第44回托鉢会&無礙解道論伝法

本日は托鉢会に参加しました。
先週からリトリートが行われており、最近は「いつも誰かしら道場で修行している」という状態が出来つつあり、大変素晴らしいと思います。
今回は喜ばしいことに初参加の方もおられ、托鉢会では多彩な料理の数々が並びました。

明太ポテトサラダ

コールドチキンローズマリー風味

小松菜のおひたし

もやしのビビンバ仕立て

味付けメンマ

野菜のあさづけ

ミッスクビーンズピクルス

帆立とホッキ貝スープ仕立て

 

托鉢会の後、休憩をはさんで授戒と無礙解道の伝法がありました。
今まで数回に亘って行われてきた佛陀論の伝法は、本日で最後となります。


佛陀のその驚嘆すべき特徴について、詳細に解説頂き、「まだ自分は全然佛陀について分かっていないな」との感想を持ちました。
今回もお話がありましたが、果てしない期間波羅蜜を積んでこられたお方であり、簡単に理解したと言えるような存在ではありません。本講義で開示いただいたスタンザを沈思黙考し、理解を深め、お釈迦様への信を深めていきたいと思います。

その後はリトリートに入りました。私も最終日まで参加しますので法友達と駆け抜けたいと思います。

参学者C