2018/10/14 ウポーサタ傳修会

先月から気分転換も兼ねて傳修院に行くのに最寄り駅でなく、少し遠い乗り換え駅まで自転車で行って、そこから電車に乗って道場に通っています。今日は朝から雨模様で、降ったりやんだりの天気だったので、自転車では無理かなと思ったのですが、出かけるころには空が明るくなってきて大丈夫でした。

午前中の瞑想から参加しました。最近短い時間で区切りながら、瞑想するようにしているので、長い一座は久しぶりでした。

アビダンマ講座はSahajātapaccayoのMajjhima-Sahajāta Paccayoグループの解説でした。今日の講義でSahajātaとAññmaññaとSampayuttaの微妙な定義の違いや、どういったニュアンスで分類しているのか等、わかりやすくなったと思います。講義の内容自体にはついていけるのですが、大分前に学んだCetasikaの詳細がだんだん怪しくなってきたので復習の必要を感じました。

質疑応答では、仏随念の時の心の使い方についてお答えがありました。
NimittaをトリガーとしてSaddhāが出てくるように、お釈迦様のNimittaを自分の心の中で育て上げていかなければならない、というお話でした。
Nimitta自体が本物のブッダかどうかはポイントではなく、それがSaddhāのトリガーとして機能するかどうかが重要ということでした。
個人的にとても参考になるお話でした。

また、自分の目指す修行者モデル、という質問について、仏教徒なら慈経にあるような修行者を目指すべし、というお話がありました。
私個人の人間関係を想い起こせば、それは困難なことのように思えましたが、お経の中でも最も古層に属するスッタニパータの中に編纂されている、おそらくお釈迦様の本当のお言葉だったろうと思われる慈経ということもあり、やはり忘れずに心にとめておこうと思いました。

参学者Y