第50回原始仏教トーク「修行の天才」&ウポサタ

本日はウポサタ傳修会と原始仏教トーク同時開催でした。

場所は清澄庭園の涼亭にて行われました。池の上に佇む歴史的建造物で、ガラス張りの襖からの景色は絶景でした。庭園の木々に加えて池には鳥、鯉、亀など様々な生き物も見られて飽きることがありません。

そんな中まずはアビダンマ講座の24縁起中伝第23回です。24縁起の講義ではありますが、心路過程、界論絡めた内容になっており、1度学んだダンマを様々な角度から繰り返し説かれることで知識が深まっていくのが感じられます。暗記をすすめられたものはしっかりと自らの血肉として行きたいです。

休憩時間は縁側で池の景色を楽しみ、瞑想する参学者の姿も見られました。

続いて原始仏教トーク「修行の天才」です。
禅師から仏教の修行の天才になる方法が明かされました。

その方法とは仏教における様々な修行(三宝への信の確立、戒律護持、布施、ご奉仕、瞑想修行、アビダンマ学習、ダンマ暗記など)をすべて100点満点でいう70〜80点取れるよう精進するというもの。不得意分野をそのままに、得意分野ばかりしても仏教修行は円満成就しないとのことでした。不得意分野を底上げしてバランスをとった後、得意分野に取り掛かるのがコツだそうです。修行日誌をつけて失敗したことなども記録することで自らの不得意分野は見つかるということでした。

早速私も不得意分野である依法清浄に取り掛かりバランスを取ろうと決意しました!

来月は修行継続のコツについて語られるそうです。しっかりと襟を正し聞きたいと思います。

質疑応答では瞑想についてだけでなく、食について、世の動きとダンマについてなど皆さん自由闊達に質問され大変盛り上がりました。

今後も月に1回、アクセスの良い都内で原始仏教トークとウポサタ傳修会を開催する予定です。

回を追うごとにどんどん内容が充実して行っていますのでしばらく足の遠のいている方もご参加お待ちしています。

参学者C