カティナ法要&傳修院道場の開白日

昨日11月12日、マハーカルナー傳修院千駄堀道場にて、カティナ法要及び道場開きが執り行われました。道場開きため、数日前から参学者の方々が泊まり込みで作務を行い、当日は40名近くの方が傳修院に来られて、めでたく道場開きとなりました。

マハーカルナー禅師と参学者の方々

カティナ法要にて衣などの御布施
禅師からは皆さんにお菓子が配られました

道場は新しく綺麗であり、清らかな雰囲気の中で、お釈迦様の像に三拝させていただきました。日本の修行者として、原始仏教が学べる道場が日本に出来たことは大変嬉しく思います。

「新しい道場ということで、最初にお話するのがもう少し縁起の良い話が出来ればよかったのですが」とおっしゃっておりましたが、禅師より、特別法話「法難 - パオの法脈、律とサンガ、Garuka Kamma、現代テーラワーダ仏教の正しい理解を背景として」のお話がありました。

現在、マハーカルナー禅師およびマハーカルナー禅師に教えを受けている修行者は、大変な困難に遭っております。元スタッフを含む数名が結託して、禅師より管理を任されていたホームページやメールアドレスを乗っ取り、事実無根の誹謗中傷を掲載した上で、大勢の修行者に対し、おそよ有り得ない内容の作り話をメーリングリストにて配信しました。

実行者に元スタッフが含まれていたことから、多くの修行者が混乱する事態となりました。正に法難の時と言えますが、道場に来られた方々は、禅師の法話を聞き、十分に時間をとって質疑応答をしたことで、ほとんどの方は疑いの気持ちが綺麗に霧散したかと思います。

禅師は以前と全く変わらずに、明瞭にパーラジカ、律とサンガなどについてお話になり、ご自分のことより、今回の騒動で、毒を浴びてしまった修行者の方々を大変心配されておりました。

そして、誹謗中傷されている内容については、そのようなことは一切ないと、きっぱりと否定されております。また禅師本人には、今日に至るまで、今回のことについて元スタッフから事実確認すらないそうです。

私は禅師も元スタッフも知っている以前からの修行者として、複数の関係者の方とお話し、昨日は禅師のお話を聞きましたが、自分自身で直接確認したことを含め、公平に考えて出した結論としては、虚言による全くの濡れ衣ということです。堅固な戒に守られた禅師はダンマを汚すようなことは露程もしていないとお釈迦様に誓ってはっきりと言えます。

元スタッフがなぜ真摯に仏教だけをされてきた禅師を陥れ、サンガを壊すような大それた悪意に巻き込まれたのか、心に隙間があったとしか思えませんが、自らが五戒を破り続けている状況で何か言われましても、当然ながら信じることは出来ません。

禅師がお話された法話はビデオで撮影しており、道場に参学された際に、ご覧いただけるように致しますので、疑いの気持ちが残っている修行者の方は、ご覧になられると宜しいかと思います。

大変有り難いことに、マハーカルナー禅師は今後も我々に貴重なダンマを説いていただけるとのことで、修行者による修行者のための活動も、変わらずに続けていきます。

ホームページやメールアドレスは乗っ取られたまま、我々修行者からの御布施で得た器材や車も元スタッフに持ち出されたまま返ってこない状況ではございますが、正しいダンマの法灯はこんなことでは消えません。苦難によって信をさらに強くし、涅槃に向けて修行を行っていきたいです。

修行者の方々には、心配されるようなことは何もありませんので、どうか安心していただけたらと思います。皆さんの修行の成功を心よりお祈り申し上げます。【参学者B】

Sādhu sādhu sādhu

※ご指摘があったので一部修正の上で追記します。本投稿は一参学者である私Bが書き、投稿しました。五戒については、私自身が直接に確認した事実に基づきます。

元スタッフの方には、これまでは感謝しかなく、今回このような騒動を起こされたのは大変ショックであり、とても悲しく、そして非常に残念に思っております。皆さんの心に平安が訪れますように祈念させていただきます。