2月18日ウポサタ傳修会

朝、電車の中で、宿題の二十四縁起中伝の暗記をしつつ、傅修院に。
10時前に到着、お布施・アディッターナの後、10時から11時半まで瞑想。開始時、瞑想室にはいつものメンバーが5名ほど。私は普段、10分単位でアーナパーナをやっているのですが、この時ばかりはフリーライドで、長時間の瞑想にトライしています。
そして、12時から30分程の受戒とチャンティング。禅師の姿を直に見て、気持ちが引き締まります。


13時から「修行者のためのアビダンマ講義#212 パッターナ中伝14」が始まり、今回は二十四縁起の倶生縁の講義2回目。冒頭、恒例のスタンザの暗唱テストがあり、事前に心に決めてきた通りに最初に挙手、ドキドキしながら暗唱の初デビューを果たしました。講義では、この縁起理解の基礎として、Rūpaの丁寧な復習をやって頂きました。Rūpaの復習は次回も続きます。


その後、休憩を挟んで質疑応答のパート。経の語句の解釈、修行法等に関する修行者からの様々な真摯な質問に、いつものように禅師が一つ一つ、丁寧に答えてゆかれます。
15時半頃、参加者の集合写真を撮って、傅修会は終了しました。

今回の傅修会では、修行における暗記・暗唱の重要性のお話がありました。現在、我々は二十四縁起中伝を講義頂いており、各縁起の学習の最初のステップとして、スタンザ暗唱の指示を頂いています。内容が分からず、パーリの文法も分からない状態での暗唱は、正直辛いものがあります。でも最初に一旦、とにかく頭の中に入れてしまうことで、その後は本・資料から離れ、暗唱したスタンザを依りどころに機動的に内容の理解を進めて行ける、そして更に随念による深い理解や、最終的にはヴィパッサナーによるパラマッタレベルでの理解・実証につなげて行くことができる、というお話でした。二十四縁起に限らず、アビダンマ全般の暗記が半端なままの自分としては、まずは現在進行中の二十四縁起中伝に関して、講義の進捗に合わせて暗記を積み上げで確実にこなして行きたいと思います。

参学者TK