2018/12/5 第56回水曜瞑想会

水曜瞑想会では、まず30分、禅師と共に瞑想します。瞑想を毎日長い時間・長い期間に渡って継続することは、私には難しいことです。そんな瞑想初心者の私も、傳修院に通うようになってから毎日…ではないのですが、曲がりなりにも瞑想を続けてきて、先日気が付いたことがありました。

以前、禅師から「dosa(瞋恚・怒り)はすべてを焼き尽くしてしまう。これまで長い時間をかけて苦労して積み上げてきたものを一瞬にして失ってしまうことになる。dosaの生起には細心の注意を払うように」という内容の法話を聞いたことがあります。私は「そうか、確かにそうだ。気を付けよう」と考えましたが、しかし、その実、その時は法話の内容を今一つ自分のこととして捉えていなかったのです。私は子どものころから大人しい性格で、他人に怒りを向けることはほとんどありませんでした。むしろ、自分は他人に対して怒れないことが問題なのだと感じていました。家族でも職場の同僚でも私を怖がる人はいませんし、むしろ軽く見られてないがしろにされることが多い人間です。

そんな私でもたまに腹が立つことがあります。瞑想を続けていくに従って、そうした「たまに生起する怒り」も回数が減っていくのを実感しました。例えば身近な存在である配偶者のちょっとした言葉への怒り、自己中心的な職場の同僚の身勝手な言動への怒り、そうしたものも、瞑想を続けることで減っていったのです。

…と、思っていました。ところが、最近、日常生活でさらに心をより微細に観察するようになると、実にさまざまな場面、機会で、心に微妙なdosaが次々と生じるのがみえてきました。それは怒りとはいえない小さな嫌悪感であったり、感情になる前の拒絶する雰囲気のようなものであったり、ほんの小さな不安感のようなものであったりしますが、自分がなにかを次々と拒もうとしているのが分かります。「ああ、自分は子どもの頃から他人に怒りを示すことなどない温厚な人間だと思ってきたし、激怒してみせて人を自分の思い通りに動かそうとする人、威張って他人に対して怒鳴るような人、そんな人たちを軽蔑してきたけど、それは大きな誤りで、自分こそが常に他人に怒りを感じている人間、とても怒りやすい人間だったのだ!」と気が付きました。

これからの課題は、生起したdosaにすぐ気付き、代わりに慈しみの心を起こさなければいけないということでしょうか。そういえば、ちょうど、日曜瞑想会では禅師による慈経の講義が佳境に入ったところです。慈経のパーリ語の単語ひとつひとつを丁寧に紐解いていく禅師の講義を聴き、よく隨念することで、私にもadosa(無瞋)な慈悲の心が生まれるようになるのでしょうか。

今日の法話は、無礙解道・根論の4回目、十行相の後半の伝法に入りました。十行相の前半で五根(信根・精進根・念根・定根・慧根)はカウンターダンマによって清浄化されました。十行相の後半では、禅定によって五根を妨げるものを抑制することにより五根を活性化し、さらにヴィパッサナーによってそれを促進し、五根を陽転させることが説かれます。併せて禅師からは根(indriya)についての説明、cetasikaとindriyaの違い(たとえばsatiとsatindriyaの違い)、22ある根のなかでとりわけ五根が重要であること、そして、五根と五力の関係についてなどの詳しい伝法がありました。スタンザの解説の射程は深く四向四果にまで届きました。そして朗報ですが、これまでの無礙解道の伝法についてすべての法話を配信準備中とのことです。

さて、今日も帰り道で善友の方々と少しお話しする機会がありました。禅師と一緒に瞑想すると内面に深く入れるのでできるだけ禅師のすぐそばに坐りたいという方、ご両親の介護の負担がだんだん高くなっていくなかご自分の修行も傳修院での作務も怠りなく進める方など、お話を伺っていて非常に感心しました。自分はあまり社交的ではないためこの様な機会も少ないなか、傳修院に通うことで得難いご縁がいただけて嬉しいです。徳分のある方々はさらに積徳のため精進されるものだと感じ入りました。

参学者SA