準備になっていたのかな、と何だか救われた気持ちになりました。

食事については、修行するようになって酒、煙草を止めてからつい甘いものに手を伸ばしがちにがちになっていたので、対象が変わっただけでRasa-taṇhāはそのままだから気を付けないと、とコントロールの必要性を感じました。

最後に睡眠については、タイムリーというかここ数日、睡眠とAkusala(特にDosa)、睡眠と瞑想の関係について考えて、試していたところだったので、やはりもう少し増やして7時間、それも質の良い7時間の睡眠が理想かな、と思いました。

他にも1日1随念など貴重な法話を拝聴でき、またまた今回も得るもの多き1日となり明日からのエネルギーもしっかりチャージして帰途につきました。
ありがとうございました。

参学者N

1月21日 日曜傳修会

本日、1月21日、日曜日、晴天に恵まれ傳修会が開催されました。

新しく参学される方も何名かお見えになり、今日はいつもより沢山の参学者が来られていたようです。

清々しい澄んだ空気の中、御宝前の御釈迦様に礼拝させて頂き、アビダンマ講義の前の一座、沢山の法友と共に行う瞑想は殊の外、穏やかに行える気がし、改めて志を同じくする法友の大切さが感じられる一座となりました。

そして、お昼休みを挟んでの禅師によるアビダンマ講義です。

二十四縁起(中伝)の講義も早、10回目となります。
禅師による講義を受講する度に縁起の深遠さ繊細さを思い知らされ毎回、真摯に学ばなければいけないと感じます。

今まで学んで来た内容を記憶の引き出しからフル動員し、尚且つ事前の復習もしなければ追いつかないのも事実ですが、繰り返し繰り返し、暗記し学んでいくことで一つ一つのアビダンマの知識が、多面的に、また点が線になって繋がって、身に付いていくのが頭の鈍い私にも感じられてきました。

修行と教学を共に出来る、法友の方々の存在も、継続していくための大きな力となっています。

傳修院が開かれて約3か月が経ちますが、御釈迦様を身近に感じ、五感で仏教を修行し、学べる環境が整って来ていて、本当に有難く感謝致します.

参学者 H・Y

 

セルフリトリートレポート&日曜傳修会

土曜日から、自身の半日リトリートの為、道場に参禅させていただきました。

お釈迦様を目の前にして厳粛な瞑想室にて座らせていただくと、このような場を立ち上げ、また、維持するために日々奮闘されている、禅師や法友の方々の献身的なサポートに対して感謝の想いが溢れてきて、胸が熱くなります。

午後6時から7時30分までのChanting +
瞑想は、道場にいる全ての方が参加され、大きな一体感を感じ、普段の自分一人だけの修行では絶対に感じることのできない菩提心が沸き上がってきました。

ただの在家修行者であるのに、週末に気軽に参加して、瞑想修業をし、法友と語らい、aspirationを高めあえる場所があるというのは、本当に身に余る幸福です。

土曜日は道場に宿泊させていただき、そのまま、②日曜瞑想会に参加させていただきました。

今週は二十四縁起の4つ目のAnantara-paccayoの初解説でした。

二十四縁起の講義を聞かせて頂いて毎回感じるのは、これまで学んできたcitta cetasikaなどのParamatta
dhammaが、動的な臨場感を持って感じられるということです。

例えるなら、今まで文字で学んでいたものを、アニメーションで実際の動きを見るような感動があります。

また、今回はniddeso(詳説)のスタンザを暗記することが宿題として課されました。
まず暗記し、その後、そのスタンザを唱えながら、今までのアビダンマの知識をもとに、Paramatta
dhammaがスラスラと頭に浮かぶようになれば、観行に本当に役立つ知識になるとのことでした。

そのような瞑想指導とリンクした教学を同時に受けられる現在の環境に改めて感謝するとともに、いつか禅定を証悟して、傳授していただいたParamatta
dhammaを、瞑想にて自分自身で確認したいという想いが強く沸いてきました。

CI(瞑想指導)のパートでは、「本当に、貴方は修行者として、本気で禅定(心清浄)を達成しようとしているのか?」について、強く問いかけられる内容でした。

外部から入ってくる、または自分の内部から湧き上がってくるAkusalaに対して、本当に自分の心を清らかに保とうと懸命に努力しているのか?

– どんな宗教にもある二つの道(EsotericとExoteric)の違い
– vajira sāvaka(お釈迦様の直弟子)であるという自分自身に対する強いaffirmation(断言、宣誓)による誇りと尊厳によるAkusala排除への熱い想い

内容については、近日アップされる先週の水曜日の法話の傳修院TVをぜひご覧ください。

自分自身にとっては、約3年ほど修行を続けているが、一体どれほど本気なのか?、もう一度真剣に問いかけなくてはならないと感じました。

年単位での考え方や嗜好性の変化などの牛歩のような小さな進歩は感じているものの、本当に自分は心の底から心清浄や禅定を達成しようと思っているのか?
ただの口先だけの絵空事ではないのか?

今回の瞑想指導の録音を何度も聞いて、改めて自分に問い直したいと思いました。

参学者TN

2018年初!日曜傳修会

本日、日曜傳修会が開催され、多くの参学者が参加されました。

参学者の中には金曜かそれ以前から傳修院に滞在された方もいて、それぞれ作務や瞑想、勉学等に打ち込みました。昨日の原始仏教トークの後は、傳修院に戻り皆で鍋料理を囲み参学者同士親睦を深めることができました。

今日のアビダンマ講座は、二十四縁起中伝第8回でした。

二十四縁起の中伝にもなると以前の講義で学んだ知識を必要とする所が多く、初学者にとって難しい内容だったとは思います。そのため過去の項目も同時に学習する必要があるでしょう。

始めは難しいかもしれませんが、知識を蓄積するにつれ見え方も変わってきますので、今からでも始めの方からアビダンマの学習をすることには大きな意義があります。

そしてそれによる知識は、将来の瞑想修行の助けとなるでしょう。

また、今日の講義は修行成就を目指す上で有意義な内容でもありました。講義を聴くことができなかった方は、今日からアビダンマ第199回以降のリクエストが可能となりましたので、「修行者のためのアビダンマ講座」のメールアドレスまで連絡することで、講義を聴くことができます。

今日の質疑応答の内容は主に以下の2点でした。

1 地方在住者の参学について

2 善行為をする際に気をつけること

これからは、参学者にはコレクティブインタビューや質疑応答の情報が配信され、なおかつアビダンマ講座も見ることができますので、地方の方でも実際に傳修院で行われているのと同様の講義を受けることができます。

ただ、もし傳修院に来ることができるのであれば、実際に足を運ぶことが推奨されます。これは「ダンマを五感で吸収する」ことに適っています(傳修院TV収録法話20171129参照)。

傳修院では、禅師による参学者一人一人に合わせた瞑想指導を行っています。
来週の日曜日は修行報告に基づく瞑想指導がありますので、参学者の方は積極的に修行報告書を提出されるとよいでしょう。

まだ参学希望を出されていない方でも、参学希望を傳修院ホームページ上のフォーマットから入力し、所定の手続きをとることで指導を受けることができます。

お待ちしております。

参学者K

2017年最後の日曜傳修会

本日は今年最後の傳修会でした。

国旗と仏旗の掲揚です!

大晦日でしたが、菩提心溢れる参学者たちが朝早くから集いました。
シュラインの飾り付けや参学者からのお布施もすっかりお正月モードとなっています!

見てるだけで気持ちとお腹がいっぱいになるお布施の数々でございます。

 

まずはアビダンマ講座です。今回は24縁起中伝第7回です。本年最後もしっかりと傳授がなされました!


続いて修行報告に基づく瞑想指導です。本日は死随念による逼迫感の喚起や外部からのAkusalaな攻撃には同じ土俵に上がらず笑い飛ばすなど様々な指導がありました。また現代の修行者全員の課題として、TVなどのメディア関連やメール関係との付き合い関係について語られました。私も今一度節度ある付き合いについて熟考しなければならないと感じた次第です。

さて道場は年始も開門しており、禅師からの特別法話など様々イベントを用意しています。是非初詣にお越し下さい。

今年は記念すべき道場開山の年となりました。来年は道場そして参学者たちのさらなる飛躍の年といたしましょう、どうぞよろしくお願いします!

参学者C