第15回水曜瞑想会

水曜瞑想会は、仕事の喧騒から離れ、道場の清浄かつ静謐な空間で修行に専念することができる、とても貴重な機会です。

本日の法話のテーマはYathābhūtadassana(如実知見)です。以下に概要を記載します。

例えば時計を見るとき、私達は何を見ているのでしょうか。それは、一瞬一瞬生起消滅する色の粒子です。時計の形や時間の認識は、これまでの経験に照らして色彩から推定したものです。

このように、「時計を見る」という行為は、①多様な色彩を見る行為と、②色彩から形を推察し、同様な形を過去の経験から探し出し、「時計」と認識する行為が交錯しています。第1の行為はparamattha(勝義諦)、第2の行為はpaññatti(施設)であり、明らかに異なる行為です。

「今この瞬間の現象をあるがままに見る」には、多様な色彩を見るだけにして、思考を除去します。通俗的なmindfulnessは、対象の名前を「山、家、道」などとlabeling、notingしており、あるがままに対象を見ていないため、mindfulとは言えません。

雨粒一滴が落ちるとき、雨粒が動くのではなく、rūpaはその場で生起消滅し、次の瞬間にわずかに下方で新たな雨粒が生起消滅しています。このように、いかなる現象も「生起した場所で」消滅しますので、「あるがままに見る」とは、新たに生起しては消滅し続ける色彩を見つめ続けていくことです。思考が入りこんではいけません。

同様に、Ānāpānasatiでは、入息・出息を考えてはならず、息が当たる感覚を感受し、次の瞬間に新たに空気が当たる感覚を感受することを繰り返す(第1の行為をし、第2の行為はしない)ことが必要です。

五門の全ては今この瞬間の感覚だけを感受し、過去の感覚は感受できません(過去の感覚の追体験は思考です)。したがって、「今この瞬間にありのままに気づく」とは、「この瞬間において対象を感受し、次の瞬間にまた新たに生起した対象を感受することの連続」です。これこそがmindfulであり、 Yathābhūtadassana です。

この基本原理をcankamaで随念し、「この瞬間を感受する」とはどういうことか、本当に深いところで理解するようにしてください。

法話の概要は以上です。とても精妙で深い内容であり、私はまだ随念しかできませんが、1日も早く如実に見られるように精進したいと感じました。

参学者 S