第9回水曜瞑想会

1月10日、仕事を切り上げ、水曜瞑想会に参加するため会社を後にしました。職場から傳修院まで約1時間。心は仕事のあれこれや煩瑣な職場の人間関係などでざわざわしています。少しでも静寂な状態に切り替えねばなりませんが、「今回の報告を役員にどう説明しよう?」「あの部署とは仕事がやりにくいな。今日だって…」となかなか心は静まりません。傳修院の瞑想室に坐り、お釈迦様に三礼して、ようやく心が凪いできます。


そして、禅師と共に30分坐ります。呼吸の感覚を切れ目なく感じながら息を観察し続けること、そしてすべてを手放してただ坐ること、私にとってその難しさは相変わらずですが、それでも瞑想が終わる頃には心は安らかで平静でありながら、なにか焦点が合ったような集中した状態になりました。

その後の本日の法話は、強く安定したアスピレーション・菩提心を継続させるために必要なものについてのお話でした。
仏法僧への信、六随念など、これまで信(saddha)の対象について注意を払うことが多かったのですが、それだけでなく、信の土壌となる信根(saddhindriya)が重要であること。信根を確固としたものにするために必要なもの、それは修行者としての自分自身への信、自分自身への絶対的な確信(!)である、ということ。つまり、仏法僧への信と共に、自分は決して揺らぐことのないお釈迦様の弟子なのだ、という自分自身への絶対的な信が必要であって、その二つは車の両輪のようなものである、ということです。

いつもは冷静で流麗であることの多い禅師の語り口ですが、今日はまさに情熱がほとばしるような法話で、獅子吼とはこのことかと感じました。


その一方で私は、修行はもとより日常生活での自分自身の不甲斐なさにも思いをはせていました。何を見聞きしても過去の自分の言動に駄目出しをする自分。現在の自分自身への信など微塵もない自分。禅師の熱い言葉は剣となって私の弱い心を打抜いたように感じました。参禅中に警策で弱い性根をしたたかに打たれたかのようです。
後日、本日の法話が傳修院TV等にアップされましたら、ぜひご覧になってください。

参学者SA

2018年初!日曜傳修会

本日、日曜傳修会が開催され、多くの参学者が参加されました。

参学者の中には金曜かそれ以前から傳修院に滞在された方もいて、それぞれ作務や瞑想、勉学等に打ち込みました。昨日の原始仏教トークの後は、傳修院に戻り皆で鍋料理を囲み参学者同士親睦を深めることができました。

今日のアビダンマ講座は、二十四縁起中伝第8回でした。

二十四縁起の中伝にもなると以前の講義で学んだ知識を必要とする所が多く、初学者にとって難しい内容だったとは思います。そのため過去の項目も同時に学習する必要があるでしょう。

始めは難しいかもしれませんが、知識を蓄積するにつれ見え方も変わってきますので、今からでも始めの方からアビダンマの学習をすることには大きな意義があります。

そしてそれによる知識は、将来の瞑想修行の助けとなるでしょう。

また、今日の講義は修行成就を目指す上で有意義な内容でもありました。講義を聴くことができなかった方は、今日からアビダンマ第199回以降のリクエストが可能となりましたので、「修行者のためのアビダンマ講座」のメールアドレスまで連絡することで、講義を聴くことができます。

今日の質疑応答の内容は主に以下の2点でした。

1 地方在住者の参学について

2 善行為をする際に気をつけること

これからは、参学者にはコレクティブインタビューや質疑応答の情報が配信され、なおかつアビダンマ講座も見ることができますので、地方の方でも実際に傳修院で行われているのと同様の講義を受けることができます。

ただ、もし傳修院に来ることができるのであれば、実際に足を運ぶことが推奨されます。これは「ダンマを五感で吸収する」ことに適っています(傳修院TV収録法話20171129参照)。

傳修院では、禅師による参学者一人一人に合わせた瞑想指導を行っています。
来週の日曜日は修行報告に基づく瞑想指導がありますので、参学者の方は積極的に修行報告書を提出されるとよいでしょう。

まだ参学希望を出されていない方でも、参学希望を傳修院ホームページ上のフォーマットから入力し、所定の手続きをとることで指導を受けることができます。

お待ちしております。

参学者K

第8回托鉢会&開山後初!原始仏教トーク

第8回托鉢会

今日初めて、念願の托鉢会に参加することが出来ました。
道場に到着すると、今日は午後から近くのホールで原始仏教トークがあるということで(久しぶりの再開です!)皆さんその準備に追われていました。
その手を一旦休めて、11時から托鉢会です。
様々な趣向を凝らした手作りの料理やお店で買ったお惣菜などが、テーブルに所狭しと並べられます。


以前伊豆の合宿に参加した時にも、この形式の食事を頂いたことがありましたが、新しい道場でのそれはまた、一味違った和やかな雰囲気がありました。

まず初めに、禅師がテーブルの端に手を添えられ、パーリ語で廻向を唱えられました。
後である参学者の方に聞いてみたところ、これは特に亡くなった自分の身内への功徳になるそうです。
次回からは、それをもっと意識してみようと思いました。
こういう一つ一つの行為や気持ちが、長年続けることできっと将来の大きな波羅蜜に繋がって行くのだなと感じました。
取り分られた料理はどれも美味しく、身体の元気と心の豊かさを両方もらえたような気がしました。


食事中のお話は、やっぱりメインは午後の原始仏教トークのあれこれについてです。
今日は久々に禅師からどんなお話が聞けるのか、皆今からわくわくしているのが感じられました。
私は、なかなか土曜日にお休みがとれないのですが、また次に参加出来る日が来るのを楽しみにしています。
禅師、参学者の皆さん、今日は素晴らしい時間をありがとうございました。

参学者Q

 

傳修院開山記念原始仏教トーク

本日、傳修院の開山以来、初めての原始仏教トークが開催されました!
以下、概要をご紹介いたします。お釈迦様の実践された仏教を学びたい方は是非ご覧下さい!

○「原始仏教を生きる」というタイトルには、「お釈迦様の教えを学び実践し、傳修院で修行者と共有して一緒に修行する」という決意を込めています。
○「原始仏教」は「テーラワーダ」とは異なります。「原始仏教」は、お釈迦様の入滅から100年後の第二結集(根本分裂)までの最も純粋な仏教であり、「テーラワーダ」は、お釈迦様の入滅から約1,000年後に確立した教えです(※1)。禅師は「原始仏教」の比丘であって、「テーラワーダ」の比丘ではありません(※2)。
○禅師は、パオ・セヤドーからkammaṭṭhāna(業処)の法脈を受け継ぎ、日本にダンマを伝えるよう求められました。傳修院でもパオ・セヤドーのダンマを伝えています。パオの名前は使っていませんが、パオ・セヤドーは”Name is not important. Dhamma is important”と仰っており、大事なのは名前ではなくダンマです。
○テーラワーダのマインドフルネスは、いわば「認識の言語化」であり、vitakka(尋)を助長してしまいます。また、「涅槃に至るのに禅定は要らない」という指導者もいますが、お釈迦様は「仏教の衰退はサマーディの軽視から始まる」と仰っています。
○原始仏教を学ぶ上で、傳修院以上の道場はありません。傳修院で学べる波羅蜜を活かし、涅槃証悟を目指して一緒に本気で修行し、原始仏教を生きましょう。

※1 根本分裂によって、仏教は①大衆部系、②上座部系、③分別説部の3つに別れました。スリランカの分別説部(大寺派)は、ブッダゴーサ長老が三蔵の注釈書と清浄道論を記したことで勢力を増し(5〜6世紀)、スリランカで唯一の派閥となって「テーラワーダ」を名乗り(12世紀)、現代東南アジアに広まりました。
※2 比丘戒を授かるときは、原始仏教を探求する比丘から「テーラワーダには属さず、原始仏教を探求する」許可とともに比丘戒を受けられました。また、アーナパーナサティを指導するときは、「テーラワーダ」のテキストである清浄道論ではなく、サーリプッタ長老の無碍解道論を用いられます。

質疑応答では、①マインドフルネスはsati(念)の訳であり、対象から外れずにとどまることであって、様々な対象を次々にラベリングするならばsatiは生じないこと、②瞑想の対象が何であれ、座る・立つ・歩く・横になるという4つの姿勢において続けて行うことが重要であること、③Macchariya(物惜しみ)はdosa(瞋)に属し、dosaは必ずlobha(貪)をベースにすること、④dosaはどんどん膨らみlobha以上に瞑想の障害になること、⑤清浄道論や解脱道論ではなく無碍解道論を用いる理由等が明かされました。

概要は以上です。私自身、禅師から原始仏教をご教示いただき、修行上の迷いがなくなりました。
原始仏教に興味を持たれた方は、是非、傳修院にご来山下さい。

次回の原始仏教トークは2月3日(土)です。ご参加をお待ちしております。

参学者 S

2018年年始法話&第8回水曜瞑想会

一月一日
新年特別講話#1「Newness」

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

傳修院では年越しを道場で過ごすセルフリトリートが行われておりました。テレビも無い環境で好きなだけ座ったり、作務をしたり、仏教書を読むことができました。

新年最初の宿泊者には完全ビーガン料理がふるまわれました。けんちん汁+お餅(各自の好みでお雑煮に)、大豆の煮物、切り干し大根と昆布の漬物などです。心だけでなく体のデトックスもできますね。
土曜の托鉢会でも一部はベジタリアン・ビーガン料理が提供されます。興味のある方はぜひお越しになってください。動物性のお料理もありますので、お好みで取り分けることができます。

午後からはマハーカルナー禅師による新年最初の法話が行われました。
テーマは「Newness – 新しい夜明け -」。仏教修行における大切なコツをお話していただきました。
新年から法話を聞きに行くことができる環境が整ったのも、道場開山の大きなメリットです。
法話のあとは軽い懇親会も行われました。

今年も皆様に幸多き年になりますよう、お祈り申し上げます。

参学者R

__________

一月二日
新年特別講話#2「Oneness」
本日は、午後2時から新年特別講話の第2回目として、「Oneness」について禅師からお話しいただきました。

この「Oneness」は、自分と他の有情とは一体であり、両者を区別する境界線という物はないという教えで、心をKusalaにするための重要なカギであると教えていただきました。確かに、自分と他人の間に境界線を引き、区別して比較するから、DosaなどのAkusala Cetasikaが生起するのであって、その区別が無くなったならば、全ての有情が「私」と同一となるため、慈悲の感情しか残らなくなるのではないかと思います。個人的に慈悲の瞑想があまりうまくいかなかった原因は、この「Oneness」という考え方がしっかりと理解されていなかったからだと思いました。 ところで、今回の講義では、「ブッダ(あるいは仏弟子や直接の師)とのOneness」、「瞑想の対象とのOneness」、「法友とのOneness」、「一般社会で関わる人とのOneness」の4つの「Oneness」について実践するようにご指導いただきましたが、特に2番目の「瞑想の対象とのOneness」については、正直驚きました。対象を感じたり、対象を念じたりする「私」というものを意識しているうちは、本物の瞑想ではないということでしょうか。このことについては、もう少し考察してみたいと思います。
以上のように、時間的には短いですが、実に深い内容であって、今後の修行に大いに役立つ内容の講義でした。
皆様も時間の許す限り、道場にお越し頂き、禅師の御法話をお聞きいただければと思います。

参学者Y

___________

一月三日
新年特別講話#3「Self-transcendence」
新年特別法話の三日目、最終日です。
禅師が法話の前にお正月を師や法友と過ごすことのすばらしさについて言及されていました。
一年の初めを傳修院で過ごし功徳を積んでいることをかみしめました。

本日のテーマはSelf-trancendence-自分を超える-でした.
Māna(慢心)についてさまざまな角度からお話ししていただきました。
Mānaについてはアビダンマ講座ですでに学習済みではありましたが本日拝聴して改めて気づかされることがありました。
いかなることにおいても自分と他人とを比べる必要がない、競争すべきは自分自身の過去、自分の限界だというのが印象的でした。
競争社会で生きている私たちはついつい人と比べがちなのでこの事を胸に刻んで無貪に励みたいと思います。

さて、次回は1月6日(土)、傳修院開山後初の原始仏教トークです。会場は稔(みのり)台市民センター小ホールですのでお間違いないようお気を付けください。お誘い合わせのうえ、どうぞご参加ください。

参学者T

___________

今回の水曜瞑想会は、新年特別講話の後、午後3時から行われました。

まず、チャンティングをし、瞑想です。
私は初めての参加でした。
禅師とともに座らせていただくことに気が引き締まり過ぎ、緊張してしまいましたが、素晴らしい時間でした!

ミニ法話は「アスピレーションと出家」です。

・たとえ食べるものがなくてもダンマ無しには生きられない!という湧き上がるような、最高に高まったアスピレーションがあり、そこで初めて出家を考える。
・毎日誓願をする。
・周りの環境が次第に整ってくる。
・「Ehi Bhikkhu!(来たれ 比丘よ)」
まさにそのようにお釈迦様に認めていただけたら、周りの人たちからも祝福されるような出家の機会が自然と与えられる。

出家とは決して、自分の意思を押し通してするものではない。
そうでなければ、一生涯比丘としていられない、長続きしない、ということでした。

また、
ダンマが無ければ生きられない、ダンマに身をゆだねたい、という自己放棄の感覚、最高のアスピレーションがあれば、出家であれ在家であれ、涅槃はすぐそこに見えてくる、とおっしゃっていました。

「Ehi Bhikkhu!」
お釈迦様の祝福の中、お釈迦様についてゆくことができたら、どんなに幸福でしょうか。
考えただけでも胸が熱くなってしまいます。

在家である私たちは、禅師にお会いし、法話を聴き、法友と集うことで、アスピレーションを守り育てることができます。
ともに精進させていただきたいと、思います!

水曜瞑想会、短くとも大変濃密な時間でした。

さて、来たる 1月6日(土)、原始仏教トークが行われます。
お釈迦様の歩まれた古の道…
ともに涅槃証悟への決意を新たに…
禅師の最高のアスピレーションに触れることができそうで、私も楽しみにしています。
たくさんの方の参加をお待ちしています!

参学者 U