2月10日〜2月12日 托鉢会、ウポーサタ傳修会、開山後初!リトリート

2月10日〜2月12日にかけて托鉢会、ウポーサタ傳修会そしてリトリートに参加しました。

まずは托鉢会です。リトリート前ということもあり、量や種類がいつもより気合が入っています。今回用意された料理の数々はリトリートの朝食、昼食としても活躍します!

 

リトリート前には玄関に参学者お手製の看板が取り付けられ、道場らしさがグッと増しました。そんな中いよいよ道場開山以来初となる公式リトリートの開始です。

まずは禅師からオリエンテーションが行われました。リトリート期間中は聖黙を保ちます。聖黙とはただ話さなければいいというわけではなく、加えてマインドフルに行動して物音を出来るだけさせないようにすることだと語られました。そうすることでブッダ在世当時、比丘1000人以上の集まりであっても、誰1人いないようであったとされる静寂な雰囲気に近づけるとのことでした。実践する際の注意点としてはあくまで自らの発する音に気を使うべきで、周りの人に対しては寛容な態度でいるようにとのことでした。

続いて伝法です。傳修院のリトリートでは伝法が行われ、修行するテーマが伝えられます。今回の伝法では、基本的な座り方、調心調息、そしてChankama(立禅、歩行瞑想)が語られました。

水曜瞑想会でも語られた、基本的な座り方(庚の三脚、背筋の伸ばし方など)や調心調息(息を吐き切り思い切り吸う、逆腹式呼吸)ですが、長年瞑想をしている方でも目から鱗のような充実かつ重要な内容でした。

Chankamaについては、アーナパーナサティの場合、息の出入りの感覚を決して失わないよう姿勢を変えたり、歩いたりすることが必須であるとのこと。また随念やお経を心で静かに唱えながらするのにChankamaは最適であるとも語られました。

今回のリトリートでは第2瞑想室がChankama用として解放され、座る瞑想用の第1瞑想室と自由に行き来しながら瞑想を実践することができました。長い時間座るのが苦手な方でも姿勢を変えることで1時間はあっという間に過ぎていきます。

久しぶりに個人インタビューも行われました。予定より長時間に及んだ大いに盛り上がり充実した内容の濃いインタビューだったようです。

また今回は食事前に四資具の考察(食事部分)、食厭想を唱えました。今後ウポーサタ傳修会の昼食でも実施される予定です。

日曜はウポーサタ傳修会です。リトリート期間中のため、道場を訪れる方は全員聖黙、八戒を護持します。道場の雰囲気がいつもより静寂、清浄に感じられます。

修行者のためのアビダンマ講座は今回からSahajāta-paccayo(倶生縁)です。短いながらエッセンスが詰まったダンマになります。講義は理解が必須となるrūpaについての復習も交えつつ進めます。そして受講者にはスタンザの暗記が求められます!

続いて修行報告に基づく瞑想指導です。
今回は全修行者へのアドバイスとして修行を深めるために四正勤法を活用することが推奨されました。また詳細な誓願の仕方を禅師御自身の誓願を紹介しつつ伝授いただきました。

 

そしてリトリートは翌日の17時まで行われました。瞑想合宿としては3日間という短い期間ですが、参加者の皆さんは伝法された内容を一生懸命実践され、とても内容の濃いリトリートとなりました。今後も連休を利用してリトリートは開催される予定です。道場の雰囲気もよく、充実したリトリートになること間違いなしですので新たな参加される方お待ちしています!

参学者C

第12回托鉢会

2月3日は托鉢会及び原始仏教トークの開催日でした。

傳修院が開山されてから2回目となります原始仏教トークは毎月第一土曜日の開催となります。

この日ばかりは必ず参加させていただきたく、仕事を休んでの参加となります。

皆さん禅師に美味しく食事をしていただく為、腕を揮って調理し、また美味しいお惣菜を買い求め沢山の料理がテーブルを埋め尽くします。

私は人様に手料理をご馳走するのがおそらく生まれて初めてですが、そのお相手が禅師と法友達ということもあり大変喜びを感じております。

今回作らせていただいたのは豆腐ハンバーグ、お味のほうはいかがでしたでしょうか?

 

皆さんの作った料理や持ち寄ったものは大変美味しくいただきました。

今後も料理のレパートリーも増やし皆さんにご馳走したいと思います。

そして、このあとにはダンマを一般の方に公開する原始仏教トークが控えています。

その直前の食のお布施です。

料理の味も大切ですが、食をお布施させていただくことに最も意味があり、食を与えさせて戴くことは命を与える事、それが比丘であればダンマを世に広める、お釈迦様のダンマを伝達することに協力させていただく大変徳の高い清らかな行いです。

 

このように私にとっての毎月第一土曜日の托鉢会および原始仏教トークは欠かす事のできない行事となりました。

皆さんも時間の都合が付きましたら是非一緒に参加しませんか

お待ちしております。

参学者 0

第11回托鉢会

托鉢会に参加させていただきました。

托鉢会の簡単な流れを書きますと、いつも厨房で汁物などを料理されているIさんは早くから来られているようですが、10時過ぎに食材を持ち寄り、部屋の掃除、テーブル出し、食器出し、盛り付けを行います。

11時頃に準備が整いますので、禅師をお呼びし、お釈迦様に三拝したのちに、テーブルに触れながら回向し、禅師とお食事をいただきます。

以前は、日曜瞑想会の際に昼食を御布施できることもあまり知られておりませんでしたが、千駄堀道場の開山に伴い、毎週禅師にお食事を御布施でき、なおかつご一緒に食事させていただけるというのは大変有り難く感じております。

本日の托鉢会は野菜中心の料理となりました。前回、菜食の方がいらしたので、今回は切り干し大根を作りましたが、おかずが、きんぴらごぼう、大豆の昆布煮、おからと、日本の代表的な料理が揃い踏みでした。Iさんの豆のトマト煮がとっても美味しかったです。

午後にはRさんが作られたロゴの入った家賃サポートの賽銭箱が完成し、設置しましたので、早速御布施させていただきました。

また、修行者の方より宅配で、たくさんのパンヤとそば殻や、レトルトのお粥などの御布施が届き、段々と道場が充実していくことを実感させていただきました。

参学者B

第10回托鉢会

今日は托鉢会でした。

今日は料理長的な役割を担ってるIさんが不在でしたが、皆さんが持ってきた手料理やお店で買ったお惣菜が沢山並び非常に豪華な食事となりました!

私も傳修院のキッチンで煮物を作らせて頂きました。

Q夫人が作った鳥胸肉のハムが大変美味しゅうございました。作り方も教えて頂き、今度チャレンジしてみようと思います。

今日は傳修院に宿泊するのが私を含めて三人居ますが、2人とも外出したため1人寂しくブログの文章を練っているところです(涙)

寂しいときこそ1人で瞑想して自分の心と向き合うのがいいですね。瞑想してきます。。。

参学者T

第9回托鉢会

本日は托鉢会に参加しました。

家で調理したり、道場で調理したり、(調理器具充実しています!)、お店で出来合いのものを買って来るなどして今回も参学者による素晴らしいメニューが揃いました。

 


  1. 禅師にお布施された食事は美味しさもさるこもながら、見た目もインスタ映えしそうな美しさがあります!


修行成就を願い、このお布施の功徳を生きとし生けるものに回向致しました。何度しても清浄で素晴らしい瞬間です。


食事の後は禅師と参学者たちとの和やかな会話が行われることが多いです。托鉢会のあとはゆっくり時間が流れるのが特徴で、瞑想はもちろん禅師や参学者たちと交流を深めたりと素晴らしい時間を過ごすことが出来ます。短時間で濃密な水曜瞑想会、イベント盛り沢山の日曜瞑想会とは違った趣がありますので土曜に時間をお作りいただいて気軽にご参加下さい!

参学者C

第8回托鉢会&開山後初!原始仏教トーク

第8回托鉢会

今日初めて、念願の托鉢会に参加することが出来ました。
道場に到着すると、今日は午後から近くのホールで原始仏教トークがあるということで(久しぶりの再開です!)皆さんその準備に追われていました。
その手を一旦休めて、11時から托鉢会です。
様々な趣向を凝らした手作りの料理やお店で買ったお惣菜などが、テーブルに所狭しと並べられます。


以前伊豆の合宿に参加した時にも、この形式の食事を頂いたことがありましたが、新しい道場でのそれはまた、一味違った和やかな雰囲気がありました。

まず初めに、禅師がテーブルの端に手を添えられ、パーリ語で廻向を唱えられました。
後である参学者の方に聞いてみたところ、これは特に亡くなった自分の身内への功徳になるそうです。
次回からは、それをもっと意識してみようと思いました。
こういう一つ一つの行為や気持ちが、長年続けることできっと将来の大きな波羅蜜に繋がって行くのだなと感じました。
取り分られた料理はどれも美味しく、身体の元気と心の豊かさを両方もらえたような気がしました。


食事中のお話は、やっぱりメインは午後の原始仏教トークのあれこれについてです。
今日は久々に禅師からどんなお話が聞けるのか、皆今からわくわくしているのが感じられました。
私は、なかなか土曜日にお休みがとれないのですが、また次に参加出来る日が来るのを楽しみにしています。
禅師、参学者の皆さん、今日は素晴らしい時間をありがとうございました。

参学者Q

 

傳修院開山記念原始仏教トーク

本日、傳修院の開山以来、初めての原始仏教トークが開催されました!
以下、概要をご紹介いたします。お釈迦様の実践された仏教を学びたい方は是非ご覧下さい!

○「原始仏教を生きる」というタイトルには、「お釈迦様の教えを学び実践し、傳修院で修行者と共有して一緒に修行する」という決意を込めています。
○「原始仏教」は「テーラワーダ」とは異なります。「原始仏教」は、お釈迦様の入滅から100年後の第二結集(根本分裂)までの最も純粋な仏教であり、「テーラワーダ」は、お釈迦様の入滅から約1,000年後に確立した教えです(※1)。禅師は「原始仏教」の比丘であって、「テーラワーダ」の比丘ではありません(※2)。
○禅師は、パオ・セヤドーからkammaṭṭhāna(業処)の法脈を受け継ぎ、日本にダンマを伝えるよう求められました。傳修院でもパオ・セヤドーのダンマを伝えています。パオの名前は使っていませんが、パオ・セヤドーは”Name is not important. Dhamma is important”と仰っており、大事なのは名前ではなくダンマです。
○テーラワーダのマインドフルネスは、いわば「認識の言語化」であり、vitakka(尋)を助長してしまいます。また、「涅槃に至るのに禅定は要らない」という指導者もいますが、お釈迦様は「仏教の衰退はサマーディの軽視から始まる」と仰っています。
○原始仏教を学ぶ上で、傳修院以上の道場はありません。傳修院で学べる波羅蜜を活かし、涅槃証悟を目指して一緒に本気で修行し、原始仏教を生きましょう。

※1 根本分裂によって、仏教は①大衆部系、②上座部系、③分別説部の3つに別れました。スリランカの分別説部(大寺派)は、ブッダゴーサ長老が三蔵の注釈書と清浄道論を記したことで勢力を増し(5〜6世紀)、スリランカで唯一の派閥となって「テーラワーダ」を名乗り(12世紀)、現代東南アジアに広まりました。
※2 比丘戒を授かるときは、原始仏教を探求する比丘から「テーラワーダには属さず、原始仏教を探求する」許可とともに比丘戒を受けられました。また、アーナパーナサティを指導するときは、「テーラワーダ」のテキストである清浄道論ではなく、サーリプッタ長老の無碍解道論を用いられます。

質疑応答では、①マインドフルネスはsati(念)の訳であり、対象から外れずにとどまることであって、様々な対象を次々にラベリングするならばsatiは生じないこと、②瞑想の対象が何であれ、座る・立つ・歩く・横になるという4つの姿勢において続けて行うことが重要であること、③Macchariya(物惜しみ)はdosa(瞋)に属し、dosaは必ずlobha(貪)をベースにすること、④dosaはどんどん膨らみlobha以上に瞑想の障害になること、⑤清浄道論や解脱道論ではなく無碍解道論を用いる理由等が明かされました。

概要は以上です。私自身、禅師から原始仏教をご教示いただき、修行上の迷いがなくなりました。
原始仏教に興味を持たれた方は、是非、傳修院にご来山下さい。

次回の原始仏教トークは2月3日(土)です。ご参加をお待ちしております。

参学者 S

第7回托鉢会

今日は托鉢会でした。

今年最後の托鉢会です。本日も初参加の方を含め参学者の方々が料理を持ち寄り集まりました!

本日禅師にお布施した料理です

参学者Iさんによる関東風!肉そぼろ

参学者Tさんによる大根の味噌煮 クインシード和え

白ご飯がよく進む料理の数々でした!

托鉢会は比丘の方に食事をお布施出来る貴重な機会でありますが、参学者同士、食事を通じて交流出来る楽しい会でもあります。 食事後はゆったりとした時間が流れ、禅師や法友達と語り合うことも珍しくありません。

日常生活や修行で行き詰まりを感じている方も、気軽に参加して心を柔らかくしてはいかがでしょうか?来年もご参加お待ちしています!

 

参学者C

第6回托鉢会

托鉢会に参加させていただきました。道場に来ると心が清浄になります。

様々な経典に書かれております通り、比丘へお食事を御布施するというのは、功徳の積める大変有り難いことであり、得難い機会です。感謝の気持ちで御布施させていただきました。

料理をされる方は自分で料理をしたものを、料理をされない方は購入されたものを持ち寄り、禅師に御布施し、また参学者の方々と一緒に食事をさせていただきます。

参学者は10時15分までに来山し、掃除や調理、テーブルの用意や盛り付けなど準備をして、11時過ぎに御布施させていただきます。

比丘へ御布施をする際は、必ず回向を行います。例えばお盆で食事をお渡しする際に、比丘と御布施をする皆でお盆を持ち、回向をします。傳修院では、食事を載せたテーブルを皆で触れ、回向させていただいております。


この功徳によって煩悩の滅尽に至りますように。
Idaṃ me puññaṃ āsavakkhayā’ vahaṃ hotu.

イーダン メ プンニャン アーサワッカヤー ワハン ホトゥ

この御布施が涅槃への縁となりますように。
Idaṃ me dānaṃ nibbānassa paccayo hotu.

イーダン メ ダーナン ニッバーナッサ パチャヨー ホトゥ

この功徳を生きとし生ける一切衆生に回向します。
Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi.

ママ プンニャバーガン サッバサッターナン バージェミ

彼等が普くこの功徳を享受しますように。
Te sabbe me samaṃ puññabhāgaṃ labhantu.

テ サッベ メ サマン プンニャバーガン ラバントゥ

善き哉、善き哉、善き哉。
Sādhu, sādhu, sādhu.
サードゥ サードゥ サードゥ


豆腐のあんかけやカブの炒め物、果物の入ったクレープなど、とても美味しくいただきました。またイチゴが華やかでした。私は角煮を作らせていただきました。

大変有り難く、禅師とお話も出来るため、また参加させていただきます。食事のあとは洗い物や掃除など作務をして、自由行動となりますが、18時からは瞑想を行っております。

参学者B