第39回托鉢会、無礙解道論伝法、夏期リトリート開始

久しぶりに土曜日に一日お休みが取れたので、托鉢絵、及びリトリート初日に参加しました。道場に着くと、メダカの水槽が一回り大きなものに変わっており、中のメダカたちも、かなり成長して元気に泳ぎ回っていました。見ていると心が大変和みます。

仏教の八戒では、正午以降に食事が取れないので、午前10時前から場所のセッティングや料理の盛り付けなどの準備を始め、托鉢絵は10時半頃からの開始となります。

参加者全員で食厭想をパーリ語でお唱えしてから、皆が持ち寄った料理を頂きます。手作りだったり、お店で買ったものだったりと様々ですが、どれも禅師や参加者の方々のことを思った心にこもった品々が並びます。

托鉢会に参加して、凄いなと思うのは典座のIさんです。いつも食事が始まる前に、持ち寄られた料理一つ一つの名まえと材料、調理法、そしてどなたが持って来たのかを丹念にチェックして、それを全部覚えてしまいます。品数の多いときなど、結構大変な作業だと思いますが、Iさんは事もなげにサラッとこなしてしまいます。そしてそれを食事が始まる前にすべて禅師に説明します。

禅師はそれをじっと静かに聞いておられます。おそらく大変な集中力をもって耳を傾けておられるのだと思います。この場面は何度経験しても、心地よい緊張感が伝わって来ます。

少し前に現代語訳の出た小部経典の『天宮事経』などを見ると、お釈迦様やそのお弟子さんたちに食事のお布施をすることで、在家信者たちが大きな福徳を積んで、天界などに転生するお話がたくさん出てきます。21世紀になっても、それと同じような素晴らしい機会があるということは、大変ありがたいことだと思います。今のところ仕事の関係で、参加できる回数は限られていますが、禅師や毎回準備に携わっている方々に、ここで改めてお礼を申し上げたいと思います。

 

本日から傳修院開山以来二度目の八泊九日の長期リトリートがはじまります。
リトリートのスタートは、正午からの八戒の受戒、及び「無礙解道論」についての法話です。現在は修行法やそのコツについて説かれた「四善修習」を、経典の一行一行を解説する形で進められています。私は飛び飛びでしか参加できていないので、その全貌はつかめていませんが、これから瞑想修行を継続していく上で、非常に重要なダンマが凝縮して説かれています。

詳細は省きますが、今回の講義では、Susamāraddha(完全に等しいレベルに達するまでの精進)というキータームを中心に、三十七菩提分法の重要性が再度強調されていました。

思い起こせば数年前、初めて禅師にアーナパーナサティのやり方を教わった時、正直に言うと「あまり本などに書いていない少し変わった方法だなあ、出典はどこなんだろう?」という感想を持ちました。そして今まさに、二十数回に渡る連続講義において、「無礙解道論」の詳しい解説を通じて、傳修院で伝えられている瞑想法の正統性をはっきりと知ることができました。

禅師が数十年に渡って研究されて来た成果を、惜しげもなく私たちに伝法下さっている事を考えると、実に稀有な機会に遭遇しているのだということに気づかされ、本当にありがたいことだと感謝の気持ちが湧いてきます。

無礙解道の伝法に続き、午後1時から第一座が始まりました。リトリート初参加の方がいらっしゃったのでお話を伺ったところ、「家に居るときと違って落ち着いて瞑想しやすかったので、今度はもっと長く参加できたらいいです」という感想を頂きました。

これは本当にそうで、道場独特の静謐な雰囲気の中で長時間坐ると、やはり家出する時とは違った新たな気づきや発見がたくさんあると思います。「早朝から一日中瞑想はきついかも…」と躊躇して、まだ一度も参加されていない方は、泊まらずに日帰りという方法もありますので、まずは出来る範囲でトライしてみたらいかがでしょうか。

参学者Q

7/15ウポサタ傳修会&リトリート

本日はウポサタ瞑想会に参加しました。

参学者TSさんが土からこだわり育てている蓮が見事に花を咲かせていました。本物を見るのは初めてでしたので感動いたしました。しかし夕方には散ってしまい、その命の短さに驚きました。新しい蕾をつけていますのでタイミングが合えば、きっと花をご覧になれるでしょう。

さて今回のアビダンマ講座は二十四縁起の相応縁及び非相応縁についての講義でした。前生縁及び後生縁に関連付けての解説で、改めて二十四縁起はそれぞれが独立したものでなく関連していることを思い知らされます。

続いてダンマに関する質疑応答がありました。
本日は主に誓願と善行為について話されました。
例として「教育の機会に恵まれなかった少女が次世では十分に教育を受けられる都会の女性に生まれたいという強い誓願を持って、限られた食物を比丘にお布施し続け、その結果願いが叶った話」があげられました。
我々は果たしてこの少女のように強い誓願を持っているのか?また自己放棄を伴うお布施やご奉仕のような善行為を、強い思いを持って継続しているのか?
禅師から問いかけられました。そして強い誓願と善行為を継続するためにパラミカードを活用して欲しいと強調されました。
私は今様々な作務をさせていただく機会に恵まれていますので、無駄にせず強い誓願を持って善なる思いで取り組んでいこうと思いました。

続いて翌日の月曜までリトリートに参加しました。暑いながら真剣に修行に取り組んでいる参学者の皆さんには大変刺激を受けました。瞑想の調子はあまりよくありませんでしたが、このような積み重ねが、いつか大いなる結果を生んでくれるのだろうと楽しみです。リトリートでは各自、個人インタビューを受けることができます。幾度か法話で触れられた内容であっても、その時のアドバイスとして再び語られると心に深く刺さるものがあります。まだ参加されたことない方も、是非お気軽に参加してください。お待ちしております。

参学者C

第36回 托鉢会&三連休リトリート開始

本日はリトリートの初日ですが、午前中は通常どおり托鉢会です。

私は昨日から道場に宿泊しているため、屋上の朝採り野菜(ナス、キュウリ、大葉)を使って料理を作ります。

2本植えられた大葉は食害が著しく、無事な葉が少ない状態ですが、1mほど離れた場所に突如自生してきた大葉は無事です。
同じものは近くに植えたいところですが、リスクの分散を考えれば、離して植えた方がよいことが分かりました。

 

今回は、せっかくですのでプロセスも少々書いてみたいと思います。

今日は2品つくります。1品目、「ナスの桜エビの田舎煮」用に、まずダシをとります。
簡単な方法でいつもダシをとっています。写真は鍋に鰹節と昆布を入れて火にかけたところ。沸騰してたら弱火にして5分でOKです。

 

ダシをとっている間に、ナスの下準備をします。
ナスに細く切れ目をいれます。緑色のナスは、レンジでも美味しい「極み」のナス。

以前ブログの記事で、成長が思わしくないと書いたナスがありましたが、そのナスです。
その後すくすく育ち、今は一番、実をつけてくれています。

 

先ほどのダシに調味料とナス、桜えびを入れて強火にかけます。

「沸騰したら弱火にするぞ」と覚えておきつつ、もう1品の「ワカメと大葉とキュウリのサラダ」に取りかかります。先ずはワカメを水で戻します。そしてキュウリを千切りに。

 

自宅の包丁と異なり、よく切れる包丁です。だんだん楽しくなってきていたところ、ふと横を見ると鍋が沸騰して吹きこぼれそうに……Sati(気づき)が足りません。

鍋にはアルミホイルで落とし蓋をします。途中、ちょっと覗いてみた時の様子が写真。15分ほど煮ます。

 

ナスも柔らかく煮えた頃、大葉の細切りも終わり、調味料を用意します。

 

お酢はギリギリ足りました(危なかった……)。

サラダは混ぜて完成です。

 

ナスの田舎煮も、みょうがを乗せて完成です。

洗い物を済ませ、「来たときよりも美しく」で、一帯を拭いて終了。

只今の時間は8時15分。ここから掃除に入ります。

屋上の菊の花がちょうど見頃でしたので、階段の仏様に供えました。このくらい毅然とした感じで座りたいと常々思います。ちなみに、菊へのお礼肥は、夕方、ナスやキュウリなどにも合わせて与える予定です。

 

玄関を掃除し、外回りも掃き清めます。庭を見ると、蓮の蕾が明日には咲きそうです。そして、また新たに蕾が姿を見せました。光の加減からか、光っているように見えます。

『蜘蛛の糸』(芥川龍之介著)で、御釈迦様が蓮池をのぞきますが、私の中での池の蓮は、ちょうどこのようなイメージです。

室内の水槽では、メダカの稚魚が元気よく泳いでいます。10匹ほど誕生しました。

今日は、体温を超える暑さとのこと。
庭の植木と屋上の野菜等に水をやり、玄関先は打ち水をして、禅師をお迎えする準備も万全です。

9時を回り、続々と参学者が来て、托鉢会のテーブルには数多くの料理が並びました。

 

 

 

 

 

終わると12時からはリトリートに突入です。
本日は暑いですが、1日も無駄にすることのないよう、瞑想に取り組んで参りたいと思います。

参学者TS

 

無礙解道伝法 & 傳修院リトリート 7/14-7/16

今週末は3日間のリトリートが予定されています。普段、まとまった瞑想時間をとるのが難しいため、リトリートは瞑想を集中的に修行する絶好の機会です。
リトリートは毎回、八戒の授戒と修行法の伝法からはじまります。

本日はサーリプッタ長老の口伝とされる小部経典・無礙解道・入出息論の第22回の伝法が行われました。
禅定の心は「初三」、「中三」、「後四」の十相を備えるとされますが(三転三善十相具足)、実際の入定プロセスは、①初一、中一、後一(kilesa抑制)、②初二、中二、後二(Upacāra Samādhi)、③初三、中三、後三(Appaṇā Samādhi)、④後四(禅定自在)の順となり、これら①~④はCatu Subhāvanā(四善修習)としてまとめられています。四善修習には5つのポイントがあり(Yānīkata作乗、Vatthukata作実、Anuṭṭhita隨成、Paricita遍熟、Susamāraddha善造作)、本日はそのうちのVatthukata(作実)について伝法されました。

伝法の内容は「禁他見」であり、詳細については省略いたしますが、禅定修行におけるEkaggatāとSatiの関係についての解説、及び実際に専注を深めようとする際に陥りやすい過ちと、正しい専注の深め方について、詳しい指導がありました。

また、Ānāpānasatiの所縁は「入出息」ではなく、「今この瞬間の入息又は出息」であることをくれぐれも忘れないようにとの注意がありました。

原典ではわずか2行ですが、五根のバランスとの関係や、修行上の間違いやすい点を事前に教えていただける等、理論的にも実践的にも実り多いものとなりました。いつか自分で確かめられる日が来ることを誓願しつつ、修行に励みたいと思います。

参学者 S

第33回托鉢会&週末リトリート伝法

 

本日の托鉢会は、リトリートの前ということもあって、いつもより多くの参学者が参加され、たくさんの料理が並びました。

 

 

チキン、豚肉とナスのピリ辛煮

 

 

 

 

 

キンピラごぼう、ごぼうサラダ、もやしのナムル

 

 

 

 

 

ほうれん草の煮浸し、トマト、サワラ炒め、唐揚げ

 

 

キウイ、紀州の梅、道場のミニトマトを添えたサラダ、ひじき煮

 

 

 

 

 

 

屋上の菜園の野菜も順調に育っています。今日はプチ・トマトを収穫して料理に加えました。

またいつものように禅師が発酵玄米を自宅で炊いて、三升(!)も持ってきてくださいました。

 

リトリート&伝法会

毎回、傳修院のリトリートは、八戒の授戒とKammaṭṭhānaの伝法からはじまります。
このところ、無礙解道入出息論の貴重な伝法がシリーズで続いていますが、今日の伝法は特に重要なものでした。

アナパナサティの禅相について、無礙解道、解脱道論、清浄道論の三論を比較しながら解説が為され、今までアナパナサティのニミッタ(禅相)の取り方がいかに誤りにみちたものであったか、お釈迦さまが実際にやられていたアナパナサティが実はどういうものだったのかについて、非常に明快に開示してくださいました。

本日の伝法は「禁他見」のため、内容をここに書くことはできませんが、伝法を受けた参学者一同、アナパナサティに関する疑問や迷いが完全に払拭され、今後のアナパナサティ修行に、大きな希望の光が与えられた思いでいっぱいです。
伝法は予定の時間を大きく超過して一時間半にわたって行われ、その後そのまま、二日間の傳修院リトリートに突入いたしました。

 

 

参学者K

 

第31回托鉢会&リトリート伝法

本日は托鉢会に参加しました。

中華料理風のメニューが並びました。参学者の方々がお持ちになる料理はどれも大変美味しいです!

 

<ナス、ピーマン、挽肉の炒め物〜道場のパクチーを添えて>

 

<ミックスビーンズのサラダ>

 

<麻婆豆腐>

 

<アボカドの辛味噌和え>

 

<かぼちゃの冷やしレモン煮>

 

<ヴェーサカ祭りでお布施されたメロン>

続いて週末のリトリートが受戒そして伝法から始まりました。

今回から無礙解道論に記されたアナパナサティの禅相(ニミッタ)についての解説が始まりました。

解脱道論、清浄道論の記述とも比較しながら解説されるおそらく世界初!の講義です。

本日は「満月の譬え」の解説でした。

経典にいくつか見られる「雲を離れた満月のようにこの世を照らす」は個人的に好きな表現です。今回瞑想に関する話に登場して、非常な驚きと感動を覚えました。これからの講義も楽しみです。

その後はリトリートに突入しました。今回もアスピレーション溢れる参学者の力をお借りして精進したいと思います。

参学者C

5/27ウポサタ傳修会&週末リトリート

前日の托鉢会、リトリートから参加しました。

日曜日、午前3時半起床、そして、午前4時からチャンティングと瞑想で一日が始まります。道場にいると、なぜか、早い起床時間でも気にならないのが、不思議です。

 

その後、朝食、作務、瞑想二坐の後、日曜日の傳修会が始まりました。

今週の修行者のためのアビダンマ講義は、二十四縁起の前半まとめの最終回で、10~12番目の縁起の Purejātapaccayo, Pacchājātapaccayo, āsevanaaccayoを復習しました。

個人的には、Ārammaṇa、Sahajāta、Aññamañña、Nissaya、Purejātaは、複数の縁起が同時に成り立つケースが多々あるので、しっかり随念していきたいと思いました。

少しずつですが、Paramatta dhammaを二十四縁起で考察していく視点が構築されている気がするので、大変嬉しくなります。

QAのセッションでは、「八正道の正精進は、なぜ増上戒学ではなく、増上心学に含まれているのか?」「修行者はアナパナを業処としているのに、アナパナサティスッタ自体の解説があまりなされないのはなぜか?」「評論家の仏教に対する考察について」などの質問に回答がなされました。

個人的には、禅師のおっしゃるとおり、お釈迦様のdhammaは、修行者にとっては、「修行して涅槃に至るための修行法の開示」であり、哲学として仏教を議論しても修行者の自分には意味が無いし、もし、dhammaの解説であるならば、実際の修行法に落とし込めていない表面的な解説では、これも修行者の自分には意味をなさない、と思いました。

二十四縁起中伝にしても、前日の無碍解道の講義にしても、パーリ経典、日本語訳、英訳を見比べても、自分の能力ではきっと一生かかっても到達することができないような、深遠な修行法としてのdhamma解説が、禅師によってなされており、自分の仏道修行にとって、ものすごい近道をさせてもらっているな、と日々感謝の想いが尽きません。

傳修会の後は、1Fの休憩スペースでコーヒーを飲んでリフレッシュした後、午後4時より、リトリートが再開されました。

この日は、禅師に個人インタビューをしていただける日でもあったので、前回のインタビューからの個人的な Aha!のポイントをご報告し、また、それについて、いろいろと具体的なアドバイスをいただくことができました。

週末の2日間、3日間のリトリートは、宿泊の準備もほとんど必要ない、とても気軽に参加できるものだと思いますが、短期集中で瞑想して、その上、禅師とのインタビューで個人的な修行アドバイスもいただけるという大変濃密で貴重な時間だと思います。

その後、禅師からいただいたアドバイスを胸に秘めながら、午後9時まで瞑想して、今回のリトリートが終了しました。

上にも書きましたが、今回のリトリートも、私にとって、大変濃密で貴重な時間でした。

他の参学者の皆様も、ぜひ短期リトリートへの参加をご検討ください。

参学者L

第28回托鉢会、無礙解道論伝法、週末リトリート開始

今日は托鉢会に参加しました。

本日の食事は以下の通り。

牛肉と野菜の煮物

鶏肉と野菜の和え物

白身魚のムニエル

サラダ、発酵玄米です。

発酵玄米は、毎日手を入れる必要があるため、道場で維持することが難しいのですが、今回は何と禅師が自らお作りになり、道場まで持ってきて下さいました!

食厭想をしながら食事をいただいた後は、五月の爽やかな風と、道場の清らかで静謐な雰囲気を感じながら、呼吸に意識を合わせて座っています。平日の慌ただしい生活が嘘のようです。

蓮は順調に育ちメダカも元気です!

正午に授戒が行われた後は、無礙解道論の法話です。初三・中三・後四(道清浄・中捨・法悦)の復習、三轉・三善・十相具足の解説、初三・中三・後四の時系列上の展開について解説され、禅定に至るまで流れについて具体的なイメージを描けるようになりました。瞑想は、進めば進むほど楽しそうだなと感じました。

法話の後はリトリートで瞑想三昧です。五蓋に翻弄されないようしっかり修行したいと思います。

参学者S

GW傳修院リトリート

傳修院では4/28-5/6の9日間という初の長期リトリートが行われました!全日程参加する人、部分参加する人様々でしたが、この期間多くの修行者が道場を訪れ一心に瞑想修行されました。私は道場に8泊して存分に参加させていただきましたのでリトリートの模様をお伝えしたいと思います。

<リトリート全体について>

チャンティング、作務、食事以外の時間は瞑想及び休憩の時間になっております。基本1時間の瞑想→30分の休憩のリズムで鐘がなります。もちろん休憩時間であっても存分に瞑想出来ます!スケジュール通りに瞑想すると1日8時間瞑想することになります。これを聞くと「そんなに瞑想したことないし、無理だ…」と尻込みする人がいるかもしれませんが心配ありません。第1瞑想室は座ってのあるいは立ちながら瞑想する部屋となっていますが、第2瞑想室は歩きながら瞑想出来る部屋になっており各自その都度適した姿勢で瞑想出来る環境になっております。私は長時間座るのがまだまだ苦手なのでよく第2瞑想室で過ごしています。瞑想の調子がいい人、悪い人関係なく参加いただけるリトリートになっていると思います。

家庭菜園も順調です!

<食事について>

参学者のからのお布施または参加者持ち寄りの食材で料理担当(仏教用語で典座というらしいです)のIさんが趣向を凝らし料理を提供してくれます。ご本人は「これも前行だから…」と粛々とこなしていらっしゃいましたが、これだけの長期間修行の体を支えていただいたこと感謝しきれません。

 


また今回から参学者有志により発酵玄米が導入されました。とても美味しいのと同時に腹持ちが良く機能的で大好評でした!
食事前には食厭想を行い、修行者として食事を貪らぬよう静かに向き合いました。

<無礙解道論をベースとしたアーナパーナサティの瞑想指導>

無礙解道論の解説が先月のリトリート、水曜瞑想会から始まっています。法を求める修行者が「これだけは、何としても見逃せない!」と熱心に駆けつける姿が見られ、大変刺激を受けています。このリトリートでも計3回講義が行われました。私は数年前から禅師から瞑想指導を受けていますが、禅師のあの指導の元はコレだったのか!と壮大なタネ明かしを感じるとともにサーリプッタ尊者の口伝とされるこの精妙な法に感銘を受けています。

リトリート期間中参加者には個人インタビューが行われます。各々が置かれている立場、状況に応じて様々なアドバイスを受けることが出来ます。私が受けて来た経験では禅師のクリティカルな言葉にアスピレーションが刺激されたこと数しれません。他参加者の皆さんもぐっと背中を押してもらっているのではないでしょうか?

<リトリートを終えて>

私自身十分に心身を整えてリトリートに臨めたわけではなかったため、3日目ぐらいまで調子が出ず七転八倒しました。徐々に調子が出て来て、忘れていたコツ、新たな発見、自分の課題などさまざまなことが分かりたくさんのお土産を持って帰ることができました。瞑想の進歩は一筋縄ではいきませんが、長期間、調子のアップダウンありながら瞑想することで各自得るものがあることでしょう。

さて次回は5/26(土)-5/27(日)でリトリートが開催されます。一泊ですので、まだ参加されたことがない方も気軽に参加いただけるものと思います。
一緒に修行致しましょう!

参学者C