1月28日日曜傳修会

気温、2度。凍てつくような寒さと曇った空。
前日、何故かなかなか寝付けなかった私は起床を少し遅くしたため,いつもの90分瞑想は途中からの参加。既に数名の参学者が瞑想されていました。

この寒さのせいか、隣家の屋根にはまだ先週降った雪が残っています。
アビダンマ講座が始まる頃にはいつも通り満席状態。参学者全員のアスピレーションが伝わってきます。

アビダンマは引き続き二十四縁起の中伝、Anantara-paccayoの三回目。前回同様、既に暗記し終わっている参学者がスラスラ唱える様を見て暗記が遅れている自分は少しずつでもいいからコツコツやらなければと、これは参学者たる者の義務であると改めて決意しました。

まとめのdiagramはここでしか学べない得がたきものです。一つ一つの項目は各stanzaに相応していて、⇛に込められた意味・内容の深さに感じ入りました。
まだvīthi の途中を学んでいる自分にとってはレベルが高く付いていけない事も多いですが少しずつ理解を深めていきたいです。

続いて休憩を挟み修行報告の時間。
中でも特にスポーツや食事、健康のについての法話が印象深かったです。
「No games, just sports」というフレーズを聞いて、自分が長年持病の治療と予防を兼ねてひたすら続けてきたジョギングや筋トレ、数年前から取り入れた体幹トレーニングなどは間違ってなかった、と安心しました。持病への対策が結果として仏教修行の準備になっていたのかな、と何だか救われた気持ちになりました。

食事については、修行するようになって酒、煙草を止めてからつい甘いものに手を伸ばしがちにがちになっていたので、対象が変わっただけでRasa-taṇhāはそのままだから気を付けないと、とコントロールの必要性を感じました。

最後に睡眠については、タイムリーというかここ数日、睡眠とAkusala(特にDosa)、睡眠と瞑想の関係について考えて、試していたところだったので、やはりもう少し増やして7時間、それも質の良い7時間の睡眠が理想かな、と思いました。

他にも1日1随念など貴重な法話を拝聴でき、またまた今回も得るもの多き1日となり明日からのエネルギーもしっかりチャージして帰途につきました。
ありがとうございました。

参学者N