第11回托鉢会

托鉢会に参加させていただきました。

托鉢会の簡単な流れを書きますと、いつも厨房で汁物などを料理されているIさんは早くから来られているようですが、10時過ぎに食材を持ち寄り、部屋の掃除、テーブル出し、食器出し、盛り付けを行います。

11時頃に準備が整いますので、禅師をお呼びし、お釈迦様に三拝したのちに、テーブルに触れながら回向し、禅師とお食事をいただきます。

以前は、日曜瞑想会の際に昼食を御布施できることもあまり知られておりませんでしたが、千駄堀道場の開山に伴い、毎週禅師にお食事を御布施でき、なおかつご一緒に食事させていただけるというのは大変有り難く感じております。

本日の托鉢会は野菜中心の料理となりました。前回、菜食の方がいらしたので、今回は切り干し大根を作りましたが、おかずが、きんぴらごぼう、大豆の昆布煮、おからと、日本の代表的な料理が揃い踏みでした。Iさんの豆のトマト煮がとっても美味しかったです。

午後にはRさんが作られたロゴの入った家賃サポートの賽銭箱が完成し、設置しましたので、早速御布施させていただきました。

また、修行者の方より宅配で、たくさんのパンヤとそば殻や、レトルトのお粥などの御布施が届き、段々と道場が充実していくことを実感させていただきました。

参学者B