第28回托鉢会、無礙解道論伝法、週末リトリート開始

今日は托鉢会に参加しました。

本日の食事は以下の通り。

牛肉と野菜の煮物

鶏肉と野菜の和え物

白身魚のムニエル

サラダ、発酵玄米です。

発酵玄米は、毎日手を入れる必要があるため、道場で維持することが難しいのですが、今回は何と禅師が自らお作りになり、道場まで持ってきて下さいました!

食厭想をしながら食事をいただいた後は、五月の爽やかな風と、道場の清らかで静謐な雰囲気を感じながら、呼吸に意識を合わせて座っています。平日の慌ただしい生活が嘘のようです。

蓮は順調に育ちメダカも元気です!

正午に授戒が行われた後は、無礙解道論の法話です。初三・中三・後四(道清浄・中捨・法悦)の復習、三轉・三善・十相具足の解説、初三・中三・後四の時系列上の展開について解説され、禅定に至るまで流れについて具体的なイメージを描けるようになりました。瞑想は、進めば進むほど楽しそうだなと感じました。

法話の後はリトリートで瞑想三昧です。五蓋に翻弄されないようしっかり修行したいと思います。

参学者S

GW傳修院リトリート

傳修院では4/28-5/6の9日間という初の長期リトリートが行われました!全日程参加する人、部分参加する人様々でしたが、この期間多くの修行者が道場を訪れ一心に瞑想修行されました。私は道場に8泊して存分に参加させていただきましたのでリトリートの模様をお伝えしたいと思います。

<リトリート全体について>

チャンティング、作務、食事以外の時間は瞑想及び休憩の時間になっております。基本1時間の瞑想→30分の休憩のリズムで鐘がなります。もちろん休憩時間であっても存分に瞑想出来ます!スケジュール通りに瞑想すると1日8時間瞑想することになります。これを聞くと「そんなに瞑想したことないし、無理だ…」と尻込みする人がいるかもしれませんが心配ありません。第1瞑想室は座ってのあるいは立ちながら瞑想する部屋となっていますが、第2瞑想室は歩きながら瞑想出来る部屋になっており各自その都度適した姿勢で瞑想出来る環境になっております。私は長時間座るのがまだまだ苦手なのでよく第2瞑想室で過ごしています。瞑想の調子がいい人、悪い人関係なく参加いただけるリトリートになっていると思います。

家庭菜園も順調です!

<食事について>

参学者のからのお布施または参加者持ち寄りの食材で料理担当(仏教用語で典座というらしいです)のIさんが趣向を凝らし料理を提供してくれます。ご本人は「これも前行だから…」と粛々とこなしていらっしゃいましたが、これだけの長期間修行の体を支えていただいたこと感謝しきれません。

 


また今回から参学者有志により発酵玄米が導入されました。とても美味しいのと同時に腹持ちが良く機能的で大好評でした!
食事前には食厭想を行い、修行者として食事を貪らぬよう静かに向き合いました。

<無礙解道論をベースとしたアーナパーナサティの瞑想指導>

無礙解道論の解説が先月のリトリート、水曜瞑想会から始まっています。法を求める修行者が「これだけは、何としても見逃せない!」と熱心に駆けつける姿が見られ、大変刺激を受けています。このリトリートでも計3回講義が行われました。私は数年前から禅師から瞑想指導を受けていますが、禅師のあの指導の元はコレだったのか!と壮大なタネ明かしを感じるとともにサーリプッタ尊者の口伝とされるこの精妙な法に感銘を受けています。

リトリート期間中参加者には個人インタビューが行われます。各々が置かれている立場、状況に応じて様々なアドバイスを受けることが出来ます。私が受けて来た経験では禅師のクリティカルな言葉にアスピレーションが刺激されたこと数しれません。他参加者の皆さんもぐっと背中を押してもらっているのではないでしょうか?

<リトリートを終えて>

私自身十分に心身を整えてリトリートに臨めたわけではなかったため、3日目ぐらいまで調子が出ず七転八倒しました。徐々に調子が出て来て、忘れていたコツ、新たな発見、自分の課題などさまざまなことが分かりたくさんのお土産を持って帰ることができました。瞑想の進歩は一筋縄ではいきませんが、長期間、調子のアップダウンありながら瞑想することで各自得るものがあることでしょう。

さて次回は5/26(土)-5/27(日)でリトリートが開催されます。一泊ですので、まだ参加されたことがない方も気軽に参加いただけるものと思います。
一緒に修行致しましょう!

参学者C

2018年年始法話&第8回水曜瞑想会

一月一日
新年特別講話#1「Newness」

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

傳修院では年越しを道場で過ごすセルフリトリートが行われておりました。テレビも無い環境で好きなだけ座ったり、作務をしたり、仏教書を読むことができました。

新年最初の宿泊者には完全ビーガン料理がふるまわれました。けんちん汁+お餅(各自の好みでお雑煮に)、大豆の煮物、切り干し大根と昆布の漬物などです。心だけでなく体のデトックスもできますね。
土曜の托鉢会でも一部はベジタリアン・ビーガン料理が提供されます。興味のある方はぜひお越しになってください。動物性のお料理もありますので、お好みで取り分けることができます。

午後からはマハーカルナー禅師による新年最初の法話が行われました。
テーマは「Newness – 新しい夜明け -」。仏教修行における大切なコツをお話していただきました。
新年から法話を聞きに行くことができる環境が整ったのも、道場開山の大きなメリットです。
法話のあとは軽い懇親会も行われました。

今年も皆様に幸多き年になりますよう、お祈り申し上げます。

参学者R

__________

一月二日
新年特別講話#2「Oneness」
本日は、午後2時から新年特別講話の第2回目として、「Oneness」について禅師からお話しいただきました。

この「Oneness」は、自分と他の有情とは一体であり、両者を区別する境界線という物はないという教えで、心をKusalaにするための重要なカギであると教えていただきました。確かに、自分と他人の間に境界線を引き、区別して比較するから、DosaなどのAkusala Cetasikaが生起するのであって、その区別が無くなったならば、全ての有情が「私」と同一となるため、慈悲の感情しか残らなくなるのではないかと思います。個人的に慈悲の瞑想があまりうまくいかなかった原因は、この「Oneness」という考え方がしっかりと理解されていなかったからだと思いました。 ところで、今回の講義では、「ブッダ(あるいは仏弟子や直接の師)とのOneness」、「瞑想の対象とのOneness」、「法友とのOneness」、「一般社会で関わる人とのOneness」の4つの「Oneness」について実践するようにご指導いただきましたが、特に2番目の「瞑想の対象とのOneness」については、正直驚きました。対象を感じたり、対象を念じたりする「私」というものを意識しているうちは、本物の瞑想ではないということでしょうか。このことについては、もう少し考察してみたいと思います。
以上のように、時間的には短いですが、実に深い内容であって、今後の修行に大いに役立つ内容の講義でした。
皆様も時間の許す限り、道場にお越し頂き、禅師の御法話をお聞きいただければと思います。

参学者Y

___________

一月三日
新年特別講話#3「Self-transcendence」
新年特別法話の三日目、最終日です。
禅師が法話の前にお正月を師や法友と過ごすことのすばらしさについて言及されていました。
一年の初めを傳修院で過ごし功徳を積んでいることをかみしめました。

本日のテーマはSelf-trancendence-自分を超える-でした.
Māna(慢心)についてさまざまな角度からお話ししていただきました。
Mānaについてはアビダンマ講座ですでに学習済みではありましたが本日拝聴して改めて気づかされることがありました。
いかなることにおいても自分と他人とを比べる必要がない、競争すべきは自分自身の過去、自分の限界だというのが印象的でした。
競争社会で生きている私たちはついつい人と比べがちなのでこの事を胸に刻んで無貪に励みたいと思います。

さて、次回は1月6日(土)、傳修院開山後初の原始仏教トークです。会場は稔(みのり)台市民センター小ホールですのでお間違いないようお気を付けください。お誘い合わせのうえ、どうぞご参加ください。

参学者T

___________

今回の水曜瞑想会は、新年特別講話の後、午後3時から行われました。

まず、チャンティングをし、瞑想です。
私は初めての参加でした。
禅師とともに座らせていただくことに気が引き締まり過ぎ、緊張してしまいましたが、素晴らしい時間でした!

ミニ法話は「アスピレーションと出家」です。

・たとえ食べるものがなくてもダンマ無しには生きられない!という湧き上がるような、最高に高まったアスピレーションがあり、そこで初めて出家を考える。
・毎日誓願をする。
・周りの環境が次第に整ってくる。
・「Ehi Bhikkhu!(来たれ 比丘よ)」
まさにそのようにお釈迦様に認めていただけたら、周りの人たちからも祝福されるような出家の機会が自然と与えられる。

出家とは決して、自分の意思を押し通してするものではない。
そうでなければ、一生涯比丘としていられない、長続きしない、ということでした。

また、
ダンマが無ければ生きられない、ダンマに身をゆだねたい、という自己放棄の感覚、最高のアスピレーションがあれば、出家であれ在家であれ、涅槃はすぐそこに見えてくる、とおっしゃっていました。

「Ehi Bhikkhu!」
お釈迦様の祝福の中、お釈迦様についてゆくことができたら、どんなに幸福でしょうか。
考えただけでも胸が熱くなってしまいます。

在家である私たちは、禅師にお会いし、法話を聴き、法友と集うことで、アスピレーションを守り育てることができます。
ともに精進させていただきたいと、思います!

水曜瞑想会、短くとも大変濃密な時間でした。

さて、来たる 1月6日(土)、原始仏教トークが行われます。
お釈迦様の歩まれた古の道…
ともに涅槃証悟への決意を新たに…
禅師の最高のアスピレーションに触れることができそうで、私も楽しみにしています。
たくさんの方の参加をお待ちしています!

参学者 U