第50回原始仏教トーク「修行の天才」&ウポサタ

本日はウポサタ傳修会と原始仏教トーク同時開催でした。

場所は清澄庭園の涼亭にて行われました。池の上に佇む歴史的建造物で、ガラス張りの襖からの景色は絶景でした。庭園の木々に加えて池には鳥、鯉、亀など様々な生き物も見られて飽きることがありません。

そんな中まずはアビダンマ講座の24縁起中伝第23回です。24縁起の講義ではありますが、心路過程、界論絡めた内容になっており、1度学んだダンマを様々な角度から繰り返し説かれることで知識が深まっていくのが感じられます。暗記をすすめられたものはしっかりと自らの血肉として行きたいです。

休憩時間は縁側で池の景色を楽しみ、瞑想する参学者の姿も見られました。

続いて原始仏教トーク「修行の天才」です。
禅師から仏教の修行の天才になる方法が明かされました。

その方法とは仏教における様々な修行(三宝への信の確立、戒律護持、布施、ご奉仕、瞑想修行、アビダンマ学習、ダンマ暗記など)をすべて100点満点でいう70〜80点取れるよう精進するというもの。不得意分野をそのままに、得意分野ばかりしても仏教修行は円満成就しないとのことでした。不得意分野を底上げしてバランスをとった後、得意分野に取り掛かるのがコツだそうです。修行日誌をつけて失敗したことなども記録することで自らの不得意分野は見つかるということでした。

早速私も不得意分野である依法清浄に取り掛かりバランスを取ろうと決意しました!

来月は修行継続のコツについて語られるそうです。しっかりと襟を正し聞きたいと思います。

質疑応答では瞑想についてだけでなく、食について、世の動きとダンマについてなど皆さん自由闊達に質問され大変盛り上がりました。

今後も月に1回、アクセスの良い都内で原始仏教トークとウポサタ傳修会を開催する予定です。

回を追うごとにどんどん内容が充実して行っていますのでしばらく足の遠のいている方もご参加お待ちしています。

参学者C

4月15日ウポサタ傳修会

本日は昨日の天気予報通り、朝から強い風雨になり、自宅を出て直ぐに台風のような突風に傘を壊され出端を挫かれましたが、
宮沢賢治の「雨にも負けず、風にも負けず」の言葉を思い出し傳修院に向かいます。

他の参学者の方々もいつものように参学され、安心感と共に程よい緊張感で瞑想修行とアビダンマ講義に臨みます。
二十四縁起(中伝)も中盤に差し掛かり、第十番目の縁起、Purejātapaccayo(前生縁)の第1回目の解説に入ります。

禅師の冒頭のお話のとおり、前生縁はこれまで学んできた縁起の様々な要素を含む縁起でもあり、多面的考察で現象の分析を行うアビダンマの、緻密な奥深さや正確さを再認識させられる内容でした。

前生縁とは、ある現象が先に生起し、それが原因あるいは必須条件となって、その後の現象を生起させるような縁起関係をいいます。例えば五門心路過程においては、所縁と五識、Pasādaと五識との関係、またHadayavatthuと意門に生起するCittaとの関係が前生縁にあたるとのことで、眼門心路過程を例に取り、禅師が懇切丁寧な解説をして下さいました。

少しの休憩を挟んで、次は修行報告に基づく瞑想指導と質疑応答です。今回はしばらくぶりに参加いたしましたが、たいへん為になるお話を伺いました。

すべての比丘が確実に食事のお布施を得られるように、お釈迦様が如何に苦労されていたか、また、食事の際にアクサラダンマ(貪り)を生起させないように、どのように弟子達を指導されていたかとの内容で、自分自身の日々の修行にも取り入れたいと思いました。現実に即したお釈迦様の適切な対応には本当に感心させられます。

また、ダンマパダの一節に関する質問に対してのお答えの中で、そのお経がどのようなシチュエーションで説かれたかを明らかにした上で読むことが特に重要であるなど、 お釈迦様の説かれたお経の真意を汲み取り理解する際に、留意する点や心構えについてのお話がありました。

本日もまた、アビダンマの知識の必要性を痛感する日曜瞑想会となりました。

参学者HY

灌仏会&リトリート

水曜瞑想会やリトリートでは、具体的な修行法を教えていただいています。
今回は、無碍解道論で開示されている十八随煩悩のうち、最初の二つについて解説されました。
①ポッタバの圧力を作為的に高めること、
②鼻腔に沿ってポッタバの道を作って感受しようとすること(サーフィンに乗るように呼吸を楽しんだり、熱を感じることを含む)は、「内側への散乱/外側への散乱」であり、心を動揺させ、専注の障害となるため、自分にこれらの癖がないか徹底的に観察するよう指示されました。
③タッチングポイントを点ではなくて網で捉えると、圧をかける癖がなくなるというコツも開示されました。

ウポーサタでは、参学者の方が手作りの桜餅をダーナされ、禅師からプラサードとして参学者全員に手渡されました。

アビダンマ講座での親依止縁の解説に引き続き、灌仏会が催されました。

仏隨念を皆で唱えながら、各参加者がお釈迦様の像に礼拝し、甘茶を3回かけて、再度礼拝することを繰り返します。
桜の花で美しく飾られた御堂の中で、お釈迦様がいわゆる天上天下唯我独尊の姿勢をとられています。
これは天神衆に対して、お釈迦様が自らを最勝のものであって、最後の生まれと高らかに宣言されたものであると解説されました。

IさんとOさんの美しい飾りつけが、何とも言えない美しく上品な雰囲気を醸し出しており、甘茶も美味しく、リトリートの後半も頑張ろうという気持ちになりました。

修行報告に基づく瞑想指導では以下のとおり解説されました。
①ブッダニミッタと一緒に呼吸することでお釈迦様とのonenessを確立すること、
②大念処経の「ろくろ工」のイメージで瞑想する際は、作為性が入らないよう注意すること、
③自分・好きな人・嫌いな人等の幸せを願うスタンザは、無碍解道論における慈禅定修習のための詳説の導入部であって、メッターの随念そのものではない。あくまでメッターとは慈経に書かれている崇高な想いであること、
④現存するパーリ仏典とお釈迦様在世当時の原始仏教の間にも大きな隔たりがありうるのであって、私達はすでに見失われてしまった先人達の歩んだ古の道を、ダンマの灯をたよりに一歩一歩進んで行くしかないこと、
⑤祇園精舎における当時の風景(真っ青な空と輝く太陽、気温は高いが湿度低く、色とりどりの花が咲き、さわやかな風が菩提樹の木陰を吹き抜け、静寂に包まれる中で大長老らが真摯にお釈迦様の話を聞いている風景)こそが、禅師にとって仏教の原風景であること。

今回は桜に包まれた華やいだ雰囲気の中、素晴らしいリトリートとなりました。

参学者S

4/1ウポサタ傳修会

初夏に近いような暖かさの中、朝電車で松戸にある傳修院に向かいました。車窓からは見頃は過ぎたとはいえ、まだまだ満開の桜があちこちで見られました。

ウポーサタ傳修会は、前後の90分の瞑想時間を挟んで、基本的に三部構成になっています。昼食後午後12時スタートの五戒・八戒の授戒およびチャンティング、午後1時からのメインであるアビダンマ講座(今回で218回目)、そして隔週での質疑応答(QA)、修行報告(CI)と続きます。

印象的なのは、禅師が部屋に入って来られると、瞬時にして心地よい緊張感に空間が満たされることです。そしてこれは最近気が付いたのですが、禅師が着座されると、必ずその日の参加者たちの顔を眺められ、慈愛に満ちた微笑みを全員に注がれます。これを見ていると、「ああ、今日も遠路はるばる来て良かったなあ」とつくづく思います。

チャンティングは全編パーリ語で唱えられ、およそ20分くらいかかります。初めの頃は、この未知の言語になかなか馴染めず、時間もかなり長く感じられましたが、今ではすっかり慣れて、お唱えしながらパーリ語独特の心地よい波動に、身も心もすっかり委ねられるようになりました。

何よりお釈迦様の時代から、数限りない修行者たちの口から、これと同じ音が発せられていたと思うと、何やら僭越ながら自分もその方々の末席に加えて頂けたような気がして、心地よい高揚感があります。もし次の人生においても、運良く再びブッダの教えに巡り合えるとすれば、きっとパーリ語の響きを懐かしく感じるかもしれないな、と考えたりもします。

アビダンマ講座はPaṭṭhānaの20回目、今回から新たにUpanissayapaccayo(親依止縁)の解説に入りました。まず初めに、前回まで勉強していたNissayapaccayoのstanzaの暗唱を三人の参学者の方々が披露され、その後Nissayapaccayoの簡潔なまとめがありました。二十四縁起の中には、このNissayapaccayoとUpanissayapaccayo、それにAnantarapaccayoとSamanantarapaccayoのように非常に似通ったpaccayoがいくつかあり、簡単な説明だけではその本当の違いがなかなか理解できません。Upanissayapaccayoは、Nissayapaccayoと比較すると、より大きく強力な依存関係に用いられ、将来より瞑想修行が進んで、十二縁起や過去生、未来生を詳細に見ていく場合には、その深い理解が必須であるとのことでした。
次に、配られたテキストのstanzaに、一行一行丁寧な解説が加えられました。日本語訳として添えられているのは、昭和初期に訳された南伝大蔵経のものなので、格調は高いのですが一読で理解することはなかなか困難です。しかし、こうして禅師に詳しい解説をしていただくと、やっとその深遠な内容の一端を垣間見れたような気になります。最初は全く歯が立たなかったstanzaを少しずつ読みこなしていき、そこに数式のようなある種の構造的な美しさを見出した時は、大きな喜びになります。今回のUpanissayapaccayoのstanzaの中には、善法、不善法、無記法の三つの要素の組み合わせの強力な依存関係が、余すところなく配置されています。この詳しい内容の解説は、次週以降ということでした。


短い休憩をはさんで、今週はダンマに関する質疑応答が行われました。その内訳は、日常生活の悩みから経典の解説、仏教の基本的な教えの再確認、修行法の細かい注意点、アビダンマ講座で生じた疑問点の解消など多岐に渡り、毎回とてもためになります。何よりこうやって勉強や修行をして生じた疑問を、ほぼ時間を置かずに的確に答えて頂けるという得難い環境に今自分がいるということは、まさに僥倖としか言いようがありません。この福徳を無駄にしないように、これからも日々精進していけたらと思います。今回の質疑応答も、Dāna(布施)に関する詳しい説明、瞑想において「ラベリングすること」と「さらりさらりと流すこと」の相違点など、大変興味深い内容が語られました。

参学者Q

第2回傳修院リトリート&3/25ウポサタ傳修会

3月24日から25日にかけて、第2回目の傳修院公式リトリートが行われました。

<リトリート前には托鉢会が開催されました>

リトリート開始の際、禅師から瞑想指導があり、前行ではaspirationを高めること、後行では①余韻を満足するまで楽しみ、②五蓋、aspiration、感受と観察のバランス等をreviewすることが大事だと説かれました。

25日はウポーサタ傳修会です。アビダンマ講座では、依止縁・倶生縁・相互縁の相互関係を整理されました。

修行報告に基づく瞑想指導では、①瞑想には色々なコツがあるが、「結局は何があっても”assasa, passasa”の意識を持てばよい」ことを、②仕事が終わるまでダンマから逸れていると悩む修行者に対しては、「逸れたと気づいたときに戻せばよい」ことを、③介護等で厳しい環境に置かれた修行者に対しては、消化すべきカンマとして、「ダンマに則った最善の対応をする」ことを、④他人が気になると悩む修行者に対しては、「いつでもどこでも呼吸を我が家と感じられるようになるまで修行すべき」ことを、⑤傳修院のイベントに参加するより自習していた方がよいのではないかと迷う修行者に対しては、禅師にとって「弟子の顔を見られることが何より嬉しく、事前に相談してほしい」ことを説かれました。

21時まで瞑想をしてリトリートは終了です。1日8時間の善友との瞑想と禅師の個人インタビューのおかげで、一人ではなし得ない濃密な修行が行えました。今後もリトリートの機会がございますので、是非ご参加下さい。

参学者 S

3/18ウポサタ傳修会

瞑想には大敵の花粉症の季節真っ只中ですが、週に一度の大切な瞑想会。
昨日から少し気温が低いせいか、症状が治まったまま参加できるのは幸いなことです。

 

今日のアビダンマの講義は、二十四縁起の8番目、Nissayapaccayo(依止縁)についてでした。

最初は恒例の暗記の披露からスタート。最近は必ず何人かの方が手を挙げます。
皆スラスラと、まるで長年慣れ親しんだ詩のように暗唱していきます。
自分はまだゆっくり唱えることしかできませんが、重い腰を上げていざ取り掛かってみると、似たようなフレーズが何度も出てきて意外と覚えやすい、というのが正直な印象です。これからは内容の理解をもっと深めていければと思います。

講義はまず、Nissayaの日本語訳である「依止(えじ)」という言葉の説明から始まりました。
「依止」とは「依託止住」の略だそうです。「依託止住」とは「依存して全てを託してそこに止まり住する」ということで、つぶさには、① あるものが生起するときの拠り所 ② 三帰依のSaraṇa ③ Cittaの生起の基であるKāya ④ Nissaya修行 という四つの意味があるとのことでした。
NissayapaccayoのNissayaの場合は①の意で、ある現象が他の現象の生起を支えるような縁起関係を意味します。

NissayapaccayoのStanzaの前半を見て、なんか見覚えがあるなと思ったら、Sahajātapaccayoや、Aññāmaññāpaccayoと同じパターンでした。二十四縁起では、たとえばSahajātaであり、同時にAññāmaññāであり、同時にNissayaであるというように、現象と現象との関係を複数の縁起で観ていくのが特徴のひとつであるというお話でした。
今日の講義で、Pasādaの役割や、PasādaとCitta/Cetasikaの関係がだいぶクリアになりました。
ただし最後のStanzaは暗記に少し苦労しそうです。

休憩をはさんでダンマに関する質疑応答が行われました。
最初は修行における暗記に関するお話でした。
まずダンマを暗記し、その内容を理解し、さらに随念して自分の心に刻み込む、
そうすれば、本やテキストから解放され、もはや誰も取り去ることができない自分自身のダンマとなる、
そして内外に生起する現象をそのダンマに当てはめながら観ることによって、自分自身の体験としてダンマを深く理解していく、
その時、心は素晴らしい法悦に席巻される、
たとえダンマパダの一行であったとしても、そのダンマを自分自身のものにすれば、
何百冊の仏教書にも優る「法悦」をもたらしてくれる、とのことでした。
暗記は法悦に至る道である! いつものように私の心は鷲掴みにされました。

今日の最後は、Saddhāをベースにして輪廻を厭うというお話でした。私にとっては目から鱗で、凡夫たる自分はどうしても「私」の視点から輪廻を考えてしまうのでとても参考になりました。

体調を崩していたOさんも久々に参加され、実り多き一日となりました。
講義が終わった後で、一杯のお茶を飲みながら法友と語り合うひとときは、時間に追われる日常の中での貴重な一服の清涼剤となっています。
心ゆくまでダンマを味わって、リフレッシュした心で新しい一週間を始められる、これもまた瞑想会のおかげです。
禅師、傳修院の皆さま、ほんとうにありがとうございました。
水曜のセミナーも楽しみです。

参学者N

第17回托鉢会&3/11ウポサタ傳修会(万仏節)

今週も土曜日の托鉢会から参加させていただきました。

禅師のメロディ付の食厭想のパーリのお経の録音を家で何度も練習して、ようやく、唱えながら、意味が頭に浮かんでくるようになってきました。

これからの自分の数限りなく続く食事の度にお唱えできるので、大変有益なものになると思います。

 

 

土曜日の午後は、ほぼ、アナパナと勉強で過ごしました。

坐蒲の製作会も一階で同時に行われ、数名の方が、手作りの坐蒲を完成されたようです。

21時半就寝の朝4時瞑想スタートの道場スケジュールで、日曜日の朝も修行を続けました。

 

傳修会に入り、アビダンマ講座は、二十四縁起の7つ目の「相互縁」に突入しました。二十四縁起を学んでいると、今まで学んできたcitta, cetasika, rūpaの実際の動き方、働き方などがライブ感を持って、感じられる気がします。

 

その後、万仏節(māgha pūja)の法要がとり行われました。
これまで修行者が暗記した、6つの二十四縁起詳説がパーリで唱えられました。
「仏教の衰退は、パッターナ(二十四縁起)の衰退から始まる」と言われているそうで、ミャンマーでは10日間、昼夜途切れること無く、二十四縁起詳説を唱え続けることが慣例となっているそうです。

私も、来年の今頃には、二十四縁起詳説を、ちゃんと意味も頭に思い浮かべながら、全て唱えられるようになっていたいと思いました。

その後、CI(瞑想指導)がありました。

個人的には、暗記、そして随念のお話が印象に残りました。

暗記は、もちろん私も大嫌いですが、それでも、駅への行き来や電車の中でも唱えながら格闘していると、ダンマに夢中になっている、という喜びを感じる瞬間は確かにあります。
そして、冒頭の食厭想のお経のように、生活の中で暗誦/随念できるようになれば、自分にとって、本当にかけがいのないものになり得る気がします。

(繰り返しますが)暗記は大嫌いですが、あきらめずに、ダンマに夢中になっている時間をこれからも継続していきたいと思っています。

修行者L

3月4日ウポサタ傳修会

3月最初の日曜日、日ごとに暖かくなり日中は少し暑いくらいですが、講義の前に禅師から指定されるパッターナニデッソのスタンザの暗誦があります。私にとっては、ほど良過ぎる位の緊張感がありますが、参学者の皆さん、皆、積極的に挙手してスタンザを唱えていらっしゃいました。


私も感化されて懸命に覚えなくては。と萎えがちになるアスピレーションが奮い立ちます。
本日のアビダンマ講義はパッターナ中伝(二十四縁起)の第16回目、俱生縁の四回目になります。
サハジャタ-パチャヨのスタンザ、オッカンティカーナ ナーマルーパン アンニャマンニャン サハジャタパチャイエナ パチャヨの理解のために、禅師がCittaとVatthuの詳細な解説を講義して下さいました。
特にCittaが生起する際の跳躍板的な働きをするVatthuの、五門と意門の二つの門における働き方の違いや、眼門心路過程を例にしての色所縁と眼門と意門に生起する各CittaとVatthuの関係の説明がありました。
各Cittaが生起する際のVatthuとの生起のタイミングの違いなど、一心刹那レベルのお話で、以前の講義の復習も兼ねているとはいえ、新たな発見と理解が深まり、いつも懇切丁寧に講義をして下さる禅師には感謝しかありません。
と同時に、いつも講義を受ける際には、教えて頂いたダンマをちゃんと整理して、頭をスッキリと冴えた状態にして毎回の講義に挑まなくてはいけない、と気持ちを新たにさせられた講義となりました。

講義の後に、禅師より来週の日曜日に行われる万仏節を祝う御仏事についての簡単な説明がありました。
私にとっては初めての事なのですが、東南アジアの仏教諸国で連綿と受け継がれてきた大きな仏事であるとの事で、どのような仏事なのか期待が膨らみます。

参学者YA