第50回原始仏教トーク「修行の天才」&ウポサタ

本日はウポサタ傳修会と原始仏教トーク同時開催でした。

場所は清澄庭園の涼亭にて行われました。池の上に佇む歴史的建造物で、ガラス張りの襖からの景色は絶景でした。庭園の木々に加えて池には鳥、鯉、亀など様々な生き物も見られて飽きることがありません。

そんな中まずはアビダンマ講座の24縁起中伝第23回です。24縁起の講義ではありますが、心路過程、界論絡めた内容になっており、1度学んだダンマを様々な角度から繰り返し説かれることで知識が深まっていくのが感じられます。暗記をすすめられたものはしっかりと自らの血肉として行きたいです。

休憩時間は縁側で池の景色を楽しみ、瞑想する参学者の姿も見られました。

続いて原始仏教トーク「修行の天才」です。
禅師から仏教の修行の天才になる方法が明かされました。

その方法とは仏教における様々な修行(三宝への信の確立、戒律護持、布施、ご奉仕、瞑想修行、アビダンマ学習、ダンマ暗記など)をすべて100点満点でいう70〜80点取れるよう精進するというもの。不得意分野をそのままに、得意分野ばかりしても仏教修行は円満成就しないとのことでした。不得意分野を底上げしてバランスをとった後、得意分野に取り掛かるのがコツだそうです。修行日誌をつけて失敗したことなども記録することで自らの不得意分野は見つかるということでした。

早速私も不得意分野である依法清浄に取り掛かりバランスを取ろうと決意しました!

来月は修行継続のコツについて語られるそうです。しっかりと襟を正し聞きたいと思います。

質疑応答では瞑想についてだけでなく、食について、世の動きとダンマについてなど皆さん自由闊達に質問され大変盛り上がりました。

今後も月に1回、アクセスの良い都内で原始仏教トークとウポサタ傳修会を開催する予定です。

回を追うごとにどんどん内容が充実して行っていますのでしばらく足の遠のいている方もご参加お待ちしています。

参学者C

第22回水曜瞑想会

水曜の夜、傅修院へ。
始めに30分のĀnāpāna sati。

私が無精なため、禅師と同じ空間で坐るのは、久しぶりでした。
私は、雑念が出てきましたが、周りから強力な静寂感を感じました。
深い海の底にいるような……。
こういう静謐で静寂感のある場所で修行すれば、
Ānāpāna satiの修行も、進むかもしれないと思いました。

法話は、無礙解道論(Paṭisambhidā magga)大品3 入出息論(Ānāpānassatikathā)の講義。
ひとりで読んでも、意味がわからない部分なので、解説していただくのはありがたいです。

法話に相当するのは後で調べましたら、以下の部分でした。

『南伝大蔵経 40巻 小部経典 18 無礙解道』p.267〜

(中略)

内容は、非常に微細なレベルの
「Sammā saṅkappa(正思惟)= Nekkhamma(出離)、Abyāpāda(無瞋)、Avihiṃsā(無害意)」など。

印象に残ったのは、
Assāsapaṭikaṅkhanā nikanti taṇhācariyā samādhissa paripantho.
入息の希求・欣求・愛行は三摩地の阻害なり。

「Ānāpāna satiを行い、『あ、これいいじゃん!』と思うのも渇愛で、それはSamādhi(定、三摩地)の妨げである」と……。

「いい感じ」 「いい感覚」 というものが生まれるとすぐに飛びついて執着してしまうというのは人間の性なので、それに惑わされない洞察力と、ほんの一刹那であっても、煩悩(kilesā)に対する厳しさはすごいと思いました。

その他、「ここまで精妙なDhammaがあるのか!」と驚嘆しました。
この精妙なPaṭisambhidā maggaの法話、講義を水曜日の説法で連続ですると禅師から伺って、なんて壮大なことが起こっているのかということにも驚きました。

禅師の法話を拝聴して、Paṭisambhidā maggaを残されたのは、相当の境涯と智慧のある方だと感じました。

個人的に、「やっぱり、Paṭisambhidā maggaは、サーリプッタ尊者の口伝なのかもしれない……」と思いました。

また、説法のあとに禅師の話を伺った時の
「初心者のĀnāpāna sati、中級者のĀnāpāna sati、極めた人のĀnāpāna sati」
の話も印象に残りました。

やや脱線しますが、自分の親はもう歳なのですが、
最近、私が親と過ごせる残された時も無限ではないと感じます。

「一期一会」。

禅師とこうして過ごせる残された時も無限ではないと最近思います。

個人的には、禅師の法話で出たほんの一言から、影響を受けたことが、過去、かなりありました。
やはり、法話を聞きにいかないのは、自分が進歩する機会損失だと最近、思いました。

自分のできる範囲で一期一会のチャンスを大切にしていきたいと思います。

参学者 玄沙

4月15日ウポサタ傳修会

本日は昨日の天気予報通り、朝から強い風雨になり、自宅を出て直ぐに台風のような突風に傘を壊され出端を挫かれましたが、
宮沢賢治の「雨にも負けず、風にも負けず」の言葉を思い出し傳修院に向かいます。

他の参学者の方々もいつものように参学され、安心感と共に程よい緊張感で瞑想修行とアビダンマ講義に臨みます。
二十四縁起(中伝)も中盤に差し掛かり、第十番目の縁起、Purejātapaccayo(前生縁)の第1回目の解説に入ります。

禅師の冒頭のお話のとおり、前生縁はこれまで学んできた縁起の様々な要素を含む縁起でもあり、多面的考察で現象の分析を行うアビダンマの、緻密な奥深さや正確さを再認識させられる内容でした。

前生縁とは、ある現象が先に生起し、それが原因あるいは必須条件となって、その後の現象を生起させるような縁起関係をいいます。例えば五門心路過程においては、所縁と五識、Pasādaと五識との関係、またHadayavatthuと意門に生起するCittaとの関係が前生縁にあたるとのことで、眼門心路過程を例に取り、禅師が懇切丁寧な解説をして下さいました。

少しの休憩を挟んで、次は修行報告に基づく瞑想指導と質疑応答です。今回はしばらくぶりに参加いたしましたが、たいへん為になるお話を伺いました。

すべての比丘が確実に食事のお布施を得られるように、お釈迦様が如何に苦労されていたか、また、食事の際にアクサラダンマ(貪り)を生起させないように、どのように弟子達を指導されていたかとの内容で、自分自身の日々の修行にも取り入れたいと思いました。現実に即したお釈迦様の適切な対応には本当に感心させられます。

また、ダンマパダの一節に関する質問に対してのお答えの中で、そのお経がどのようなシチュエーションで説かれたかを明らかにした上で読むことが特に重要であるなど、 お釈迦様の説かれたお経の真意を汲み取り理解する際に、留意する点や心構えについてのお話がありました。

本日もまた、アビダンマの知識の必要性を痛感する日曜瞑想会となりました。

参学者HY

第21回托鉢会

何度か托鉢会に参加していますが、ついにブログの当番が回って参りました。今回は私(参学者TS)から見た托鉢会を、時間軸に沿って記させて頂きます。
拙い文章を失礼いたします。

持参する料理は、道場で調理しても良いですし、駅近のオ○ジン弁当やコンビニで購入しても良いのですが、私の場合は自宅で調理して持って行きます。

調理中は、ひたすら「無心」。時間に余裕が無いため、何か思うと「開始時刻に間に合うのか」と焦りを伴う思考が回転し始めることから、思考は直ぐに流します。サラリサラリ…………瞑想中よりも上手く出来ている気がしなくもないです。

そして料理が出来、電車の時刻にギリギリ間に合う形で家を出ました。家を出てから道場までは、駅へ向かうときも、途中の乗り換えも、道場までも速歩です。
「これほど急いで会社に向かったことが何度あっただろうか」などと、またもや、つまらぬ思考が沸いたりしますが、ここは速歩に集中することで思考を流します。

さて、道場に到着し、中に入ると、右側に見えるのが台所です。

この扉を開けると、だいたい典座のIさんがいらっしゃって調理をしてます。その調理場に立つ姿を拝見すると

托鉢会に来たーーー(・∀・)!

という実感が沸いてきますので、扉が開いていないときは、敢えて扉を開けてお姿を確認します。いわば”御開帳”ーーこの時から托鉢会が始まるといっても過言ではありません。

私が道場へ到着するのはだいたい15分前ですので、急いでお皿への盛り付けを始めます。
そして諸々の準備が終わり、二階へ移動し托鉢会が開始となります。

先生がお見えになると、

先生だーーーーーー(・∀・)!

と、1000ピースのパズルの最後の1つがはまったが如く、大きな歓喜の叫びが聞こえますが(心の中)、
現実の室内の空気は、先程までの慌ただしさとは打って変わり、しんと静まり、厳かな雰囲気が漂います。

本日も美味しそうなお料理が並びました。

 

ほうれん草の白和えと、和風ロールキャベツには、木の芽があしらわれています。
この木の芽は、道場に植えられている山椒です。とてもよい薫りがしていました。

●花壇(第2の畑)の山椒

春巻きは、参加者の御母堂様がお作りになられたとのことでした。大きくて食べ甲斐があり、美味しくいただきました。

なお、食事中は静かに黙々と頂きます。
小心者の私は、自分が作ってきた料理への反応を見るのが怖いため、他の方が食べている様が目に入らないよう、誰もいない方向に視線を向けたりしつつ、ややドキドキしながらお食事を頂きます。

食事が終わると、暫く先生と参加者の談話のお時間があり、終了となります。
午後は、瞑想をしたり、作務をしたりと、自由に過ごします。

ようやく、伏線を回収できる時が来ました。
しかし既に駄文が続いていますので、ここはサラリと流したいと思います。

先程の山椒の写真で、「第2の畑」と書きましたが、今日は、屋上で家庭菜園を始めるための準備をしました。色々植えるメインの畑作りです。

途中、スコップが壊れるという想定外の出来事もありましたが、他の参学者のご協力が得られて、予定していた内容に近いところまで終えることが出来ました。

道場に集い、心を育てていく我々と同じく、道場で育っていく野菜。どんな風になるのかと思うと(まだ植えていませんが)今から少々楽しみです。

以上、本日の托鉢会でした。

参学者TS

第21回水曜瞑想会

 

本日は30分間の瞑想の後、禅師からクッダカ・ニカーヤ(小部経典)の無礙解道論/安般念の章に説かれている「Kakacūpamā(鋸歯の譬え)」について、詳しい解説をしていただきました。
これはサーリプッタ長老がĀnāpāna修行のエッセンスを譬喩の形で開示されたもので、
私たち修行者にとって非常に重要なダンマであることがわかりました。

今回は禅師が「伝法」という形で法話をされたので、ここで内容について詳しく述べることは差し控えますが、因相・入息・出息の三法について、たいへん示唆に富んだご教示をいただきました。

数週間前の水曜瞑想会の法話及び傳修院リトリートでの法話から、
禅師は瞑想を修習する際の実践的な方法の伝授を、システマティックにはじめられています。
法の伝授は一期一会であり、聞き逃したダンマは、今後いつ耳にすることができるか、わかりません。そしてそれが私たちの将来の修行に大きな影響を及ぼしてしまうかもしれないことを思うとき、正に「聞法の機会を一度もミスすることはできない」という緊張感のあるSaṁvegaをひしひしと感じ、「一生懸命修行しよう!」との決意を新たにいたしました。

参学者MM

灌仏会&リトリート

水曜瞑想会やリトリートでは、具体的な修行法を教えていただいています。
今回は、無碍解道論で開示されている十八随煩悩のうち、最初の二つについて解説されました。
①ポッタバの圧力を作為的に高めること、
②鼻腔に沿ってポッタバの道を作って感受しようとすること(サーフィンに乗るように呼吸を楽しんだり、熱を感じることを含む)は、「内側への散乱/外側への散乱」であり、心を動揺させ、専注の障害となるため、自分にこれらの癖がないか徹底的に観察するよう指示されました。
③タッチングポイントを点ではなくて網で捉えると、圧をかける癖がなくなるというコツも開示されました。

ウポーサタでは、参学者の方が手作りの桜餅をダーナされ、禅師からプラサードとして参学者全員に手渡されました。

アビダンマ講座での親依止縁の解説に引き続き、灌仏会が催されました。

仏隨念を皆で唱えながら、各参加者がお釈迦様の像に礼拝し、甘茶を3回かけて、再度礼拝することを繰り返します。
桜の花で美しく飾られた御堂の中で、お釈迦様がいわゆる天上天下唯我独尊の姿勢をとられています。
これは天神衆に対して、お釈迦様が自らを最勝のものであって、最後の生まれと高らかに宣言されたものであると解説されました。

IさんとOさんの美しい飾りつけが、何とも言えない美しく上品な雰囲気を醸し出しており、甘茶も美味しく、リトリートの後半も頑張ろうという気持ちになりました。

修行報告に基づく瞑想指導では以下のとおり解説されました。
①ブッダニミッタと一緒に呼吸することでお釈迦様とのonenessを確立すること、
②大念処経の「ろくろ工」のイメージで瞑想する際は、作為性が入らないよう注意すること、
③自分・好きな人・嫌いな人等の幸せを願うスタンザは、無碍解道論における慈禅定修習のための詳説の導入部であって、メッターの随念そのものではない。あくまでメッターとは慈経に書かれている崇高な想いであること、
④現存するパーリ仏典とお釈迦様在世当時の原始仏教の間にも大きな隔たりがありうるのであって、私達はすでに見失われてしまった先人達の歩んだ古の道を、ダンマの灯をたよりに一歩一歩進んで行くしかないこと、
⑤祇園精舎における当時の風景(真っ青な空と輝く太陽、気温は高いが湿度低く、色とりどりの花が咲き、さわやかな風が菩提樹の木陰を吹き抜け、静寂に包まれる中で大長老らが真摯にお釈迦様の話を聞いている風景)こそが、禅師にとって仏教の原風景であること。

今回は桜に包まれた華やいだ雰囲気の中、素晴らしいリトリートとなりました。

参学者S

托鉢会から参加させていただきました。

参学者の方々から、灌仏会(かんぶつえ)の桜の花がたくさん届き、道場の飾り付けも最終段階です。

第一瞑想室もすっかり華やかになりました。

Iさんが先週、朝4時にまで作業されて、お作りになられた花御堂もいよいよ完成間近です。

本日の托鉢会は、

桜えびが味のアクセントになっていた、「山菜と桜えびの炊き込みご飯」

早春らしくグリーンいっぱいの「ブロッコリーとアスパラのサラダ」

「ひじきと大豆の煮付け」

「おでん」

「ゆず風味のひじきと豆のサラダ」

「ササミ入り野菜サラダ」

などが持ち寄られました。

甘茶も、本日届き、明日の灌仏会(かんぶつえ)の準備は整いつつあります。

世の中は、既に葉桜な所も多いですが、傳修院は、桜の花々で満開ですので、甘茶も楽しみにされながら、ぜひご参加ください。

午後からは第3回のリトリートがはじまります。

桜の花に囲まれながら、明日日曜日の午後9時まで、しっかり瞑想に打ち込みたいと思います。

参学者L

第21回水曜瞑想会

なぜか出がけに色々と用事が入り(Akusala Vipākaなのでしょうか・・)、いつもながらに結局ギリギリにオフィスを出て、20時直前に傅修院に駆け込みました。

瞑想会の前半、20時から30分の瞑想を禅師と共に。今回は、これまでより落ち着いて瞑想に専注できました。途中の電車の中で、瞑想に向けて意識的に心を整えていたのが、有効だったようです。

その後、禅師より1時間弱の法話と質疑応答です。
本日も、修行法、その中でも前行全般に関わるお話です。これまで数回にわたり前行のハウについてのお話をして頂きましたが、本日は、それら前行全体の重要性の再度の強調、そして前行とは瞑想実施直前のタクティクスに留まる話ではなく、広く日常での生活のあり方に関係するものである、という内容です。
禅師は、かつて交流のあった世界トップレベルのアスリートの実話を挙げられました。彼の試合本番前のトレーニングが、個別動作の単調な繰り返し確認のみという愚直なものであったこと、しかしそれが、短い本番の試合に向けた長い準備期間中に極めて真剣に行われていたことに、大変驚かれたそうです。
我々のアーナパーナサティの修行になぞらえれば、日中の短時間の瞑想や日常の呼吸の意識、随念などが個別パーツの準備的トレーニングになります。これらを、例えば夜のメインシッティングに向けて、意識的に反復していき、そうしてメインの20分なりの瞑想において、それまでの一日を通じたパーツレベルの努力を集約・集結させる、というイメージになります。ここで、日中のパーツレベルのトレーニング全体が前行であり、瞑想直前の準備動作のみを前行と考えてはならない、そうした狭義の前行のみで良い瞑想が出来ると考えてはならない、ということです。
また、そもそも「瞑想によって心を静める」という捉え方も、真摯な修行者の態度として適切ではなく、日中を通じた本来の前行によって、主たる瞑想修行の実行までに既に心は静まっており、その状態で瞑想を実行することで高いレベルの精神状態を得、そしていずれは禅定に至る、と考えるべきであるとのお話もありました。瞑想を「心を静める手段」とステレオタイプに考えていた自身の見解を、改めることとなりました。

最後に質疑応答の時間も設けて頂き、在家修行者の我々にとっての共通課題である、日中の仕事との付き合い方等について、具体的な幾つかのアドバイスも頂きました。

今週末は、通常のウポーサタ傅修会・托鉢会に加えて、リトリートや灌仏会など盛りだくさんですが、粛々と修行生活を継続していきたいと思います。

参学者TA