第43回托鉢会&無礙解道伝法、9月リトリート開始

托鉢会から参加させていただきました。

本日は午後からリトリートの為か、お野菜を中心としたメニューが並びました。

ジャーマン風ポテトサラダ

オクラとなめこのネバネバサラダ

種々のきのこのサラダ

なすの辛子漬け

大根のお漬物

リトリートの前に八戒を授かった後、 無礙解道大品出入息論のBuddhoti(佛陀論)の第三回目の講義がありました 。

サーリプッタ長老が解説されたお釈迦様の15個の御徳の内、 今回は 7-12番目が解説されました。

主にお釈迦様の清浄性に関する部分でした。

講義の中では、禅師から、これらをどのように自分の修行に活かしていくのかについて伝法がありました。

禅師ご自身の長い修行体験から、我々修行者のことを思って、簡単に教えていただける様々な仏道修行上のコツは、あり得ないほど重要で貴重なアドバイスだと思います。

こういった内容の伝授は、口伝でしかあり得ず、自分一人だけでは、たぶん一生かかっても得られないような 仏道修行上のインサイトであり、有難いなぁと感謝の気持ちでいっぱいになります。

観想がこれほどまでにサマタ瞑想にとっても重要であることは全く認識しておらず、ラーマクリシュナの何がすごかったのか、少しだけ理解できたような気がしました。

saddhaやアスピレーションを高めるコツも もしかするとここにあるのかもしれないと思い、自分なりに色々と試していきたいと思いました。

午後1時から リトリートスタートです。

月曜日が祝日で3連休なので、しっかり座りたいと思います。

参学者L

第42回托鉢会

本日、托鉢会がありました。9月になり、少しばかり秋らしさも感じられるこの頃ではありますが、いまだ残暑がきびしく、汗ばむ陽気となりました。春には荒涼としていた屋上の菜園も、今ではすっかり野菜で覆われてています。そしてまた、水槽のメダカの子も育ってきていました。

さて、普段の托鉢会の食材は、道場で取れた野菜や、皆さまがお持ちになったものも含め、野菜が多めですが、今日は計らずも肉の多いメニューとなりました。

 

 

 

 

食事の後の質疑応答では、「修行を継続していくには?」「観想について」等の質問が寄せられ、個人的にも参考になりました。

明日は月に一度の「原始仏教トーク」で、外部施設での開催になります。今回はいつにも増して重要そうなタイトルなので、少しも聞き逃すことのないようにしたいと思います。また、9月末にも浅草で瞑想のワークショップがあるそうですので、皆様も是非ご参加ください。

参学者K

第41回托鉢会

本日は托鉢会に参加しました。
朝一番に道場入りすると、静寂で清らかな雰囲気が漂っており、えもいわれぬ清涼感を感じました。
参学者の方からお香のお布施があり、白檀の香りがより道場の雰囲気を清らかにしています。

さて今回も趣向を凝らした料理の数々が集まりました。参学者のご家族が調理された品もあり、この托鉢会が色々な方の積徳の機会となってること大変嬉しく思います。

食事の後は禅師とのダンマトークです。各自質問を1つずつしていきます。
瞑想会の質疑応答や個人インタビューとは違った趣があり、皆さんが疑問に思っていることなどがわかり大変興味深かったです。

後日参加者の方にお聞きしましたが、この日本で自ら用意した品をお坊さんにお布施し、召し上がっていただくような機会は非常に稀だということです。貴重な機会に感謝し、さらに多くの人にご参加いただけるような素晴らしい会にしていきたいと思います。

参学者C

第40回托鉢会


本日は托鉢会。久々に参加したように感じましたが、思えば先週も参加していました。
日々慌ただしく過ごす中、時間への感覚が薄まってしまいますが、托鉢会に何を持って行くかを考える時に季節を感じ、その移り変わりも楽しむことが出来ているように思います。

 

 

 

 

まだ蒸し暑い日が続きますので、夏らしい、爽やかさのある一品を持参しました。スイカとタコの土佐酢ジュレがけです。

オクラやカツオなど、夏らしいお料理が並びつつ、ナシや葡萄、サツマイモなど、秋の訪れを感じさせる食べ物も並びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残暑厳しい中に秋がチラリと見え隠れする、今の季節をそのまま映し出したかのようなテーブルです。托鉢会は、当日に道場に行けなくとも、日持ちする食べ物などを用いての御布施もできますので(当日、参加者が代わりにテーブルにお出しします)、時間がなかなか合わなくても食事の御布施ができます。今回も、その形で1名参加されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

平日道場を訪れた参学者の方が用意された漬物とフルーツです

 

今日は食事の後、1人ずつ、聞きたいことを聞ける時間が設けられました。聖者について、精進と仕事について、解脱に繋がる観察についてなど、色々な質問が出ました。
普段の「ダンマに関する質問」では聞きにくいような内容も質問できる上に、納得・理解できるまで質問することができるのは托鉢会の後の時間ならではと思います。

さて、本日は作務として、新しい坐蒲のの蕎麦殻を入れました。1階で作務する私を、シュラインのお釈迦様は、微笑んで見守ってくれています。

自宅のシュラインのお釈迦様は、ガチな厳しい表情をしていますので、道場のお釈迦様をみるといつも心が和みます。

まだ暑い日が続いていますが、屋上のトマトやキュウリは終了し、今はゴーヤが旺盛に実をつけています。
緑の葉に埋め尽くされた畑の中で、実がなっていても、埋もれて見えにくい状態ですので、畑の中で身をかがめ、下から見上げる形で実を探しました。

緑の香りが漂い、葉が顔面に迫ります。思いがけず、子供の頃、木に登りアケビ採りをしたときと重なりました。あの頃は採れても3個ぐらいでしたが、今日は大収穫です。

畑を整理し、何を植えるかを考える時期になりました。
まさにシュラインの真上で育っている野菜達は、小振りながらも美味しく育ってくれています。
春同様、屋上の畑に植えたいものを募集しますので、是非、皆さんに苗をお持ちいただきたく思います(土や堆肥のご提供も大歓迎です)

参学者TA

第39回托鉢会、無礙解道伝法

リトリートも余すところ、あと二日、本日は托鉢会と無礙解道の伝法がありました。

今回は、リトリート期間中ということもあって、いつもより多くの参学者が参加され、色とりどりの食材が並びました。

チリ・コン・カー二

 

 

 


コールドチキン

 

 

 

モロヘイヤ

 

 

 


ゴーヤとなす

 

 


ポテトサラダ

 

 

 

マカロニサラダ

 

 

 

 

マスカットと梨

 

 

これだけの心の込もったお食事のDānaを頂戴しながら、「リトリート参加者は瞑想のことだけに集中していればいいんですよ」と皆さんからお言葉をいただきます。なんという修行環境でしょう!感謝の言葉もありません。

托鉢会の後には、無礙解道の伝法が行われました。
本日は、四善修習の最後に開示されている十種の修習のプロセス(十種如義)についての講義の第一回目です。
十種如義は無礙解道第一章「Ñāṇaの章」を出典元としており、それに関連して、
近年の上座部系書籍などで正しい定義が示されず、実質的な同義語として扱われてしまっているPaññindriya-cetasika(慧根心所)、Paññā(慧)、Ñāṇa(智)が、実はまったく異なる働きを担う別々のダンマである旨、各定義についての詳細な解説とともに、伝法していただきました。
無礙解道の伝法が始まって半年がたちましたが、回を重ねる毎にその内容の深遠さに驚くばかりです。

次回の講義を楽しみにしつつ、これからリトリートのラストスパートに入ります!

 

参学者K

 

 

第39回托鉢会、無礙解道論伝法、夏期リトリート開始

久しぶりに土曜日に一日お休みが取れたので、托鉢絵、及びリトリート初日に参加しました。道場に着くと、メダカの水槽が一回り大きなものに変わっており、中のメダカたちも、かなり成長して元気に泳ぎ回っていました。見ていると心が大変和みます。

仏教の八戒では、正午以降に食事が取れないので、午前10時前から場所のセッティングや料理の盛り付けなどの準備を始め、托鉢絵は10時半頃からの開始となります。

参加者全員で食厭想をパーリ語でお唱えしてから、皆が持ち寄った料理を頂きます。手作りだったり、お店で買ったものだったりと様々ですが、どれも禅師や参加者の方々のことを思った心にこもった品々が並びます。

托鉢会に参加して、凄いなと思うのは典座のIさんです。いつも食事が始まる前に、持ち寄られた料理一つ一つの名まえと材料、調理法、そしてどなたが持って来たのかを丹念にチェックして、それを全部覚えてしまいます。品数の多いときなど、結構大変な作業だと思いますが、Iさんは事もなげにサラッとこなしてしまいます。そしてそれを食事が始まる前にすべて禅師に説明します。

禅師はそれをじっと静かに聞いておられます。おそらく大変な集中力をもって耳を傾けておられるのだと思います。この場面は何度経験しても、心地よい緊張感が伝わって来ます。

少し前に現代語訳の出た小部経典の『天宮事経』などを見ると、お釈迦様やそのお弟子さんたちに食事のお布施をすることで、在家信者たちが大きな福徳を積んで、天界などに転生するお話がたくさん出てきます。21世紀になっても、それと同じような素晴らしい機会があるということは、大変ありがたいことだと思います。今のところ仕事の関係で、参加できる回数は限られていますが、禅師や毎回準備に携わっている方々に、ここで改めてお礼を申し上げたいと思います。

 

本日から傳修院開山以来二度目の八泊九日の長期リトリートがはじまります。
リトリートのスタートは、正午からの八戒の受戒、及び「無礙解道論」についての法話です。現在は修行法やそのコツについて説かれた「四善修習」を、経典の一行一行を解説する形で進められています。私は飛び飛びでしか参加できていないので、その全貌はつかめていませんが、これから瞑想修行を継続していく上で、非常に重要なダンマが凝縮して説かれています。

詳細は省きますが、今回の講義では、Susamāraddha(完全に等しいレベルに達するまでの精進)というキータームを中心に、三十七菩提分法の重要性が再度強調されていました。

思い起こせば数年前、初めて禅師にアーナパーナサティのやり方を教わった時、正直に言うと「あまり本などに書いていない少し変わった方法だなあ、出典はどこなんだろう?」という感想を持ちました。そして今まさに、二十数回に渡る連続講義において、「無礙解道論」の詳しい解説を通じて、傳修院で伝えられている瞑想法の正統性をはっきりと知ることができました。

禅師が数十年に渡って研究されて来た成果を、惜しげもなく私たちに伝法下さっている事を考えると、実に稀有な機会に遭遇しているのだということに気づかされ、本当にありがたいことだと感謝の気持ちが湧いてきます。

無礙解道の伝法に続き、午後1時から第一座が始まりました。リトリート初参加の方がいらっしゃったのでお話を伺ったところ、「家に居るときと違って落ち着いて瞑想しやすかったので、今度はもっと長く参加できたらいいです」という感想を頂きました。

これは本当にそうで、道場独特の静謐な雰囲気の中で長時間坐ると、やはり家出する時とは違った新たな気づきや発見がたくさんあると思います。「早朝から一日中瞑想はきついかも…」と躊躇して、まだ一度も参加されていない方は、泊まらずに日帰りという方法もありますので、まずは出来る範囲でトライしてみたらいかがでしょうか。

参学者Q

第38回托鉢会

托鉢会に参加させていただきました。

連日の猛暑で、道場に向かう朝の道程から汗が噴き出す感じでしたが、参学者の方が用意されたブルーを基調としたお釈迦様への御供花を見て、とても涼やかな気分になりました。

 

 

 

 

本日の托鉢会に並んだ料理は

 

 

「アボカドとかまぼこのわさび和え」

 

 

 

 

「大根サラダ」

 

 

 

 

「鯖のキムチ煮」

 

 

 

 

「肉じゃが」

 

 

 

 

「ビーンズサラダ」

 

 

 

 

「豚肉のナスソース」

 

 

 

 

「浅漬け」

 

 

 

 

「キウイフルーツ」

 

 

「酵素玄米」

 

 

でした。

今回は冷蔵庫を活用されることで、托鉢会に参加できなかった方のお料理も並びました。

私自身は、普段、全く料理はしないので、週末に頭を悩ませることが多く、大した料理も持っていけません。

たまに実家に帰った時は、母親に托鉢会を説明して、良い積徳の機会として、彼女の料理を持って行ったりしていたのですが、冷蔵庫や冷凍庫を利用すれば、もっと提供できるかなと思いました。

参学者の方で、土曜日の托鉢会への参加が難しい方も、冷凍庫を利用することで、禅師へのお食事のお布施が成立するかもしれません。

メール等でご指示いただければ解凍や準備の作業は当日の参加者でできると思いますので、普段キッチンに立たれているご自身、またはご家族の良い積徳の機会として、料理が得意な方々のお布施が増えてくれば良いのかなと思いました。

明日は外部会場で原始仏教トーク&初転法輪祭なので、托鉢会の後、仏具や機材群をを取りまとめ、移動車に詰め込みました。

来週の托鉢会から夏季の長期リトリートが始まります。

蓮の花が、ちょうど二つ蕾をつけていますので、来週綺麗な花を咲かせてくれるのではないかと期待しています。

 

 

参学者L

 

 

第37回托鉢会

今日は仕事がお休みだったので、片道2時間半かけ傳修院に行き、托鉢会に参加しました。

久しぶりに行くと、メダカの赤ちゃんが居て、とても可愛かったです。

10時半になると、托鉢会が始まりました。

皆さんの手作り&持ち寄った料理は、どれも美味しかったです。

ニシンの昆布巻き

紀州の梅

ポテトサラダ

八宝菜

ひじきと海藻の和え物

私は傳修院に行ける機会が少なく、最初はとても緊張しましたが、和やかな雰囲気でほっとしました。

お食事のお布施ができる貴重な機会なので、また参加できたらいいなと思います。

 

 

参学者N