2018/10/17 第49回水曜瞑想会

数年前のことですが、何かと不安になりやすく悩みごとの絶えない私は、そうした自分自身を少しでもラクにする手段はないものだろうか、と常に考えていました。そうした中で現在も流行中のマインドフルネスを知り、興味をもって調べていくうちにマインドフルネスの源流に南伝仏教の「ブッダの瞑想法」があることを知ります。

「仏教の瞑想といえば、坐禅じゃないのかな? どんなものだろう?」と、興味をもった私は南伝仏教についての本を読み様々な法話会、瞑想会に参加しました。

最初の心づもりとしては、ちょっと南伝仏教の瞑想についてかじったらマインドフルネスの勉強に戻ろうと考えていました。ところが幼少の頃から宗教が好きだったこともあり、さらに南伝仏教のお坊様方がとんでもなく魅力的な方々ばかりということもあり、とうとうマインドフルネスに戻ることはなく現在に至ります。

南伝仏教のお坊様方の素晴らしさについては、当時このように考えていました。まず、悩みをもった人々への説法の場では、世俗的な悩みでも哲学的な迷いでも、とにかくどのような質問でもパーリ仏典に基づく仏陀の知恵で気さくに答えてくださる。さらに、法話だけではなく、バリエーションはありますが瞑想の仕方を教えてくださるのです。つまり現実的、実践的に悩みを解消するツールを与えてくださる。しかも多額のお布施を強要するということはない。ないどころか要求すらしない! なんと素晴らしいことでしょう。日本にたくさんある大乗仏教のお寺やお坊さんがやるべきことはこれではないのかな。そのように感じ、南伝仏教に惹きつけられたわけです(もちろん、現在では日本のお寺やお坊様も様々な取り組みをされていることを承知しています)。

仏教的な考え方や瞑想の実践は、多少なりとも私の心に安穏で静寂な時間をもたらしてくれました。

さて、今日の法話は「無碍解道入出息論 三十二作念智」の「短入出息」及び「遍身出入息」についてです。
今回は、まさに瞑想法アナパナサティについて、それを修習しようとする誰もが疑問に思う点についての伝法でした。

アナパナサティ・スッタで「長い息を吸っているときは〜」からはじまるスタンザにおいて、一行目と二行目の「長い息」「短い息」とは? 「長い」「短い」の基準はあるのか? 「長い」息と「短い」息を決めたとして、では具体的にどのように修習すればよいのか?

また、三行目の「Sabbakāyapaṭisaṃvedī~」のSabbakāyaとはなにを指すのか? 身体全体のことなのか、それとも呼吸自体をKāyaとみて息の全体を感知することなのか?

こうした点について、サーリプッタ長老の説示とされる無碍解道では具体的に記述されており、それを禅師が明解に紐解いてくださいます。説明に際しては、アビダンマによる豊かな肉付けもあり、その伝法は明解でありながら大変詳細なものでもありました。

傳修院からの帰り道、法友の方々との第一声は「今日(の法話)はすごかったね!」でした(思い起こすと毎週そう言いながら帰っているのですが)。
理解するだけではなく、さっそく自分の瞑想の修習に取り入れていきたいと思います。

参学者SA