2018/11/25 ウポサタ傳修会&リトリート

本日はウポ-サタ瞑想会でした。
傳修院ではおとといから三日間のリトリートが開催されており、私も参加いたしました。短いリトリートではありますが、今回も自分なりの発見があり、参加して良かったと感じております。

午後からはアビダンマ講座でした。24縁起詳説の解説が終わった現在、同一の縁法/縁所生法を持った縁起をサブグループとしてまとめ、様々な角度から、今までの講座の知識を総動員した解説が行われています。縁起の法の解説自体希少であるのに、ここまで徹底的に解説いただくと圧巻です。我々には重要なダンマの暗記だけではなく、それらの随念、省察が求められています。ダンマを聞いただけではなく血肉とし、自ら状況に応じて使えるようになりたいと感じました。

続いて慈経の解説です。毎回一語一句丁寧に紐解いていただけるので、解説前と解説後では、お経の印象がかなり変わります。全ての解説が終わった後、自ら深く随念していけば慈経がどんなものに変容していくのか楽しみです。

続いて修行報告に基づく瞑想指導が行われました。
無礙解道のダンマを駆使して瞑想に取り組む参学者の報告があり、大変感銘を受けました。
私達は素晴らしい聞法の機会に恵まれているわけですから、伝法されたダンマを自分の修行の中で活かしきれるように理解を深めなくてはならないな、と気を引き締めた次第です。
私も法友たちの刺激になれるよう精進していきたいと思います。

参学者C