2018/10/03 第47回 水曜瞑想会

本日は水曜瞑想会に参加しました。心地よい静寂の中、30分間の瞑想では、先日のメディテーション・ワークショップで学んだ調身・調息からじっくりと瞑想に入っていき、あっという間に終了の鐘が鳴りました。

続いて無礙解道の伝法です。今日から大念処経、安般念経に記されているアナパナサティのスタンザの解説が始まりました。

本日は前文の「森、樹下、空き家にて結跏し、身を真直にして念を現前に置き正に入出息する」という部分の読解でした。原文のパーリ語を1つ1つ参照しながら丁寧に解説いただいたのでとてもわかりやすかったです。

個人的に感銘を受けたのは「アナパナサティの対象であるTouching Point(呼吸が皮膚に接触する点)は禅定への入り口」ということです。
その大切な入り口を瞑想中に容易に見失ってしまうのは、接触点に対して念をもって専注するべき「心」が、専注を離れて移ろってしまうからだ、と感じました。決して見失わないよう修習を深めていきたいと思います。

次回の伝法は来たる土曜日、托鉢会の後のリトリート伝法となりますが、アナパナサティ修行者にとって最も馴染みのある「長い息を吸いながら…」のスタンザの解説に入っていくとのことなので、とても楽しみです。

参学者C