第26回托鉢会

托鉢会から参加させていただきました。

道場に足を踏み入れると、綺麗に掃除、整理整頓された依報清浄な雰囲気が漂っていました。
平日に道場に足を運ばれて、多くの作務をされている参学者の方々に感謝の思いが湧いてきます。

本日の托鉢会に並んだ料理は

「かぶの酒粕煮」

「ナスとトマトのイタリア風オムレツ」

「かぶのあんかけ」

「ベーコン入りポテトサラダ」

「かぶの葉ときのこのオイスターソース炒め」

「かぶの葉と塩昆布の和え物」

「きゅうりのぬか漬け」

ご飯は「五穀米」でした。

(参学者の方々が用意されたお料理で、禅師のお好きな食材の一つが、なんとなく推察されるのではないでしょうか?(笑))

今回は托鉢会の後に、禅師とカジュアルに色々な会話をさせていただくことができました。

仏教の歴史についてのお話、禅師御自身の今までのご修行のお話、メイミョー僧院でのリトリートのお話、色々な境界(梵天界、天界、餓鬼界、地獄界など)での事情、我々は今後どのように仏教修行を続けていけばよいか?など、世間的な話題も交えながら、アスピレーションを大変刺激されるものでした。

明日は外部会場で原始仏教トークなので、一通りの仏具を取りまとめる作務を行いました。

清浄な気持ちになったところで、これから就寝まで瞑想修行に励みたいと思います。

参学者L