2018/12/5 第56回水曜瞑想会

水曜瞑想会では、まず30分、禅師と共に瞑想します。瞑想を毎日長い時間・長い期間に渡って継続することは、私には難しいことです。そんな瞑想初心者の私も、傳修院に通うようになってから毎日…ではないのですが、曲がりなりにも瞑想を続けてきて、先日気が付いたことがありました。

以前、禅師から「dosa(瞋恚・怒り)はすべてを焼き尽くしてしまう。これまで長い時間をかけて苦労して積み上げてきたものを一瞬にして失ってしまうことになる。dosaの生起には細心の注意を払うように」という内容の法話を聞いたことがあります。私は「そうか、確かにそうだ。気を付けよう」と考えましたが、しかし、その実、その時は法話の内容を今一つ自分のこととして捉えていなかったのです。私は子どものころから大人しい性格で、他人に怒りを向けることはほとんどありませんでした。むしろ、自分は他人に対して怒れないことが問題なのだと感じていました。家族でも職場の同僚でも私を怖がる人はいませんし、むしろ軽く見られてないがしろにされることが多い人間です。

そんな私でもたまに腹が立つことがあります。瞑想を続けていくに従って、そうした「たまに生起する怒り」も回数が減っていくのを実感しました。例えば身近な存在である配偶者のちょっとした言葉への怒り、自己中心的な職場の同僚の身勝手な言動への怒り、そうしたものも、瞑想を続けることで減っていったのです。

…と、思っていました。ところが、最近、日常生活でさらに心をより微細に観察するようになると、実にさまざまな場面、機会で、心に微妙なdosaが次々と生じるのがみえてきました。それは怒りとはいえない小さな嫌悪感であったり、感情になる前の拒絶する雰囲気のようなものであったり、ほんの小さな不安感のようなものであったりしますが、自分がなにかを次々と拒もうとしているのが分かります。「ああ、自分は子どもの頃から他人に怒りを示すことなどない温厚な人間だと思ってきたし、激怒してみせて人を自分の思い通りに動かそうとする人、威張って他人に対して怒鳴るような人、そんな人たちを軽蔑してきたけど、それは大きな誤りで、自分こそが常に他人に怒りを感じている人間、とても怒りやすい人間だったのだ!」と気が付きました。

これからの課題は、生起したdosaにすぐ気付き、代わりに慈しみの心を起こさなければいけないということでしょうか。そういえば、ちょうど、日曜瞑想会では禅師による慈経の講義が佳境に入ったところです。慈経のパーリ語の単語ひとつひとつを丁寧に紐解いていく禅師の講義を聴き、よく隨念することで、私にもadosa(無瞋)な慈悲の心が生まれるようになるのでしょうか。

今日の法話は、無礙解道・根論の4回目、十行相の後半の伝法に入りました。十行相の前半で五根(信根・精進根・念根・定根・慧根)はカウンターダンマによって清浄化されました。十行相の後半では、禅定によって五根を妨げるものを抑制することにより五根を活性化し、さらにヴィパッサナーによってそれを促進し、五根を陽転させることが説かれます。併せて禅師からは根(indriya)についての説明、cetasikaとindriyaの違い(たとえばsatiとsatindriyaの違い)、22ある根のなかでとりわけ五根が重要であること、そして、五根と五力の関係についてなどの詳しい伝法がありました。スタンザの解説の射程は深く四向四果にまで届きました。そして朗報ですが、これまでの無礙解道の伝法についてすべての法話を配信準備中とのことです。

さて、今日も帰り道で善友の方々と少しお話しする機会がありました。禅師と一緒に瞑想すると内面に深く入れるのでできるだけ禅師のすぐそばに坐りたいという方、ご両親の介護の負担がだんだん高くなっていくなかご自分の修行も傳修院での作務も怠りなく進める方など、お話を伺っていて非常に感心しました。自分はあまり社交的ではないためこの様な機会も少ないなか、傳修院に通うことで得難いご縁がいただけて嬉しいです。徳分のある方々はさらに積徳のため精進されるものだと感じ入りました。

参学者SA

2018/12/1 第54回托鉢会、メディテーションワークショップ「自宅で瞑想する」


托鉢会から参加させていただきました。

参学者の奥様がお作りになられたラタトゥイユ など数々のお料理が御布施として並びました。

ビーフシチュー

ラタトゥイユ

かぼちゃサラダ

大根の甘酢あんかけ

アスパラとキノコの和え物

お料理の得意でない方も、奥様やお母様の積徳の機会として、托鉢会は大いに利用できるので 大変ありがたいと思いました。

托鉢会の後は、車に器材を皆で協力して積み込み、銀座のワークショップの会場に向かいました。

会場は大変盛況で、新しい参加者の方がたくさんいらしていて、とても嬉しかったです。

禅師によって、お釈迦様直伝のアナパナサティの瞑想法がご指導され、参加者の方々も、熱心にメモを取られていました。

そして、禅師と一緒に数分間の間だけでしたが、色々実体験されている姿がとても印象に残りました。

その後の質問コーナーでも、参加者全員にプラサードとして渡された チョコパイとクッキーを食べながら、色々なざっくばらんな質問について、禅師がご回答され、とてもカジュアルな雰囲気の中で、参加者の方々も色々と学ばれていらっしゃるようでした。

 

これからのワークショップにも、新しい参加者の方がたくさん参加され、また本日習った瞑想を日々実践されて、また新たな発見や疑問点を持って、リピーターとして参加してくださる方が増えると嬉しいなあと思いました。

ワークショップ終了後、道場に戻ってからは、法友と瞑想修行したり、ダンマトークをしたりして過ごしました。

ゆっくりとお釈迦様のダンマに心を専注できる場所があることは、とても心強くありがたいことだなと思いました。

参学者L

2018/11/28 第55回水曜瞑想会

水曜瞑想会は、日々の喧騒から離れて瞑想に専念できる貴重な機会です。
本日は30分の瞑想終了後、無礙解道の根論・十行相についての伝法がありました。

五根(信根・精進根・念根・定根・慧根)にはそれぞれAkusalaのcounter dhammaがあり(不信・懈怠・放逸・掉挙・無明)、誓願や前行を通じてこれらの不善法を徹底的に抑制することが、五根を清浄化する第一歩となります。対立する不善法の抑制を続けるうちにその土壌に五根が発芽し、育ち、次第に対立不善法が生起しにくくなります。

一般にKusalaはどこまでも広がる性質を持っています。Mettāでは対象の領域が道場、街、国、地球、宇宙とどこまでも広がっていき、Nekkhanmaでは、単に手放すだけではなく、一切の所有権を放棄して一切有情と分かち合うまでの広大な心に成長していきます。同じように、各五根はどこまでも広く深く大きくなっていく質を持っています。

精進根では、絶対に怠けないと誓願をして、1〜2日寝ないで続けられる程の圧倒的なエネルギーが出るまで高めることが求められます。

念根については、Tatramajjhattatāを母親とし(※1)、Paññāをパートナーとし、HiriとOttappa(※2)を呼吸して初めてSatiとなります。「雑念!」と念じて雑念を撃ち墜とそうとするのは不善思考であってSatiではありません。

※1 あるがままに受け入れることがSatiであり、その清浄化にはTatramajjhattatāが不可欠です。
※2 念根のcounter dhammaである放逸(Pamāda)は、AhirikaとAnottappaが前面に出ている不善法を指すため、HiriとOttappaが必要です。

定根については、粗雑な五蓋が抑制されていても、微細な掉挙(Uddhacca)が残っている場合が多く、掉挙を徹底的に断じる必要があります。Passaddhi(軽安)で心を平安にすることが役に立ちます。

慧根については、 自分の身の回りのことについて、無常・苦・無我・不浄を何度も何度も随念することによって、常住・常楽・実体・浄美の顛倒見を砕破していく必要があります。

とてもレベルの高い内容ですが、今の自分にできるレベルで随念を行い、基礎固めをしていきたいと思います。

参学者 S

2018/11/25 ウポサタ傳修会&リトリート

本日はウポ-サタ瞑想会でした。
傳修院ではおとといから三日間のリトリートが開催されており、私も参加いたしました。短いリトリートではありますが、今回も自分なりの発見があり、参加して良かったと感じております。

午後からはアビダンマ講座でした。24縁起詳説の解説が終わった現在、同一の縁法/縁所生法を持った縁起をサブグループとしてまとめ、様々な角度から、今までの講座の知識を総動員した解説が行われています。縁起の法の解説自体希少であるのに、ここまで徹底的に解説いただくと圧巻です。我々には重要なダンマの暗記だけではなく、それらの随念、省察が求められています。ダンマを聞いただけではなく血肉とし、自ら状況に応じて使えるようになりたいと感じました。

続いて慈経の解説です。毎回一語一句丁寧に紐解いていただけるので、解説前と解説後では、お経の印象がかなり変わります。全ての解説が終わった後、自ら深く随念していけば慈経がどんなものに変容していくのか楽しみです。

続いて修行報告に基づく瞑想指導が行われました。
無礙解道のダンマを駆使して瞑想に取り組む参学者の報告があり、大変感銘を受けました。
私達は素晴らしい聞法の機会に恵まれているわけですから、伝法されたダンマを自分の修行の中で活かしきれるように理解を深めなくてはならないな、と気を引き締めた次第です。
私も法友たちの刺激になれるよう精進していきたいと思います。

参学者C

2018/11/23 托鉢会(新嘗祭)・法話「無礙解道論根論」・リトリート初日

関東の冬らしい、抜けるような晴天に恵まれた勤労感謝の日、托鉢会、伝法、リトリートの初日と盛りだくさんな一日が始まり した。普段は土曜日に開催される托鉢会ですが、今回は祝日でリトリート初日ということで金曜日になり、また特別に「初物尽くしの新嘗祭(にいなめさい)」というテーマが与えられました。

参加者は工夫を凝らして、玄米、ほうれん草、玉ねぎ、秋刀魚、柿など、それぞれのチョイスでこれはという「初物」を持って来ました。中には「今まで托鉢会に出たことがない初物」を持参してきた人も。なるほど、頓知が効いています。今回は参加者の数も品数も過去最高レベルで、活気ある目にも楽しい会となりました。

ミネストローネ/ほうれん草のキーマカレー/白菜浅漬/杓子菜の漬物

ほうれん草の胡麻和え/聖護院大根の千枚漬/じゃがいもとブロッコリーのアヒージョ/玉ねぎのプロヴァンス風サラダ

発酵玄米

むき栗/苺と柿羊羮

秋刀魚の生姜煮/きのこと柿のおろし和え/玉子とロマネスコのサラダ/青森のお寿司

その後八戒受戒のあと、「無礙解道論の根論」第二回目の伝法です。
前回に引き続き、冒頭部分の「五根を如何に活性化させるか」についての導入的な解説です。今回は、五根のうち後半三つの「念根」、「定根」、「慧根」についてでした。スタンザの単語一個一個を詳細に分析・解説がなされ、南伝大蔵経の古い訳ではなかなか意味が取り辛いところをカバーして頂きました。書かれてる内容は割とシンプルですが、何度も繰り返し随念すべき深いダンマが開示されています。講義は、もちろん、各「根」の復習も兼ねられています。

ここで禅師から、改めてダンマの勉強をどのように進めていったらよいか、各ステップの説明がありました。
①まず知らない単語が出てきたら、その意味を調べる。
②その単語を繋げて、文全体の意味を理解し、何度も読む。
③重要な部分は暗記する。定義をきちんと把握し、分別をもって自分のものにする。
この繰り返しが、パリヤッティの段階では必要とのことでした。このステップを徹底してこなすことで、その次にいよいよ最近禅師がよく強調されている「文字を離れた」随念の段階に進めるのです。この方法論は、ダンマの学習だけではなく、その他の分野の勉強にもあてはめられるということで、できればもう少し早く、学生時代にも聞いておきたかったなあと思いました。

 

法話の後、午後1時からはリトリートがスタート。久しぶりに傳修院の瞑想ルームで長時間坐ることができました。今回改めて感じたことは、ちょうど一年前くらいに開山した頃にあった、ちょっと粗削りなビリビリ感のようなものはすっかり無くなり、替わって何とも心地よい、柔かな空気感が部屋に満ちていたことです。これも常に道場が清浄に保たれ、朝な夕なに、この場所で参学者の方々が、真摯に瞑想に打ち込んで来た成果なのではないかと思いました。場所も育つんですんね。

また、夕方から夜にかけて、徐々に日が陰って行く中での瞑想は何か格別な深みと味わいがありました。自宅で瞑想しても、なかなかこんなふうにはなりません。少し前に禅師が話されていた、「日の出と日没前後は、精神修行において特別時間である」という話を身をもって実感しました。

現在仕事と健康上の理由で、泊まり込みのリトリート参加は難しいですが、近い将来、数日間通しで坐れたらいいなと考えています。

参学者Q

2018/11/21第54回水曜瞑想会

今日は水曜瞑想会がありました。
30分の瞑想の後、休憩を挟んで本日の伝法が行われました。
前回の講義で無礙解道論の入出息論が終わり、今回からは根論の解説が始まりました。

五根の均衡は禅定の証悟に不可欠であることはよく言われていますが、根論では各レベルの証悟に必須となる、五根を活性化・陽転させていく方法について、経典に基づいて詳説されています。

善き人、善き言葉、善き法に近づき、不善を遠ざけ、不善を見ず、また不善法から離れることによって自己の善き性質を強めることができます。

未熟で未だ心を制御できない修行者は、不善に汚染されやすいので、信なき人、懈怠の人、放逸の人、その人の語る言葉から離れることが必要であり、逆に信清浄の人、精進の人、不放逸の人やその人が語る言葉に近づき、その言行を心に留めることにより、自身の善き傾向性を育てていくことができるでしょう。

傳修院では、数週に一度の間隔でリトリートを行なっています。世間から離れ自己の制御に努めることは、たとえ数日間という短い期間であったとしても、善き傾向を育てる絶好の機会です。時間を無駄にせず一心に努めていきたいと思います。

参学者C

2018/11/14 第53回水曜瞑想会

秋も少しずつ深まってきて、今週は会社を出ると寒さすら感じる中いつものように水曜瞑想会に参加できることにほっとして感謝しながら電車に乗りました。

さて、無碍解道論のアナパナ第四行の解説も一応今回で一区切りということで今日の講義は今までのまとめのような形で解説が行われました。
土曜のリトリートの回もあるので入出息論の伝法はすでに40回を超え、欠席している回もあるため、このような形で再び解説していただけると欠席した分も少し補うことが出来てとても助かります。

Kāyasaṅkhāraのほんとうの意味、satiの現起からpaññāの生起、四念処法の身随観、ヴィパッサナーの俯瞰的な解説、四善修習、戒定慧、八正道…とアナパナ修行には仏教修行のエッセンスが詰まっていると改めて感じた次第です。

今、日々目指している境地から、遙か彼方の境地までアナパナ修行の奥の深さに改めて感じ入りました。

大事なのは伝法されたダンマを少しずつ自分の修行に組み入れていくことです。
学んだことを少しずつ覚えて随念して最終的には文字は捨て去ることです。

さて、自分の場合、当面の目標はもっと専注を深めることですが、初心者レベルから阿羅漢証悟のレベルに至るまで、修行はこのように進んで行くのかと、修行の道程をここまでくわしく知ることが出来る機会はこの水曜日の無碍解道の講義しかないと思います。
また夜の講義というのも、日曜とは一味ちがう独特の趣があり、何とも言えません。

現在、自分を取り巻く状況・環境については、苦を感受することが徐々に増えていますが、苦しいながらもそれなりに円満に生きていけているのは間違いなく仏教のおかげです。
瞑想もいろいろ工夫しながら徐々に学んだことを取り入れていきたいと思います。

今日改めて思ったのは自分が20年以上続けている肉体のトレーニングに似ている部分があるのかな、ということです。先ず学び、それを実践し、さらに工夫して改善する、というプロセスは、何を身につける場合でも必要なことだと思います。で、瞑想歴は2年ちょっととまだまだ浅い私ですが、修行についても同様に、学び、実践し、工夫し、改善しながら、禅師のおっしゃるように、瞑想修行の螺旋階段を登って行きたいと思いました。

ところで話は変わりますが、日曜日に善友の有難いお誘いがあり森のホールの松戸市博物館にて催されているガンダーラ仏教美術展に行って参りました。
ゴータマ王子時代のお釈迦さまから般涅槃に至るまで様々な仏像、仏頭があり、またアショーカ王の碑文の拓本など非常に興味深く拝見しました。特に仏頭は禅師に頂いたブッダニミッタにどことなく似ていて立体なので横から、上からと様々な角度からじっくり見入ってしましました。
発掘には京都大学がかなり貢献しているというのも初めて知りました。
展示自体はもうすぐ終了してしまいますが、また同じような催しが行われたら是非行ってみたいと思います。1500年~2000年前この仏像を作った人の思いは如何ばかりかと想像すると菩提心が掻き立てられます。
帰りの電車もいつもと違った不思議な感覚でした。

参学者N

2018/10/20 第48回 托鉢会

本日は托鉢会に参加しました。

毎週このように比丘に食事をお布施し、功徳を積ませていただく機会があることを大変幸福に思います。今回も参学者の思いのこもった料理の数々が出揃いました。

ボルシチ


サバとトマトのアヒージョ


肉じゃが


ほうれんそうの胡麻和え


インゲンとキノコの胡麻和え

発酵玄米

食事の後、禅師と和やかに歓談した後、各々作務や瞑想をして過ごしました。

ウポサタ傳修会の準備や普段出来ない道場の整理などした後、私は1週間で出来なかった瞑想をまとめて実践致しました。真摯な修行者と共に座ることができたので、1人で座るよりはるかに質の高い瞑想が出来ました。

座った後は法友たちとダンマトークをしました。
それぞれが最近の無礙解道のアナパナサティ解説に感銘を受け、アスピレーションを燃やしてる様子に大変刺激されました。

本日は特別なイベントはありませんでしたが、道場が瞑想はもちろんのこと、奉仕活動で功徳を積んだり、法友たちと交流しアスピレーションを刺激し合うかけがいのない場所であると改めて感動しました。今後も道場の維持、発展の一助となりたいと思います。

参学者 C