第2回マインドフルセミナー「絆-ここちよい人間関係の作り方」

本日は第2回マインドフル・セミナーが行われました。このセミナーは一般の方々に仏教の素晴らしさをお伝えするという趣旨で、2ヶ月に一度開催されています。今回はレンガ造りのおしゃれなカフェ・スペースのような会場で、参加者は禅師を囲むように座り、くつろいだ雰囲気の中で法話が始まりました。

今回のテーマは「絆 - ここちよい人間関係の作り方」です。

今日のお話のハイライトをいくつか挙げてみます。

人と人との関係には、「仲がよい」⇔「喧嘩をしている」という二極の間に、様々な微妙なニュアンスをともなったレベルがあること。
そのニュアンスを客観的に認識することから、人間関係の改善がはじまること。
その人との最も適切な距離を知り、それを保つこと。
貪りによって距離を縮めたり、怒りや嫉妬によって距離を離したりしないこと。
相手から攻撃を受けた場合は、言い訳や反論はせず、反撃もせず、沈黙を守り、しばらく距離を置くこと。 そのかたがその行為によって異熟現象を結実させた場合は、終始ただ中捨の心に住すること。

人間関係は、言葉や行動によるキャッチボールのようなものであり、
相手がどんなボールを投げてこようが、相手が取りやすいボールを投げてあげることを旨とすること。
ドッジボールのように相手にぶつけるためにボールを投げるのは、コミュニケーションではない。それは心が成熟していない人がやることである。
むしろ、たとえ相手がドッジボールのような球を投げてきても、うまくキャッチし、
相手に対してはいつも、捕球しやすいボールを投げてあげること。
成熟した人間であれば、そのように反応するべきである。
人間関係を改善したい場合は、Gratitudeの随念を試してみること。

以上のようなお話のあと、美味しいチャイとプラサードがふるまわれ、Q&Aがおこなわれました。


とてもオープンな雰囲気の中、会社での人間関係、家族との関係のこと、友達との飲み会のこと、夫の昇進を巡っての主婦同士の嫉妬のことなど、いつもの瞑想会では出ないような、日常的で身近な質問が次から次へと飛び出しました。
禅師も時に例えを交えながら、わかりやすくお答えになりました。

ともすれば初心を忘れがちで、Satiも未熟な私にとっては、マインドフルセミナーは原点を思い出させてくれる貴重な機会です。
今回も「そうだ、適切な距離感が大事だった」と再認識でき、またキャッチボールの例えはとても新鮮で、これからは常に心掛けたいと思いました。

参学者N