第3回水曜瞑想会

仕事が忙しくこれまで参加出来ておりませんでしたが、本日は仕事を振り切って水曜瞑想会に初参加しました。


■瞑想
まずは一座、瞑想をします。道場が出来る前は、禅師と一緒に座れる機会は少なかったので嬉しく思います。

瞑想を始める際は、まず原始仏教の瞑想の基本となるアーナパーナサティの経典をチャンティング(口唱)します。チャンティングをすることで心がクサラ(善)になり、瞑想の入りがよくなります。

■法話
本日の法話は“Dhamma of the Mind”。「思考で捉えたDhamma」「論理で積み上げたDhamma」。

多くの修行者が犯す過ちとして、ダンマを頭で理解しているだけになっていないか、涅槃証悟するためにどう修行を進めて行けば良いかについてお話を聞かせていただきました。

・Dhamma of the Mind has Very short life.
頭で理解しただけのダンマの寿命はとても短い(不完全なダンマは留まらない)

Aspiration of the Mind will Never reach nibbāna.
思考で捉えた菩提心、理由付けされた菩提心では決して涅槃は証悟出来ない(あの先生はアラハンだから師事する等)

まずこちらのお話があり、ではどうすればよいのかについては

・今、あなたの心に菩提心が燃えているか、サッダー(信)が燃えているか
・仏教は頭ではなく、五感と心で経験し、その体験を蓄積し、仏教を心で掴む。こうして無条件のサッダーやアスピレーションを育てていく。

このように禅師は説かれておられました。私もこうして直接禅師にお会いし、法話を聞くと、心がダンマに向かい、いつもサッダーやアスピレーションが一新されます。

「今、サッダーが燃えていなければ禅定には入れない。今、サッダーが燃えていれば、五蓋の抑制は簡単となり、五蓋が抑制されていればウパチャーラサマーディ(近行定)に入れる」というお話も、瞑想の入りの良さや、深く強力な専注には、サッダーが必要不可欠であることを再認識させられ、次に瞑想する時に早速試したいと思いました。

また、頻繁に道場に来られない遠隔地の修行者や、私のような仕事が忙しい人間(社畜)でも、ダンマを五感を通して感じられるようにと、傳修院TVや傳修院ラジオ(予定)などで動画やオーディオを公開していくお話もありました。

最後に禅師から修行者にお菓子の手渡しがあり、有り難く、とても嬉しくなります^^

参学者B

日曜傳修会&アビダンマ講座第200回

本日は日曜傳修会でした。

2013年から始まったアビダンマ講座も第200回!を迎えました。二十四縁起中伝第2回が傳修されました。過去の講義への深い理解が求められる重厚な内容になっており、復習を迫られます!

続いてダンマに関する質疑応答です。

修行日誌の重要性やNekkhammaで座ることなどが語られ、大いに刺激を受けました。

その後は瞑想をする人、過去の法話を聞く人、清掃修行に勤しむ人、談話室で読書する人など思い思いに過ごしました。談話室にはみなさんの大好きな南伝大蔵経をはじめとして、様々仏教書を用意していますので、是非ご活用ください!!

参学者C

 

 

 

第2回托鉢会

本日は托鉢会でした。

みなさん家で調理したり、惣菜を買ってきたりして禅師に食べていただきたい料理を持ち寄りました。もちろん道場で調理されるかたもいます!

そして禅師にお食事のお布施です!何度しても気持ち良いものです。

食事の後は禅師、法友のみなさんと時を忘れてダンマトークに花を咲かせます。禅師とざっくばらんにお話出来る機会はこれまであまりなかったので実に嬉しいですね。

そしてTwitterで禅師もお知らせしていますが瞑想中を知らせることが出来るキュートなカードを設置しました。大変便利でいいですね!

明日は日曜傳修会です、是非ご来山いただき一緒に修行しましょう!!

参学者C

第2回水曜瞑想会&祝日の作務

昨日は水曜瞑想会でした。

午後8時から30分の瞑想、続いて15分のミニ法話が行なわれました。仕事帰りにお立ち寄りいただけるのにピッタリな時間、内容になっています!

まずは30分禅師とともに座ります。このような特別な一座があると、その一座に向けてコンディションを整える意思が湧き上がります。

そしてミニ法話「依報清浄ならざれば法験えがたし」。道場のいたるところに掲示されてるこの一節について詳細な解説がなされました。


信を前面に打ち出しながら、清浄な雰囲気が感じられるまで環境を清潔にする重要性が語られました!幸いにも道場には清掃する箇所がたくさんあります。瞑想の前行として是非ご一緒に清掃修行をいたしましょう。お待ちしております!!

さて、今日が祝日ということもあり、昨日は瞑想会終了後、数名の参学者が宿泊し、それぞれ作務や瞑想に勤しみました。

今日は、瞑想ルームとインタビュールームの照明器具のつけ替え、宿泊部屋の鍵の取り付け、ダーナしていただいた座蒲の高さ調整など、普段なかなかできない作務をさせていただきました。

今まで培ってきた技能を生かしてハンダ付けする参学者、はじめての裁縫に奮闘する参学者など珍しい光景が見られました!(笑)

 

瞑想ルーム、インタビュールームは明るく心地よい照明環境に変貌し、女子の部屋には鍵が取り付けられました。座蒲は3種類の高さをご用意いたしました。

傳修院は各自が持てる能力をそれぞれ発揮し、日々進化しています。土曜の托鉢会、日曜の傳修会、是非ご来山下さい!!

参学者C

日曜傳修会&アビダンマ講座再開

昨日は日曜瞑想会でした。

待望のアビダンマ講座が再開しました。二十四縁起中伝という今まであまり明かされることなかった貴重かつ重厚なダンマの伝授開始です!

つづいて修行報告に基づく瞑想指導です。今回の騒動に心を乱しつつも、前を向き日々の修行を坦々と行う法友の姿には大いに励まされます。
禅師からは傳修院の迅速な立ち上げに尽力された修行者に対する感謝が述べられました。その真摯で誠実な姿には胸が熱くなります。
参学者への激励として心の動揺に気づくこと、新しい道場で仲間たちと楽しく修行を行なっていくことが語られました!

さて今回は茶菓子の盛られた交流スペースが設けられたり、名札が配られるなど法友同士の距離が近くなるような試みがありました。厳格な修行が出来ると同時にアットホームで新しい参学者も入りやすい雰囲気が出来つつあると感じます!

イベントが終わった後は好きなだけ瞑想をする、法友と交流するなど思い思いに過ごすことが出来るのがいいですね。泊まり込みでパーリ語の学習をされる方もいらっしゃり、道場の活用は無限だと驚嘆するばかりです!!

毎週水曜瞑想会、土曜は托鉢会、日曜瞑想会とイベント盛り沢山です。是非参加して楽しく修行して行きましょう!!

参学者C

第1回托鉢会

昨日は初の托鉢会が行われました。
昼前に料理を持ち寄り参学者の皆さんが集まりました!
美味しそうな惣菜を買ってきた人、料理の腕を振るった人、ご家族と協力して準備した人…
皆さんの料理を並べると実に豪華です!

そして禅師に食事を差し上げ、この素晴らしい善行為の功徳を回向しました。


食事はもちろん大変美味しく、禅師と談笑して楽しい時間を過ごしました。

その後、瞑想ルームで座る、新しく設置されたビデオ試聴システムで法話を聞くなどしてみなさん修行道場を満喫しました!イベントの前後では瞑想、学習、作務など自由に過ごすことができるのが素晴らしいですね!!

本日はいよいよアビダンマ講座が再開です。善友同士の交流スペースも設けています。ぜひご参加いただき、この禅師と参学者のみなさんのダーナと汗の結晶である道場をどんどん活用し、盛り上げていきましょう!!

参学者C

第1回水曜瞑想会

昨日は初の水曜瞑想会でした。

主に仕事帰りの修行者が集まり,30分の瞑想とミニ法話会が行われました。

30分の瞑想では禅師も共に座られて(今までなかったことです!)非常に好い雰囲気の中で座ることができました。

禅師と一緒に座ったからといって劇的に進歩することはありませんでしたが笑 良い影響を受けたことは間違いありません。

続いてミニ法話「高い意識と低い意識」です。改めて五戒を護持し、身口意を管理することの重要性が語られました。

今の心を詳細に分析することは難しいけれど、今の意識は高いのか低いのかをチェックするだけで不善な状態から離れ、善なる状態を保ちやすくなるそうです!

昨今禅師の周囲に吹き荒れた世間の風に傷ついた修行者を癒し、戒める内容だったと思います。

今後水曜瞑想会のミニ法話はyoutubeにアップされる予定です。大好評だったポッドキャストの続編という位置付けですので是非お楽しみに!

個人的には俗世間の塵垢が溜まってきた週の真ん中でこのような会があること素晴らしく思います。

さて傳修院では今後もこれも初となる托鉢会を18(土)に、お待ちかねのアビダンマ講座を19(日)に行う予定です。

新しい環境、仲間を嬉しく思う一方で古くからの仲間がいない事を寂しく思っています。

ネット上の空虚なやり取りでは迷いを晴らすことは不可能です。

みなさんの貴重なダーナによって必要な品々もどんどん集まって、道場は本当に素晴らしい雰囲気になってます。

是非傳修院にお越しいただき自らの目でお確かめ下さい!お待ちしています!!

【修行者C】

カティナ法要&傳修院道場の開白日

昨日11月12日、マハーカルナー傳修院千駄堀道場にて、カティナ法要及び道場開きが執り行われました。道場開きため、数日前から参学者の方々が泊まり込みで作務を行い、当日は40名近くの方が傳修院に来られて道場開きとなりました。

マハーカルナー禅師と参学者の方々

カティナ法要にて衣などの御布施
禅師からは皆様にお菓子が配られました

道場は新しく綺麗であり、清らかな雰囲気の中で、お釈迦様の像に三拝させていただきました。日本の修行者として、原始仏教が学べる道場が日本に出来たことは大変嬉しく思います。

「新しい道場ということで、最初にお話するのがもう少し縁起の良い話が出来ればよかったのですが」とおっしゃっておりましたが、禅師より、特別法話「法難 - パオの法脈、律とサンガ、Garuka Kamma、現代テーラワーダ仏教の正しい理解を背景として」のお話がありました。

現在、マハーカルナー禅師およびマハーカルナー禅師に教えを受けている修行者は、大変な困難に遭っております。元スタッフが結託し、禅師より管理を任されていたホームページが書き換えられ、メールが配信されるなどの騒動が発生しました。

実行者が元スタッフだったことから、多くの修行者が混乱する事態となっておりますが、道場に来られた方々は、禅師の法話を聞き、十分に時間をとって質疑応答をしたことで、ほとんどの方は疑いの気持ちが霧散したかと思います。

禅師は以前と変わらずに、明瞭にパーラージカ、律とサンガなどについてお話になり、ご自分のことより、今回の騒動で、毒を浴びてしまった修行者の方々を大変心配されておりました。

そして、疑われているようなことは一切ないと、きっぱりと否定されておりました。また禅師本人には、今日に至るまで、今回のことについて元スタッフから事実確認はなかったそうです。

元スタッフがなぜこのようなことを行ったのか分かりませんが、マハーカルナー禅師は今後も我々に貴重なダンマを説いていただけるとのことで、修行者による修行者のための活動も、変わらずに続けていきます。

ホームページやメーリングリストは乗っ取られたまま、我々修行者からの御布施で得た器材や車も元スタッフに持ち出されたまま返ってこない状況ですが、ただ涅槃へ向かい、修行を続けていきたいです。

皆様の修行の成功を心よりお祈り申し上げます。【参学者B】

※ご指摘があったので一部修正の上で追記します。本投稿は参学者である私Bが書き、投稿しました。

元スタッフの方々には、これまで感謝しかなく、このようなこととなり大変ショックを受けております。皆様の心に平安が訪れますように祈念させていただきます。