2月10日〜2月12日 托鉢会、ウポーサタ傳修会、開山後初!リトリート

2月10日〜2月12日にかけて托鉢会、ウポーサタ傳修会そしてリトリートに参加しました。

まずは托鉢会です。リトリート前ということもあり、量や種類がいつもより気合が入っています。今回用意された料理の数々はリトリートの朝食、昼食としても活躍します!

 

リトリート前には玄関に参学者お手製の看板が取り付けられ、道場らしさがグッと増しました。そんな中いよいよ道場開山以来初となる公式リトリートの開始です。

まずは禅師からオリエンテーションが行われました。リトリート期間中は聖黙を保ちます。聖黙とはただ話さなければいいというわけではなく、加えてマインドフルに行動して物音を出来るだけさせないようにすることだと語られました。そうすることでブッダ在世当時、比丘1000人以上の集まりであっても、誰1人いないようであったとされる静寂な雰囲気に近づけるとのことでした。実践する際の注意点としてはあくまで自らの発する音に気を使うべきで、周りの人に対しては寛容な態度でいるようにとのことでした。

続いて伝法です。傳修院のリトリートでは伝法が行われ、修行するテーマが伝えられます。今回の伝法では、基本的な座り方、調心調息、そしてChankama(立禅、歩行瞑想)が語られました。

水曜瞑想会でも語られた、基本的な座り方(庚の三脚、背筋の伸ばし方など)や調心調息(息を吐き切り思い切り吸う、逆腹式呼吸)ですが、長年瞑想をしている方でも目から鱗のような充実かつ重要な内容でした。

Chankamaについては、アーナパーナサティの場合、息の出入りの感覚を決して失わないよう姿勢を変えたり、歩いたりすることが必須であるとのこと。また随念やお経を心で静かに唱えながらするのにChankamaは最適であるとも語られました。

今回のリトリートでは第2瞑想室がChankama用として解放され、座る瞑想用の第1瞑想室と自由に行き来しながら瞑想を実践することができました。長い時間座るのが苦手な方でも姿勢を変えることで1時間はあっという間に過ぎていきます。

久しぶりに個人インタビューも行われました。予定より長時間に及んだ大いに盛り上がり充実した内容の濃いインタビューだったようです。

また今回は食事前に四資具の考察(食事部分)、食厭想を唱えました。今後ウポーサタ傳修会の昼食でも実施される予定です。

日曜はウポーサタ傳修会です。リトリート期間中のため、道場を訪れる方は全員聖黙、八戒を護持します。道場の雰囲気がいつもより静寂、清浄に感じられます。

修行者のためのアビダンマ講座は今回からSahajāta-paccayo(倶生縁)です。短いながらエッセンスが詰まったダンマになります。講義は理解が必須となるrūpaについての復習も交えつつ進めます。そして受講者にはスタンザの暗記が求められます!

続いて修行報告に基づく瞑想指導です。
今回は全修行者へのアドバイスとして修行を深めるために四正勤法を活用することが推奨されました。また詳細な誓願の仕方を禅師御自身の誓願を紹介しつつ伝授いただきました。

 

そしてリトリートは翌日の17時まで行われました。瞑想合宿としては3日間という短い期間ですが、参加者の皆さんは伝法された内容を一生懸命実践され、とても内容の濃いリトリートとなりました。今後も連休を利用してリトリートは開催される予定です。道場の雰囲気もよく、充実したリトリートになること間違いなしですので新たな参加される方お待ちしています!

参学者C

第12回水曜日瞑想会と2月リトリートについて

昨日は水曜瞑想会に参加しました。

まずは禅師、法友の皆様とともに30分の一座です。1人で座るより不思議とこの静寂な一座はあっという間に過ぎてゆきます。

続いてmini法話です。今回はきたる2月10日(土)〜2月12日(月)に行なわれる公式リトリートについてお話しされました。

今回のリトリートは八戒護持、聖黙徹底はもちろんのこと、歩行瞑想を中心とした四つの威儀姿勢について実践の伝授がされるとのことです。これは非常に楽しみですね!久しぶりの個人インタビューも実施され、短いながら充実したリトリートになりそうです。

参加者に課せられた義務としてリトリートまでに、日々の瞑想時間を増やして体を長時間の瞑想に慣らしておくことが重要だということです。

詳細はまた追って告知の予定です。
私も日々の瞑想時間を増やし備えたいと思います。参加者される方どうぞよろしくお願いします!

参学者C

第9回托鉢会

本日は托鉢会に参加しました。

家で調理したり、道場で調理したり、(調理器具充実しています!)、お店で出来合いのものを買って来るなどして今回も参学者による素晴らしいメニューが揃いました。

 


  1. 禅師にお布施された食事は美味しさもさるこもながら、見た目もインスタ映えしそうな美しさがあります!


修行成就を願い、このお布施の功徳を生きとし生けるものに回向致しました。何度しても清浄で素晴らしい瞬間です。


食事の後は禅師と参学者たちとの和やかな会話が行われることが多いです。托鉢会のあとはゆっくり時間が流れるのが特徴で、瞑想はもちろん禅師や参学者たちと交流を深めたりと素晴らしい時間を過ごすことが出来ます。短時間で濃密な水曜瞑想会、イベント盛り沢山の日曜瞑想会とは違った趣がありますので土曜に時間をお作りいただいて気軽にご参加下さい!

参学者C

2017年最後の日曜傳修会

本日は今年最後の傳修会でした。

国旗と仏旗の掲揚です!

大晦日でしたが、菩提心溢れる参学者たちが朝早くから集いました。
シュラインの飾り付けや参学者からのお布施もすっかりお正月モードとなっています!

見てるだけで気持ちとお腹がいっぱいになるお布施の数々でございます。

 

まずはアビダンマ講座です。今回は24縁起中伝第7回です。本年最後もしっかりと傳授がなされました!


続いて修行報告に基づく瞑想指導です。本日は死随念による逼迫感の喚起や外部からのAkusalaな攻撃には同じ土俵に上がらず笑い飛ばすなど様々な指導がありました。また現代の修行者全員の課題として、TVなどのメディア関連やメール関係との付き合い関係について語られました。私も今一度節度ある付き合いについて熟考しなければならないと感じた次第です。

さて道場は年始も開門しており、禅師からの特別法話など様々イベントを用意しています。是非初詣にお越し下さい。

今年は記念すべき道場開山の年となりました。来年は道場そして参学者たちのさらなる飛躍の年といたしましょう、どうぞよろしくお願いします!

参学者C

 

第7回托鉢会

今日は托鉢会でした。

今年最後の托鉢会です。本日も初参加の方を含め参学者の方々が料理を持ち寄り集まりました!

本日禅師にお布施した料理です

参学者Iさんによる関東風!肉そぼろ

参学者Tさんによる大根の味噌煮 クインシード和え

白ご飯がよく進む料理の数々でした!

托鉢会は比丘の方に食事をお布施出来る貴重な機会でありますが、参学者同士、食事を通じて交流出来る楽しい会でもあります。 食事後はゆったりとした時間が流れ、禅師や法友達と語り合うことも珍しくありません。

日常生活や修行で行き詰まりを感じている方も、気軽に参加して心を柔らかくしてはいかがでしょうか?来年もご参加お待ちしています!

 

参学者C

第7回水曜瞑想会

昨日は水曜瞑想会でした。

職場から直行する人も多く…(私もです)スーツで座禅を組む姿はなかなか趣があります!本日もあっという間の30分瞑想でした。

続いてmini法話です。本日はアスピレーションに関する法話の第3回目「アスピレーションを守る」です。アスピレーションがないわけではないけれど安定しないというのが修行者共通の課題、悩みのように思えます。禅師からは以下4つのアスピレーションを喚起させる方法が開示されました。

①真摯な修行者の話を聞いたり、伝記を読んだりする。(テーラーガーター、テーリーガーターなど)

②修行道場に行き法友と交わる
(世間話でなくダンマトークをし、お互いに菩提心を刺激し合う)

③ブッダ、聖者、ダンマネームなど自らアスピレーションを呼び起こすキーワードを唱え続ける
(タイの森林派ではひたすらブッダの名を唱え続けるブードーメディテーションとして実践されている)

④修行日誌をつける
(不調な時に素晴らしい体験をした記録を見返して瑞々しい思いを呼び覚ます)

どの方法も素晴らしいと思いましたが、③を敬愛するアーナンダ尊者で試してみたところ、涙が溢れてくるような不思議な感覚になりました。

色々試してみた感想などを法友とシェアする…といったこともいいかもしれませんね、是非道場で語り合いましょう!

参学者C

日曜傳修会

本日は日曜傳修会でした。

アビダンマ講座は24縁起中伝第6回でした。Viriya Cetasikaの性質も復習しつつの密度の濃い講義となりました。ホワイトボードが導入されより講義に幅が出来ました。

また第2瞑想ルームに講義が中継されるシステムが運用開始されました。参学者の努力の結晶です!
本日はお子さんを連れた参学者がご利用されました。人数が増えた際もこれで安心です。

続いてダンマに関する質疑応答です。修行で燃え尽きない方法や大きな法果を求めて前に進むというよりは菩提心を守って、地盤を固めていく修行の重要性など語られました。

さて来週大晦日も通常通り傳修会が行われます。
その後三が日は希望者は合宿形式で過ごすことができ、禅師による法話も予定されています。年末年始も盛り沢山ですのでご来山お待ちしています。

参学者C

第6回水曜瞑想会

昨日は水曜瞑想会でした。

まずは禅師、参学者のみなさんと30分瞑想です。座った後は日常の心のざわつきが一気に鎮静化して行くのを感じました、とても素晴らしいです!

続いてmini法話です。前回からアスピレーションに関する法話が始まりました。今回は第2回「内なる目覚め」です。行苦→信→法悦…と続いていく出世間の12縁起に関連して、信、アスピレーションの重要性が語られました。また注意点として修行の進み方は個人によって実に様々であるため、性急に結果を求めず、内にアスピレーションを燃やしながら日々やるべき修行をやり、法果を待つことが修行者としてあるべき態度だと指摘されていました。


アスピレーションなき修行は修行にあらずということで私も瞑想はもちろん、作務においても信を押し出しながら行いたいと思います。共にアスピレーションを刺激し合いながら前進していきましょう!

参学者C