第18回托鉢会

托鉢会に参加しました。

この会は比丘に食事をお布施出来る貴重な機会であると同時に、修行者として食事とどう向き合っていくべきなのか深く随念する機会でもあります。

食に対する渇愛というのは根が深い問題であり、ブッダは「体の維持に必要な量だけ食べよ。」と様々なお経で口酸っぱく説かれています。

実際必要な量に注意して食べているとある時点で「体としては十分だがもっと食を楽しみたい!」という欲望があることに気づきます。

この欲の意のままになると修行者として根絶すべき煩悩を増大させることになるだけでなく、消化に負担がかかり健康にも良くないのは明らかです。

今回も心のこもった食の渇愛には危険な(笑)美味しそうなメニューが並びました。フキのとう、菜花を使用した春らしいメニューも見られます。

四資具の食に対する随念、食厭想のお唱え言をして食に対する渇愛を抑制した後に静かに食事をいただきました。

普段もそうですが、特に道場で食事する際は渇愛で食べないよう十分注意していきたいです。

参学者C