第21回托鉢会

何度か托鉢会に参加していますが、ついにブログの当番が回って参りました。今回は私(参学者TS)から見た托鉢会を、時間軸に沿って記させて頂きます。
拙い文章を失礼いたします。

持参する料理は、道場で調理しても良いですし、駅近のオ○ジン弁当やコンビニで購入しても良いのですが、私の場合は自宅で調理して持って行きます。

調理中は、ひたすら「無心」。時間に余裕が無いため、何か思うと「開始時刻に間に合うのか」と焦りを伴う思考が回転し始めることから、思考は直ぐに流します。サラリサラリ…………瞑想中よりも上手く出来ている気がしなくもないです。

そして料理が出来、電車の時刻にギリギリ間に合う形で家を出ました。家を出てから道場までは、駅へ向かうときも、途中の乗り換えも、道場までも速歩です。
「これほど急いで会社に向かったことが何度あっただろうか」などと、またもや、つまらぬ思考が沸いたりしますが、ここは速歩に集中することで思考を流します。

さて、道場に到着し、中に入ると、右側に見えるのが台所です。

この扉を開けると、だいたい典座のIさんがいらっしゃって調理をしてます。その調理場に立つ姿を拝見すると

托鉢会に来たーーー(・∀・)!

という実感が沸いてきますので、扉が開いていないときは、敢えて扉を開けてお姿を確認します。いわば”御開帳”ーーこの時から托鉢会が始まるといっても過言ではありません。

私が道場へ到着するのはだいたい15分前ですので、急いでお皿への盛り付けを始めます。
そして諸々の準備が終わり、二階へ移動し托鉢会が開始となります。

先生がお見えになると、

先生だーーーーーー(・∀・)!

と、1000ピースのパズルの最後の1つがはまったが如く、大きな歓喜の叫びが聞こえますが(心の中)、
現実の室内の空気は、先程までの慌ただしさとは打って変わり、しんと静まり、厳かな雰囲気が漂います。

本日も美味しそうなお料理が並びました。

 

ほうれん草の白和えと、和風ロールキャベツには、木の芽があしらわれています。
この木の芽は、道場に植えられている山椒です。とてもよい薫りがしていました。

●花壇(第2の畑)の山椒

春巻きは、参加者の御母堂様がお作りになられたとのことでした。大きくて食べ甲斐があり、美味しくいただきました。

なお、食事中は静かに黙々と頂きます。
小心者の私は、自分が作ってきた料理への反応を見るのが怖いため、他の方が食べている様が目に入らないよう、誰もいない方向に視線を向けたりしつつ、ややドキドキしながらお食事を頂きます。

食事が終わると、暫く先生と参加者の談話のお時間があり、終了となります。
午後は、瞑想をしたり、作務をしたりと、自由に過ごします。

ようやく、伏線を回収できる時が来ました。
しかし既に駄文が続いていますので、ここはサラリと流したいと思います。

先程の山椒の写真で、「第2の畑」と書きましたが、今日は、屋上で家庭菜園を始めるための準備をしました。色々植えるメインの畑作りです。

途中、スコップが壊れるという想定外の出来事もありましたが、他の参学者のご協力が得られて、予定していた内容に近いところまで終えることが出来ました。

道場に集い、心を育てていく我々と同じく、道場で育っていく野菜。どんな風になるのかと思うと(まだ植えていませんが)今から少々楽しみです。

以上、本日の托鉢会でした。

参学者TS