4/1ウポサタ傳修会

初夏に近いような暖かさの中、朝電車で松戸にある傳修院に向かいました。車窓からは見頃は過ぎたとはいえ、まだまだ満開の桜があちこちで見られました。

ウポーサタ傳修会は、前後の90分の瞑想時間を挟んで、基本的に三部構成になっています。昼食後午後12時スタートの五戒・八戒の授戒およびチャンティング、午後1時からのメインであるアビダンマ講座(今回で218回目)、そして隔週での質疑応答(QA)、修行報告(CI)と続きます。

印象的なのは、禅師が部屋に入って来られると、瞬時にして心地よい緊張感に空間が満たされることです。そしてこれは最近気が付いたのですが、禅師が着座されると、必ずその日の参加者たちの顔を眺められ、慈愛に満ちた微笑みを全員に注がれます。これを見ていると、「ああ、今日も遠路はるばる来て良かったなあ」とつくづく思います。

チャンティングは全編パーリ語で唱えられ、およそ20分くらいかかります。初めの頃は、この未知の言語になかなか馴染めず、時間もかなり長く感じられましたが、今ではすっかり慣れて、お唱えしながらパーリ語独特の心地よい波動に、身も心もすっかり委ねられるようになりました。

何よりお釈迦様の時代から、数限りない修行者たちの口から、これと同じ音が発せられていたと思うと、何やら僭越ながら自分もその方々の末席に加えて頂けたような気がして、心地よい高揚感があります。もし次の人生においても、運良く再びブッダの教えに巡り合えるとすれば、きっとパーリ語の響きを懐かしく感じるかもしれないな、と考えたりもします。

アビダンマ講座はPaṭṭhānaの20回目、今回から新たにUpanissayapaccayo(親依止縁)の解説に入りました。まず初めに、前回まで勉強していたNissayapaccayoのstanzaの暗唱を三人の参学者の方々が披露され、その後Nissayapaccayoの簡潔なまとめがありました。二十四縁起の中には、このNissayapaccayoとUpanissayapaccayo、それにAnantarapaccayoとSamanantarapaccayoのように非常に似通ったpaccayoがいくつかあり、簡単な説明だけではその本当の違いがなかなか理解できません。Upanissayapaccayoは、Nissayapaccayoと比較すると、より大きく強力な依存関係に用いられ、将来より瞑想修行が進んで、十二縁起や過去生、未来生を詳細に見ていく場合には、その深い理解が必須であるとのことでした。
次に、配られたテキストのstanzaに、一行一行丁寧な解説が加えられました。日本語訳として添えられているのは、昭和初期に訳された南伝大蔵経のものなので、格調は高いのですが一読で理解することはなかなか困難です。しかし、こうして禅師に詳しい解説をしていただくと、やっとその深遠な内容の一端を垣間見れたような気になります。最初は全く歯が立たなかったstanzaを少しずつ読みこなしていき、そこに数式のようなある種の構造的な美しさを見出した時は、大きな喜びになります。今回のUpanissayapaccayoのstanzaの中には、善法、不善法、無記法の三つの要素の組み合わせの強力な依存関係が、余すところなく配置されています。この詳しい内容の解説は、次週以降ということでした。


短い休憩をはさんで、今週はダンマに関する質疑応答が行われました。その内訳は、日常生活の悩みから経典の解説、仏教の基本的な教えの再確認、修行法の細かい注意点、アビダンマ講座で生じた疑問点の解消など多岐に渡り、毎回とてもためになります。何よりこうやって勉強や修行をして生じた疑問を、ほぼ時間を置かずに的確に答えて頂けるという得難い環境に今自分がいるということは、まさに僥倖としか言いようがありません。この福徳を無駄にしないように、これからも日々精進していけたらと思います。今回の質疑応答も、Dāna(布施)に関する詳しい説明、瞑想において「ラベリングすること」と「さらりさらりと流すこと」の相違点など、大変興味深い内容が語られました。

参学者Q