第42回水曜瞑想会

本日、水曜瞑想会に参加しました。
瞑想後の法話は、無礙解道大品出入息論のBuddhoti(佛陀論)の第一回でした。

相応部経典 大篇 根相応に、信根、精進根、念根、定根、慧根の五根に関する経典群があります。
その2.軟弱品第三略説[二]に、
「比丘たちよ、これら五根を完成し円満すれば、阿羅漢である。 」とあり、
1.清浄品 十分別[二]には、
「比丘たちよ、何が信根か。
比丘たちよ、ここに聖なる弟子は信があり、如来の覚りを信じる。「これによってもあの世尊は阿羅漢、三摩三仏陀、明行足、善逝、世間解、無上士、調御丈夫、天人師、仏陀、世尊である」と。 比丘たちよ、これが信根と言われる。 」とあります。
(mixi原始仏典コミュニティ様訳)

つまり、阿羅漢果を証悟するためには、五根を円満に完成することが必要であり、五根の一つである信根とは、《如来の悟りを信じる saddahati tathāgatassa bodhiṃ》ことと密接な関係があるわけです。
したがって、阿羅漢に通達するためには、《如来の悟りを信じる》ことが必要であるということが導き出されます。

さて、今週から伝法が始まったBuddhoti(佛陀論)は、15項目に亘り仏の福徳を詳細に分析したもので、まさに如来の悟りへの信を喚起・増強する論説といえます。

今週は、15の偈の最初の3つの伝法でした。
「仏陀の本質=誰にも教わらずに無上で最勝の四聖諦を看破する。」を随念することにより、信根を増強・増大させ、円満に完成させるための強依縁になると確信しました。

禅師のお話で印象的だったのが、修行にあたって、自分には意識を向けるが、仏へ意識を向ける人が少ないというお話でした。
自分のことを振り返ると、筋肉トレーニング的な意識でĀnāpānassati(出入息随念行)を捉えていた節があります。
筋トレは、なんの信がなくても、やっていれば結果はでます。
しかし随念は心に関することであり、まさに今、この瞬間の心が大切となるわけです。
無始の輪廻から続く煩悩を調伏するには、今この瞬間に強烈な信が燃え上がっていることが不可欠であるということが、自分にもおぼろげながらわかってきたように思います。

毎日、漫然と文字を書いていても、美しい文字が書けるようにはなりません。
文字を美しく書けるようになる為には、文字を書きながら、それなりの心の使い方が必要となるでしょう。

Ānāpānassati(出入息随念行)にあっては、《信》こそが修行を進化向上させるための心の使い方なのだろうと思いました。
信は、Kusala(善)の母といわれます。信から喚起された善心が、無始の昔から自分を輪廻へと縛っている強力な煩悩を調伏せしめ、修行者を禅定に導くのだろうと思いました。

さて、無礙解道は、サーリプッタ尊者の口伝集とされていますが、お釈迦さまはサーリプッタ尊者について、「比丘たちよ、サーリプッタはあたかも生母のようです。Seyyathāpi, bhikkhave, janetā, evaṃ sāriputto; 」というお言葉を残されています。
(中部経典141「諦分別経」)

「比丘たちよ、あなたがたはサーリプッタとモッガッラーナに親近すべきです。
〔彼らは〕同梵行者たちの資助者となる賢い比丘たちです。
比丘たちよ、サーリプッタはあたかも生母のようです。…… 比丘たちよ、サーリプッタは預流果へ、モッガッラーナは最上義へ教導します。」(光明寺様訳)

お釈迦さまが名指しでサーリプッタ尊者について、「サーリプッタに近親すべきであり、サーリプッタはあたかも母である」とおっしゃられた史実はたいへん重いと思います。
そのサーリプッタ尊者から学ぶということ、それが無礙解道を学ぶ意義であると思います。

参学者 玄沙